普段から楽しく料理をするために欠かせないのが包丁です。切れ味が良く、調理に役立つ包丁が1本あればとても便利。ぜひ取り入れておきたいおすすめの包丁ランキングをまとめました。ランキングの中からお気に入りの包丁を見つけて、活用してみませんか?

包丁の選び方

包丁と一口に言っても、その種類はさまざま。どれを選べば良いのかわからないという方もたくさんいるのではないでしょうか。そんなときは、まず包丁の選び方からチェックしていきましょう。

日常的に使いやすい包丁は選び方のポイントを押さえておくことで簡単に見つけられます。用途を考えながら、自分にぴったりな包丁を選んでみてください。

①三徳包丁と牛刀で選ぶ

日常的に使用するのに適しているのが三徳包丁と牛刀です。一本包丁で十分という場合や、メインの包丁を決めたいというときは三徳包丁と牛刀をチェックしておけば間違いありません。三徳包丁は尖った切っ先と緩やかな刃先が特徴です。

このような形をしていることで肉・魚・野菜と食材を選ばずに切りやすいオールマイティーな包丁となっています。三徳包丁と牛刀の違いは刃渡りサイズ。三徳包丁は16~18cm、牛刀は20cmが一般的です。牛刀は刃渡りが長い分、大きめの食材も切りやすくなっています。

1人暮らしでキッチンのスペースが狭い、かたまり肉やキャベツ、白菜などの大きな食材を切ることが少ない場合は三徳包丁で十分。どちらの方が使い勝手が良いのか考えながら選んでみてください。

②材質で選ぶ

包丁の使い勝手は材質にも左右されます。料理初心者には、錆びにくくお手入れが簡単なステンレス鋼の包丁がおすすめ。リーズナブルな価格帯の商品が多いため気軽に取り入れやすいのもステンレス鋼の魅力です。

料理上級者には鋼の包丁がぴったり。切れ味が良く、研ぎ直すことで長く使えます。高めの値段であることが多いですが、きちんとお手入れすることで一生ものとなるでしょう。長く愛用できる包丁が欲しい方におすすめです。

ただし、鋼は錆びやすいので濡れたままの放置は厳禁。定期的に研ぎ直す必要があるので、手間に感じる方には向いていません。そのような場合は安価なステンレス鋼を選んでみてください。

③サイズで選ぶ

いろいろなものを切りやすいサイズは16~18cmくらいです。三徳包丁の多くがこのくらいの刃渡りになっているので、最初に包丁を買う場合はまずチェックしておいてください。キャベツや白菜など、大きめのものを切りたいときは20cm以上の刃渡りの包丁を選びます。

野菜や果物の皮を剥いたり、ちょっとした調理に使う場合は13cm程度のサイズで十分です。1人暮らしで調理をすることが少なく、切る食材も小さいものばかりというときはペティナイフや果物ナイフといった小さめサイズを選びましょう。

用途に合わせて包丁のサイズを選べばかさばることなく、使い勝手が良くなります。このような選び方のポイントを踏まえた上でお気に入りの包丁を見つけてみてください。

包丁のおすすめランキングTOP22!

いろいろな包丁の中から好みを見つけることができるおすすめランキングをご紹介します。バリエーション豊かな包丁が揃っているので、ぜひ選び方のポイントもチェックしながら選んでみてはいかがですか?

包丁のおすすめランキング第22位:ヘンケルス ロストフライ 三徳包丁(中)

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

日々の調理で活躍してくれる三徳包丁です。ベーシックなデザインだからこそ応用が効き、あらゆる調理で役立つでしょう。ハンドル部分に適度な重量があるので安定しやすく、料理初心者でも気軽に使えます。耐久性のあるステンレス鋼でお手入れが簡単なのも嬉しいポイント。

包丁のおすすめランキング第21位:メルペール ねこ包丁

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

機能性だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめの包丁です。ハンドルと刃の部分にかわいらしい猫のイラストが描かれており、使うのが楽しみになるのではないでしょうか。

イラストは焼き付けされているので剥がれることなく、衛生面でも安心。モリブデン鋼を採用することで高い切れ味を実現し、機能性もきちんと備わっています。

包丁のおすすめランキング第20位:DCM ステンレス包丁 三徳 165mm

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

金物産地として知られる燕三条で製造された三徳包丁です。本研ぎステンレス包丁となっているので切れ味が良く、錆びにくいのが魅力。グリップはソフト素材を使用し、握りやすくなっています。食洗機に対応しているので使った後に洗う手間を減らせるのも嬉しいポイント。

包丁のおすすめランキング第19位:貝印 関孫六 わかたけ パン切り包丁

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

普通の包丁でパンを切ると潰れてしまうことが多くありませんか?そのようなときに役立つのがパン切りナイフです。刃にギザギザの加工を施すことで、パンを潰すことなく切れるようになっています。

ハイカーボンステンレス刃を採用し、耐久性が高いのも特徴。食洗機で簡単に洗うことができます。

包丁のおすすめランキング第18位:カトウ打刃物製作所 越前打刃物 黒染ニッケルダマスカス63層 三徳包丁

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

日本の伝統産業である越前打刃物を代々受け継いできたカトウ打刃物製作所が手掛けたこだわりの包丁です。熟練の職人が丁寧に鍛造や刃付けをすることで高い切れ味を実現。トマトのように柔らかな食材も力を加えず、きれいに切れます。

V金10号を刃に採用し、側面にストレンス加工を施すことで簡単に研げるのも嬉しいポイント。包丁の質にこだわりたい方におすすめです。

包丁のおすすめランキング第17位:逸品プレミアム 木箱入り包丁セット

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

三徳包丁・牛刀・ペティナイフが3つそろったお得なセットです。普段使いできる包丁をまとめて欲しいという方におすすめ。それぞれを使い分けることで料理の幅が広がります。

焼印が施され、木箱に入っているのでプレゼントとして贈るのにも最適。初めての1人暮らしをお祝いするプレゼントとして取り入れてみてはいかがですか?

包丁のおすすめランキング第16位:青木刃物製作所 33層槌目ダマスカス 剣型三徳 160mm

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

33層槌目ダマスカスのきれいな模様が特徴的な包丁です。高級ステンレス刃物鋼を使うことで高い切れ味ながらもお手入れしやすいのが魅力。鋼のような切れ味を楽しみながら、錆の心配をしなくて良いので日常使いにぴったりです。

コバルトを添加することで切れ味をキープ。研ぎの頻度が少なくても十分な切れ味を維持できます。ワンランク上の包丁を取り入れたいときにどうですか?

包丁のおすすめランキング第15位:藤次郎 青紙鋼霞流し 出刃 150mm

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

高級鋼として知られる青紙鋼と軟鉄を組み合わせ、職人の手によって丁寧に作られた包丁です。高い切れ味を誇り、プロが使用するのにも十分なクオリティ。

耐水性が高く、手触りが良い朴木をハンドル部分に使っているので握り心地もバッチリです。本水牛桂をハンドルにつけることで包丁のガタつきを抑え、快適に使えます。

包丁のおすすめランキング第14位:協和工業 スーパーストーンバリア包丁 三徳 165mm

おすすめの包丁ランキングTOP22!上手な選び方も紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

表面にスーパーストーンバリア加工を行うことで食材が離れやすく、高い切れ味を備えた包丁に仕上げています。モリブデンバナジウムステンレス鋼を素材として使用し、切れ味を長期間キープ。研ぎ直しもしやすいため長く愛用するのに適した包丁となっています。

包丁のおすすめランキング第13位:京セラ セラミック 三徳 ナイフ 14cm

ステンレスや鋼と並んで注目されているのがセラミック製の包丁です。刃こぼれが少なく、切れ味も良いステンレス製の包丁は料理初心者から上級者まで使い勝手が良い便利なアイテム。金気がつかないので金属のにおいが気になる方にもおすすめです。