20代や30代のかたが子供の頃に食べていた駄菓子をまとめてみました!子供の頃に食べた駄菓子を思い出すことってありますよね。同年代なら駄菓子の思い出で盛り上がることも多いことでしょう。また世代が違っても、それぞれの懐かい駄菓子をネタに盛り上がりましょう♪

あのころ食べた!懐かしい駄菓子といえば何?

皆さんにとって子供の頃に食べた駄菓子で一番思い出に残っているものは何でしょうか?

大人になると駄菓子を食べる機会は減ってしまいますが、ふとした時に子供の頃に食べた味を思い出して「あれが食べたいなぁ」と思う事ってありますよね。

駄菓子の思い出は子供の頃の楽しい思い出に結びついていて、特別な懐かしさを感じるものがたくさんあります!

通販で買える!駄菓子屋や駄菓子バーでも楽しめる◎

駄菓子は今ではネットの通販でも買えるようになっていて、スーパーなどで見かけなくなった懐かしの駄菓子も簡単に手に入るようになりました。

さらに昭和ブームやレトロブームの影響で駄菓子屋や駄菓子バーなどのお店も少しずつ増えていて、大人が気軽に駄菓子を楽しめる雰囲気が広がっています

地方限定もある?飲み会や合コンの話題にもおすすめ♪

さらにいろんなお菓子がご当地グルメを販売しているように、最近は駄菓子も地方の特産品を使った限定味がいろいろ販売されていますね!

地方限定の駄菓子は飲み会や合コンの話題でもおおいに盛り上がりますし、旅行のお土産で配ってもすごく喜ばれるおすすめの人気商品になっているようです♪

20代・30代が懐かしいと感じる駄菓子31選!

では、ここから20代や30代が懐かしいと感じる駄菓子を厳選して31選ご紹介します。「今すぐ食べたい!」と思う駄菓子が続々登場しますよ♪

①うまい棒

うまい棒は誰もが一度は食べたことがある定番の人気の駄菓子ですね!現在はご当地の味や期間限定の味なども登場し、とてもたくさんの種類が販売されています。

うまい棒は価格も非常に安く、1本食べるだけでも結構お腹に溜まって満足感があるのでお酒のおつまみに買う大人も多いのだとか!

塩系の味だけでなくシュガーラスクやチョコ味など甘いスイーツ系のうまい棒もありますので、ぜひ色々食べてお気に入りの味を探してみてください♪

②蒲焼さん太郎

蒲焼さん太郎は赤いパッケージが特徴の駄菓子ですね。うなぎの蒲焼きをイメージして作られたお菓子で、実際はスケトウダラのすり身を原材料に使用しています。

かなり濃厚でしっかりした味付けで、こちらも子供向け商品でありながら大人にも非常に人気があります。そのまま食べても美味しいですが、細かく刻んでサラダやにトッピングしたりお茶漬けに入れたりしても美味しいですよね。

コンビニやスーパーでは30枚入りや60枚入りの大容量パックも販売されていますので、好きな方はまとめ買いして自宅にストックしておくのもおすすめです!

③ポテトフライ

じゃがいも系のスナック菓子が好きな人にはたまらない美味しさのポテトフライ!子供の手の平ぐらいの丸いスナックが4枚入っているコスパも良い駄菓子です。

カルビ焼きはお肉の旨味が感じられて、何枚でも食べたくなる病みつきの美味しさでファンも多いですね。20代から30代の人なら駄菓子屋さんに行くと必ず買っていたという人もきっと多いことでしょう。

懐かしくて可愛いキャラクターのイラストも目を引くポテトフライは今でもスーパーの駄菓子コーナーなどで購入することができますよ。

④フルーツ餅

女の子に大人気だったこちらのフルーツ餅は、実際はお餅でなはくグミのような食感の駄菓子です。プラスチックケースにつまようじと一緒に入っていて、1つずつ大事に食べたものです

カラフルなフルーツ餅は見た目も可愛いですが、味もリンゴ味や、イチゴ味、メロン味、ブドウ味、ピーチ味などいろんな味が入っていてバラエティ豊かでとてもジューシーです。

子どもはグミが大好きですが、大人になるとグミを食べる機会は自然と減ってきますよね。フルーツ餅は不思議とふとした瞬間に食べたくなる駄菓子として今も人気が高いようです。

⑤有楽製菓 チョコケーキ

こちらの有楽製菓が販売しているチョコケーキは、子供にとっては少し高級感のある贅沢なオヤツでしたね。

他の駄菓子と比べると少し高いのですが、バターとクリームがたっぷりの甘いパンケーキ生地をチョコレートでコーティングしていてリッチな味わいが人気でした。

コンパクトな食べきりサイズで甘いものが欲しい時や小腹が空いた時にちょうど良いサイズなので、大人になってからも朝食やオヤツに食べる人も多く、今も昔と変わらない素朴な味で販売されています。

⑥フィリックスガム

フィリックスガムは黒猫のキャラクターが可愛いガムとして有名ですね!昔は1つ10円で販売していて、子供のおこづかいでも気軽に買える定番の駄菓子になっていました。

フィリックスガムは最初は少し固めですが噛んでいるうちに柔らかくなり、酸味を抑えて甘みを強くしているため誰でも食べやすい味でした。

このフィリックスガムもコンビニやスーパーで6個セットなどが販売されています。懐かしくてもう一度食べたいなと感じた方はぜひ探してみてください。

⑦ビックリマンチョコ

20代や30代の人ならビックリマンチョコもほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

ビックリマンチョコは1977年から販売されているロングセラーのお菓子ですが、1980年代から1990年代にかけてアニメが放送されたことで爆発的なヒットを記録した伝説的な駄菓子ですね。

チョコを挟んだウエハースのお菓子にキャラクターの絵がついたシールが1枚付いていて、このシールを集めることに夢中になった子供もたくさんいました。

ビックリマンチョコは当時はちょっとした社会現象も巻き起こすほど人気がありましたが、現在の子供は知らない子も多いかもしれませんね。時代の変化とともに少しずつ値上げされていますが、今でもネット通販やコンビニなどで販売されていますよ。

⑧ねるねるねるね

「ねるねるねるね」は面白いネーミングで子供の興味を釘付けにした人気の駄菓子です。今でいう知育お菓子とも呼べる駄菓子で、2つのパウダーを混ぜると色が変わる魔法のようなお菓子として大ヒットしました!

「ねるねるねるね」は1986年から販売されていますが、魔女が登場するCMを思い出す人も多いようです。友達や兄弟と一緒に魔女の真似をしながら食べるのもまた楽しかった思い出がありますね♪

このお菓子は発売当初は少し酸味が効いたお菓子でしたが、現在は小さな子供が好むように甘い味に改良されています。興味のある方はぜひ最新の「ねるねるねるね」を買って食べてみてください

⑨Bigカツ

Bigカツは主に男の子に人気があった駄菓子ですね!今はサイズも小さくなってしまいましたが、昔のBigカツは本当に大きくて大人の手の平ぐらいの長さがあり、コスパ最強のお菓子と言われていました。

Bigカツはその商品名からお肉を使用していると思っている人が多いのですが、実際は魚のスケトウダラのすり身とイカの粉末が使用されているようです。

衣を付けて油で揚げたお菓子なので結構ボリュームがあり、毎日食べても飽きないシンプルな味付けは今の子供たちにも愛されています。

⑩カットよっちゃん

「カットよっちゃん」という駄菓子を覚えている方はいますでしょうか?「カットよっちゃん」は子供にはちょっと渋いと感じるかもしれない珍味系のおやつです。

材料にはイカを使用していて、弾力があって噛めば噛むほど旨味が出てくるお菓子で、歯や顎にも良いお菓子として紹介されていました。

カットよっちゃんは根強いファンが多く、大人にも親しまれている駄菓子として長く人気を集めています。ちょっと酸味もあるイカは日本酒やビールにもよく合うおつまみにもなりますね♪

⑪ブタメン

年から可愛いブタのキャラクターのイラストが目を引く大人気の駄菓子、ブタメン!ブタメンはお湯を入れて食べるミニラーメンのお菓子で1993年から販売されています。

10円や20円の駄菓子が多い中で販売当初から結構高いおやつでしたが、パンやおにぎりを買う感覚で軽食代わりに買って食べる子も多かったですね。

ブタメンは何度か味やパッケージがリニューアルされていますが今もコンビニなどで販売されています。懐かしの味を求めて大人買いしてみてはいかがでしょうか♪

⑫マルカワ フーセンガム

20代や30代の人にとって、子供時代の風船ガムと言えばこちらのマルカワのフーセンガムが定番でした。小さな四角い紙の箱に入っているガムで、中には小さな丸いガムが4個ほど入っていました。

マルカワのフーセンガムはとても良く膨らむことでも有名で、慣れた子なら口いっぱいにガムを頬張って顔の大きさぐらいの風船を作る子もいましたよね!

マルカワのフーセンガムを食べながら友達同士で風船の大きさを競い合った思い出がある人もきっと多いことでしょう。

⑬どんぐりガム キャンディ

「どんぐりガムキャンディ」も懐かしい駄菓子の1つですね!どんぐりガムは最初に口に入れた時はキャンディで、舐めているうちにガムに変わる不思議なオヤツで大人気でした。

1粒あたりの大きさが結構大きく、長く楽しめるのに価格も安くて、さらに当たりくじまでついているサービス精神満点の駄菓子で、遠足などでも定番のお菓子としてたくさんの子供たちに愛されていました。

どんぐりガムキャンディはコーラ味やサイダー味、ピーチ味など種類も豊富でしたが、今はネット通販などで大容量ボトルも販売されています。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

⑭すっぱいぶどうにご用心

20代から30代の人なら「すっぱいぶどうにご用心」というお菓子も知っている人は多いのではないでしょうか。

このお菓子は商品名の通り、3つあるキャンディのうち1つだけすごく酸っぱいキャンディが混ざっているユニークな駄菓子で、友達と運試しで一斉に食べて誰が酸っぱいキャンディに当たるかなどで非常に盛り上がりました!

超酸っぱいキャンディも最初はビックリしますが食べていると次第にちゃんと甘くなって最後まで美味しく食べきることができるのも良かったですね♪

同シリーズで「すっぱいソーダにご用心」や「すっぱいレモンにご用心」などもありますので、まだ食べたことがない方はそちらも一度食べてみてはいかがでしょうか。

⑮そのまんまグレープフーセンガム

「そのまんまグレープフーセンガム」も「すっぱいぶどうにご用心」とよく似た駄菓子で、3つのフーセンガムのうち1個だけすごく酸っぱいガムが混ざっているというお菓子です。

値段もほぼ同じぐらいで販売されていて、こちらもユニークなお菓子として人気がありました。

大人になると小粒なミント系のタブレットなどを食べる機会が増えてこのようなフーセンガムを食べることがなくなりますが、時々買って食べるとやけに美味しく感じます。見かけた時はぜひ当時を思い出してその味を楽しんでくださいね。