誰かと対面して食事をしている際、意外と相手に見られているのが「食事のマナー」。大人になっても犬食いのようなNGマナーをしていると、周りをドン引きさせてしまいます。この記事では、犬食い等の食事中のNGマナーについてまとめています。

あなたは大丈夫? 犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!

大人になると、飲み会やデート、会食等、他人と対面して食事をする機会が多くなりますよね。 モテる男子にとって、食事デートは鉄板中の鉄板でしょう。そんなとき、意外と相手にチェックされているのが、食事のマナーです。

犬食いになっているのはお行儀が悪い、箸のマナーができていないのは育ちを疑うなど、食事のマナーができていないだけで、相手はドン引きしている可能性があります。

今回は、犬食いのように相手をドン引きさせてしまう、食事中のNGマナーについて解説しています。気になっている女性を食事デートに誘おうとしているモテる男子は必見です。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

犬食い等の食事中のNGマナーは生理的な嫌悪感を与える

食事とは生活と密接にかかわっており、生きていく上で必要不可欠なものです。食事中に覚える不快感は、生理的な嫌悪感に直結します。犬食い等の食事中のNGマナーがドン引きされる由縁です。

いくら外見や人間関係に気を遣っていても、食事中のマナーがめちゃくちゃだと、たったそれだけで評価は最低になってしまいます。ギャップが素敵!とは絶対になりません。

外見や人間関係で人を惹きつけるモテる男子であっても、食事デートはいつか通る道です。モテる男子でなくても、せっかく積み重ねてきた評価を、たった1度の食事で下げてしまうのも不本意でしょう。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

犬食い等の食事中のNGマナーは育ちを疑われる

食事中のマナーとは、フランス料理のテーブルマナーのような特別なものとは違います。あくまで母国である日本の食卓におけるマナーです。

子どもの頃から大人になるまでに、自然と覚えていく生活や社会のルールと同列のものと考えてください。たとえば信号なら、赤が止まれ・青が進めという大人なら当たり前に知っているルール。子どもの頃に親に教えられて、間違えたら直してもらって、また自ら周りを見て、自然と覚えていったかと思います。

食事のマナーも自然と覚えていくものです。そんな多くの人が当たり前に身につけているはずことが、大人になってもできない…。子どもの頃から大人になるまでに、自然と覚えていく環境になかったのだろうと周りは想像してドン引きしてしまいます。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

犬食い等の食事中のNGマナーは一般常識的なものばかり

先ほども述べている通り、食事のマナーは、子どもの頃から大人になるまでに、自然と覚えていく生活や社会のルールと同列のもの。いわゆる一般常識です。

食事のマナーを知らず、平然と犬食い等のNGマナーをしてしまうだけで、「育ちの疑われる」のと同時に「常識知らず」というレッテルが張られてしまう可能性もあります。

モテる男子であっても、非常識だと分かった時点で周りの人は離れていくことだってあり得ます。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

犬食い等の食事中のNGマナーを些細なことで片付けない

知れば知るほど、食事のマナーとは奥が深いです。特に箸の使い方に関しては「そこまで気にする必要があるの?」と思えてくるほど様々なマナーがあります。

箸の使い方のような食事のマナーを一度に覚えようとすれば、それは確かに多すぎる情報量になるでしょう。大変ですし、面倒くさいと思うかもしれません。しかし、多くの人は子どもの頃から大人になるまでの長い期間、1つずつ覚え、実行し、身につけてきたものです。

食事中のNGマナーを「些細なこと」で片付けないでください。

食事中のNGマナーを「些細なこと」で片付けられる人は、食事のマナーを知らない人、知ろうとしてこなかった人ばかりです。そんな人が思っている以上に、相手の人間性や相手との相性を測る際には、食事中のマナーに比重をおいているという人は多いです。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

犬食い等の食事中のNGマナー、相手を気遣おう!

食事中のNGマナーは様々ですが、多くのNGマナーは「相手を気遣う」ことで正すことができます。逆を言えば、NGマナーを連発する人は相手を気遣うことができない人と思われるということです。

食事とは、食事とは生活と密接にかかわっており、生きていく上で必要不可欠なもの。食事は1人でもできますが、それをあえて誰かと一緒にするということの意味をよく考えましょう。

食事の時間を共有する理由は、多くの場合が相手と友好を深めたいからというものが多いかと思います。異性に対する「今度食事でもどう?」や同性に対する「ランチ一緒にしよう」も、仲良くしたいと思っていない相手には言わない言葉です。

誰かと食事をする際には、相手を不快にしないこと、食事の時間を「一緒に」楽しむことを念頭におくようにしましょう。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

【食事中のNGマナー】①犬食いする

「犬食い」とは、テーブルに置いたままのお茶碗やお皿に顔をぐっと近づけて食べる食べ方のことです。犬食いをすると、顔を前に突き出し・下を向いた状態になるため、食べるときの姿勢が悪くなります。動物的でお行儀が悪く見えてしまうNGマナーです。犬食いをする人は、それだけで周りをドン引きさせてしまっています。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

日本食を食べるときは、箸を持っていない方の手でお茶碗を持ち上げて食べるのが一般常識的なマナーです。お茶碗を持ち上げた上で、お箸で料理を挟んで口元へ運んでください。お茶碗に直接口をつけて、かき込むように食べるのもまた「かきこみ箸」と言うお箸のNGマナーになります。

ただし、大皿等の大きな食器は持ち上げる必要はありません。料理を落とさないようにしっかりと箸で挟んで口元へ運びましょう。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

【食事中のNGマナー】②口の中に料理がある状態で喋る

こちらは男性に多いNGマナーです。一緒に過ごしている時間を楽しいものにするために、たくさん喋って場を盛り上げようとする方は多いでしょう。しかし喋りながら食事をするというのは、相手に強い嫌悪感を与える可能性があります。

口の中に料理が入っている状態で喋ると、口の中のものが見えてしまったり、食べかけのものが飛び散ったりしてしまいます。見ていて気分の良いものでは決してありません。

食事中に会話が盛り上がって、興奮のあまり「喋る」「食べる」が同時進行になってしまうこともあるかもしれません。しかしせっかく気が合って話は弾んでいたのに、「食べ方が気持ち悪い」と食事自体は最悪だったと思われてしまうのも不本意ですよね。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

モテる男子には話上手が多いですが、食事中は落ち着いているものです。「会話を楽しむ」・「食事を楽しむ」を両立できてこそのモテる男子だと言えます。

もちろん相手と友好を深めるための手段として、食事は効果的です。いくら会話が弾んで、たくさん喋りたいときであっても、それが食事中であるのなら、「口の中に料理がある状態では喋らない」「料理を飲み込んでから喋る」を心掛ける必要があります。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)

【食事中のNGマナー】③クチャクチャ音を立てながら食べる

口を開けたまま食べると、クチャクチャという咀嚼音がします。この音は、多くの人が「気持ち悪い」と嫌悪感を覚え、ドン引きします。食べ物を噛むときは、口を閉じるのがマナー。最低限守りたいマナーの1つです。

ただし、お蕎麦やラーメンなどの麺類を啜る音は、多くの方がセーフとしています。

犬食いにドン引き!食事中のNGマナー11選!
(画像=『Lovely』より引用)