出産後は妊娠前と比べると体型が大きく変わってしまうママがたくさんいます。そのために運動が大切になりますが、出産後の運動はいつから始めて大丈夫なのでしょうか?!この記事では出産後にできる安心安全な運動についてお伝えします。

産後の運動はした方がいいの?!

妊娠中にはできるだけ沢山の距離を歩くように言われるものですが、出産後も運動はしたほうがいいのでしょうか。

もともと運動やスポーツをする事が好きな人は、出産後に子供と一緒に体を動かせるようになるのが楽しみでしょうがないという人もたくさんいます。

しかし、あまり運動が好きでない人や体を動かす習慣がない人も、産後に運動をした方がいいのでしょうか?!

産後の運動はいつから?おすすめの運動7選!【ママ必見】
(画像=『Lovely』より引用)

出産後には、赤ちゃんや胎盤が体の中からなくなったのに、なぜかお腹は凹まずにぽっこりとしていて、妊娠中に着いた前身の脂肪もなかなか取れないものです。

妊娠前と同じレベルまでぽっこりお腹をへこませるためには、やはり、ある程度、運動してダイエットすることは出産後も大切なってきます。

この記事では、出産後に運動はいつからしてもいいのかということと、出産後のママでも子供と一緒に楽しみながらできる運動のダイエットにはどのようなものがあるのか見て行きたいと思います。

産後の運動はいつから大丈夫?!

まず気になるのは、出産後の運動でのダイエットというのはいつから始めても大丈夫なのでしょうか。

いつから出産後の運動を始めても良いのか気になって、出産後に運動したいと思っても、出産直後の1か月間は悪露の出血も酷いので、産褥体操以外の運動は行わないようにしましょう。

出産というのは極限まで体力を振り絞り、大量に出血し身体も傷つきます。

大量出血を伴った出産直後の産褥期というのは、出産によって失われた体力を回復させて、身体を癒すためにとても大切な期間となるのです。

産褥期に無理をして産褥体操以外の運動をしてしまうと、悪露の出血が上手くいかなくなったり、出血の量が増えてしまったりして、のちのち産後の肥立ちが悪くなってしまい、体調不良を引き起こす原因となってしまうこともあります。

いつから運動を始めても良いのかというと、だいたい出産後1ヶ月を過ぎて、出血の量が落ち着いて来たら、少しずつ家の周りを歩くお散歩から始めて大丈夫です。

しかしお散歩を始める前に、きちんと1か月健診はうけましょう。

赤ちゃんの1ヶ月検診では、お母さんの体も一緒にチェックします。その時に病院の医者さんから体を動かしてもいいと言われたら、無理のない範囲で少しずつ運動やダイエットを始めるようにしましょう。

産後の運動は体調と相談しながら無理なく!!

産後の運動をいつから始めたらいいのか、待ちに待っていた人にとっては、1ヶ月検診でお医者さんから許可が出るのは本当に嬉しいことだと思います。

しかし、病院のお医者さんから許可が出たからと言って、すぐに妊娠前と同じレベルで激しい運動やダイエットを始めていいわけではありません。

出産後に安静をしていなければならない産褥期というのは、6週間から8週間になります。産褥期の間は、1ヶ月検診で体を動かしていいと言われても、まだまだ悪露の出血が続いていて、体は回復期にあります。

最初はダイエットをしようと意気込んでいても、出血が続いている間は激しい運動は避けて、赤ちゃんを連れて家の周りを軽く散歩することから始めて、体調と相談しながら徐々に時間と強度を増やしていくようにしましょう。

出産の疲れもありますが、この時期は赤ちゃんのお世話の寝不足でママの体は悲鳴を上げています。

無理をしすぎずに、少しずつ様子を見ながら運動のダイエットを始めていくことが大切です。

妊娠前と同じレベルでの激しい運動は、体調を見ながら、早くても産後3か月くらいでしょう。無理に激しい運動を早く始めることはお勧めしません。

それでは産後の運動でお勧めのモノをここからご紹介します!

【産後の運動のオススメ①】産後すぐ始められる産褥体操

出産したその日から始められる運動に、産褥体操があります。産褥体操は、妊娠後期から出産によって大きく開いてしまった骨盤周りの血行を促すことで、悪露の出血の排出を促し、骨盤の回復を早める効果があります。

1日10分ほどで充分な効果が得られる体操で、産褥体操をきちんとやったかどうかで、その後の体の回復具合も大きく変わってきます。

産後の運動のまず手始めとして、ぜひ産褥体操から始めてみましょう!!

【産後の運動のオススメ②】骨盤の歪みを治そう!骨盤体操

産後1ヶ月を過ぎて、1ヶ月検診で運動をしてもいいという許可か病院の先生から出たら、家の周りの散歩というともに始めて欲しいのが、骨盤体操になります。

産褥体操は骨盤周りの血行を促すだけでしたが、骨盤体操というのはもっと本格的に骨盤のゆがみを治していく体操になります。

妊娠後期になると、大きくなった子宮が骨盤を押し広げるだけではなくて、産道を赤ちゃんの頭が通れるように、骨盤周りの腹筋などの筋肉や靭帯がゆるんでしまいます。

出産後には骨盤を支えていた子宮が小さくしぼんでしまう上に腹筋もなくなっているために、骨盤がガタガタになってしまい、うまく歩けなくなってしまう人もいるくらいです。

この緩んだ腹筋や骨盤は出産後1年ぐらいかけて元に戻っていくのですが、何もしないでいると骨盤が正しい位置に戻らないで骨盤がゆがんだまま固まってしまう人もいます。

骨盤のゆがみを防いで、正しい位置に骨盤を戻してあげるための体操が骨盤体操になります。

家の外の簡単な散歩とともに、簡単にできる骨盤体操も産後1ヶ月を過ぎたら徐々に始めていきましょう。

【産後の運動のオススメ③】深い呼吸でリラックス!ヨガ

産後の運動におすすめなものにはヨガもあります。出産後3ヶ月ぐらいして、体調に問題がなければ産後ヨガの教室に子供と一緒に通ってみてもいいかもしれません。ヨガのいいところは、深い呼吸でリラックスしながらダイエットができることです。

出産後のママというのは、慣れない子育てにてんてこ舞いして、どうしても余計なストレスがたまりがちになります。

激しい動きはないヨガで、全身を気持ちよくストレッチしながらリラックスすることで、腹筋も鍛えつつ、体のゆがみを整えながら、ストレス解消ができるます!!