本日のランキングは「懐かしのインターネットサービスランキング」です!

現在は「Instagram(インスタグラム)」や「Twitter(ツイッター)」などのSNSが主流となっていますが、これまでも色々なインターネットサービスが流行してきました。

そのなかでも、あなたが特に「懐かしい」と思うインターネットサービスはどれですか?アンケートを取ってランキングにしてみました。

個人情報の流出には注意が必要【懐かしのインターネットサービス】

懐かしのインターネットサービスランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

インターネットサービスが発達し、常に自分の情報を発信することが当たり前になってきました。

これは暇や寂しさを紛らわせたり、友だちとの絆を深めるにはとてもよいのですが、あまり赤裸々に自分の生活を公開しすぎると、個人情報を読み取られ思わぬハプニングを招く可能性も。

例えばピースサインをして撮影した写真から、指紋を読み取ることも可能なのだそうです。今はいろいろな技術が発達している時代。自分の身を守れるように、インターネットサービスの利用は慎重に行いましょう。

「懐かしのインターネットサービス」ランキングBEST3!

それでは「懐かしのインターネットサービス」ランキングの結果をチェックしていきましょう!

結果はこのようになりました!

1位|前略プロフィール
2位|mixi(ミクシィ)
3位|おもしろフラッシュ倉庫

それでは細かくチェックしていきましょう。

第1位:前略プロフィール【懐かしのインターネットサービス】

第1位は「前略プロフィール」でした!

前略プロフィールは、2004年にサービスを開始したウェブサイト作成サービス。メール一通で登録でき、質問に答えていくだけで自己紹介ページができる手軽さが人気で、学生を中心に広まりました。

当時メインターゲット層だった20代後半から30代後半の人たちは、懐かしいと感じるのではないでしょうか。ログイン情報を忘れてしまい、「黒歴史」がネット上で漂流している方も多かったようですが、2016年9月30日惜しまれつつサービス終了し、たくさんの甘酸っぱい思い出が闇に葬られることとなりました。

ちなみに「前略プロフィールをもう一回つくりたい!」という方は、こんな方法で作れるみたいですよ。

第2位:mixi(ミクシィ)【懐かしのインターネットサービス】

第2位は「mixi(ミクシィ)」でした!

mixiは2004年にサービスを開始。当初mixiは既に入会している登録ユーザーから招待を受けないと利用登録ができない「完全招待制」を採用していましたが、その制度は廃止され、誰でも気軽に登録できるようになりました。

懐かしのインターネットサービスランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

現在ではサービス利用者が減ってしまっている状況ですが、運営会社の株式会社ミクシィは、スマホゲーム「モンスターストライク」をヒットさせ経営を持ち直しました。今の学生にとっては、こちらの方がなじみ深いかもしれませんね。

懐かしのインターネットサービスランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第3位:おもしろフラッシュ倉庫【懐かしのインターネットサービス】

懐かしのインターネットサービスランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第3位は「おもしろフラッシュ倉庫」でした!

「おもしろフラッシュ倉庫」は、2000年代半ばに流行した、おもしろい動画(フラッシュ動画)が投稿・閲覧できるサイトです。現在のYouTubeやニコニコ動画の走りとなったサイトと言ってもよいかもしれません。

モルドバ出身の音楽グループO-Zone(オゾン)の楽曲「恋のマイアヒ(原題:Dragostea Din Tei)」は、その空耳動画がフラッシュで作成され、おもしろフラッシュ倉庫でも人気の作品となりました。そのため、日本での知名度が非常に高い楽曲です。