季節に関係なくつい食べたくなるソフトクリーム!酪農が盛んな北海道には、美味しいソフトクリームのお店が沢山あります。北海道だからこそ味わえる、王道の濃厚ソフトクリームから、フォトジェニックな可愛いソフトクリームまで。札幌市のおすすめのソフトクリームを紹介します!

 

ソフトクリームは北海道を代表するスイーツ!

アイスクリームとも異なる柔らかくなめらかな口当たりの良さ、新鮮なミルクの風味が最大の魅力のソフトクリーム。酪農王国と呼ばれる北海道の搾りたてミルクを使った牧場自家製ソフトクリームは、第三次ソフトクリームブームの火付け役とも言われています。ぜひ札幌に遊びに行く時の参考にしてください!

 

①農家の茶屋 自然満喫倶楽部/福住駅

地下鉄福住駅から北海道中央バス87系統のバスに乗り30分、バス停からは徒歩4分ほどの場所にあります。札幌市の郊外になりますが、バス1本で行けるので、観光など初めての方でも行きやすいです。駐車場は30~40台ほど停めることができるので、車で行く方も多いようです。

畑やビニールハウスが並ぶ中、見た目も可愛い赤い屋根のピンクのお店が建っています。朝摘みの新鮮な苺をを使ったソフトクリームが人気です。

 

イチゴパフェ/600円

甘めのソフトクリームに、酸味強めの自家農園の四季なり苺がこれでもかというほどたっぷり入った、お店と同じく見た目も可愛いいちごパフェです。自然と可愛いお店をバックに撮影すればSNS映え必至です。

11月中旬~5月中旬にかけては、本州産の苺を利用するそうなので、自家農園の四季なり苺を使ったパフェを食べたい方はその時期を狙ってください!四季なり苺は朝摘みの新鮮なものを使用しているため、苺が無くなり次第終了だそうですので、混雑する前の早めの時間帯がおすすめです。

 

②バーンズ/西28丁目駅

地下鉄西28丁目駅からJRバス循環西20のバスで7分、宮の森4条10丁目のバス停からは徒歩1分ほど。お寺の駐車場を借りているため、駐車スペースは十分にあります。茶色のシンプルな外観ですが、暖簾をくぐると木を基調とした温かみのある可愛らしい店内です。

ソフトクリーム専門店で、メニューは定番のミルクとマンスリーのみ。月替わりで様々な味が楽しめるため、札幌の地元民はもちろん、観光客のリピーターも多いお店です。

 

濃厚ミルク/400円

バーンズのソフトクリームの特徴は写真でも伝わってくるほどの「ふわっふわ」で滑らかな口当たり。他のソフトクリームやアイスクリームとは明らかに違います。新鮮な牛乳を使ったソフトクリームは、濃厚なのに後味はさっぱり、素材の味を楽しむことができます。

コーンの種類はサクサクコーン、カップは400円、シュガーコーン420円、ワッフルコーンは500円となっており、お好みでカスタマイズできます。

 

③イニシャル/すすきの駅

狸小路駅から徒歩2分、すすきの駅から徒歩3分という好立地。F.DRESS五番街ビルの2階にある〆パフェバーです。女性だけでなく男性でも足を運びやすい、お洒落で落ち着いた雰囲気の店内ではSNS映え必至の美しい「大人のパフェ」を楽しむことができます。

他では味わうことの出来ない独創的なパフェやアイスクリームを、美味しいカクテルと一緒に堪能できるお店です。

 

なごみ/1,300円

見た目も美しいほうじ茶ソフトクリームのパフェです。ほうじ茶ソフト、大葉のクランブル、カシスムース、リンゴのタタン、リンゴのグラニテで構成されており、ソフトクリームには柑橘系のフルーツが添えられています。

濃いほうじ茶と酸味のあるフルーツの相性が最高の一品です。

 

カフェ・ノワール/1,300円

カフェ・ノワールは、ミルクソフト、フランボワーズソース、3種のチーズクリーム、エスプレッソを染み込ませたジェノワーズ、フィアンティーヌで構成されていて、ミルクソフトにはブラックココアパウダーがかかっています。

ティラミスをイメージして作られており、提供開始初日から1位、2位を争う人気商品です!

 

④クローバー 平岸店/平岸駅

平岸駅から歩いて5分、大通りに面しているので土地勘のない観光客の方でも見つけやすいお店です。札幌では有名なクレープ専門店で、まるでヘアサロンのようなお洒落な外観。

テイクアウトのお客さんが多いお店ですが、可愛らしい店内でコーヒーを飲みながら食べるのもおすすめです。甘いスイーツだけでなく、惣菜系のクレープもあるので、ランチを兼ねて行くこともできます。

 

キャラメルソフト/300円

クローバーは、濃厚でネットリとした甘めのソフトクリームを使っています。甘いソフトクリームの上にかかっているキャラメルソースは冷えてパリパリ!カップの底にはザクザクのパイ生地が入っていて、様々な触感が楽しめるおすすめのスイーツです。

同じ300円で、チョコソフトやいちごソフト、350円でトッピング多めのコーヒーゼリーソフトや抹茶ソフトも人気です。ソフトクリームだけで10種類以上もあるので、ついつい迷ってしまいます。

 

⑤藤月/新川駅

新川駅から北海道中央バス北73系統のバスに乗って8分。バス停のすぐそばにある、創業40年の年季の入った小さな建物です。誰でも立ち寄りやすい、懐かしい雰囲気漂うソフトクリームとお菓子のお店!

コスパ最強で子供連れや男性など、老若男女問わずに人気です。ランチタイムの後など、多い日にはお店の外にまで行列ができています。

 

ソフトクリーム/200円

コーンはモナカコーン/200円、ワッフルコーン・ココアワッフルコーン/250円の3種類から選ぶことができます。ソフトクリームの味は、バニラ、コーヒー、左右で味の異なるミックス、そしてアイスクリームのように味を上下で分ける珍しいスタイルのハーフがあります。

甘さ控えめであっさりとしたソフトクリームで、どこか懐いてかしい味です。200円とは思えないコスパ最強のボリュームですが、さっぱりとしていて食べやすいので問題なし!行列ができる人気店なのも頷けます。

 

⑥千歳鶴 酒ミュージアム / バスセンター前駅

北海道を代表する日本酒「千歳鶴」。バスセンター前駅から徒歩5分、駐車場も20台あるので、車でもアクセスしやすいお店です。博物館のような外観でお酒造りの歴史やこだわりにふれられる展示コーナーや試飲カウンターがあります。

お酒好きはもちろん、お酒が飲めない人でも楽しめる、観光スポットとしても人気のミュージアムです。

 

酒粕ソフトクリーム/300円

見た目はごく普通のソフトクリームです、ほんのりお酒の香りがする程度ですが、一口食べると酒粕の風味が広がります。滑らかで甘すぎず、シャリシャリ感のあるソフトクリーム。癖がなく、最後まで飽きずに楽しめます。

酒粕ソフト以外にも北海道産の原料を使った、かすてらやケーキなどのこだわりのスイーツも食べられます。また、こだわりのケーキと酒粕ミニソフトがセットになったAセット/450円などのお得なメニューもありますので、両方食べたいという方にはおすすめです。

 

⑦クィーンズソフトクリームカフェ 札幌エスタ/札幌駅

札幌が初めての観光客の方でも安心の札幌駅直結、ESTA10階レストラン街にあるソフトクリーム専門店。緑色の看板とカラフルな椅子が並ぶオープンスペースなので見つけやすいです。レジのライトは可愛らしいソフトクリーム型になっています。

男性の方でも気軽に立ち寄りやすいお店で、券売機で食券を買うスタイルです。レストラン街で食事をした後に食べにくるお客さんも多いようです。

 

ソフトクリーム(コーン)/280円

クィーンズソフトクリームカフェでは、北海道赤井川村の山中牧場から直送されるソフトクリームが食べられます。低温殺菌処理された牛乳ならではの濃厚なミルクの風味。あっさりとしているので食後でもペロリと食べられます。

北海道南幌町産の新鮮な苺や、手摘みのブルーベリーを使った自家製ソースをトッピングしたカップのソフトクリームもあります。自家製ソースは甘さ控えめで、ソフトクリームの風味をより一層引き立ててくれます。

 

⑧CAFE NORTE Sapporo/札幌駅

北海道産の食材を使用した料理やスイーツを食べられる、札幌駅西コンコース直結のカフェです。フードコートのような広々としたオープンスペースで、ちょっとした休憩にも利用しやすいお店です。

北海道産の濃厚な瓶牛乳や、北海道のこだわり食材を使ったご当地カレー、注文が入ってから握ってくれる出来立てのおにぎりなどの軽食も食べられます。

 

ソフトクリーム ハスカップソーストッピング/450円

北海道おこっぺ町の「ノースプレインファーム」から仕入れている、濃厚なのに後味さっぱりとした無添加ソフトクリームに、北海道名物のハスカップのソースがかかっています。不老長寿の実と呼ばれるほど栄養価の高いハスカップは、美容効果もあるので女性には嬉しいですね。

程よい甘さのソフトクリームと、果肉の残った甘酸っぱいハスカップのソースは相性抜群です!観光で札幌に来たらぜひ食べてほしい、北海道ならではの美味しい組み合わせです。