(本記事は、井戸美枝氏・中野晴啓氏の著書『iDeCoとつみたてNISAにダブル投資入門』、扶桑社、2018年12月7日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

【『iDeCoとつみたてNISAにダブル投資入門』シリーズ】
(1)なぜシングル女性は「年金だけでは赤字になる」のか?
(2)定年までの収入と支出を「カンタンに予想する」方法
(3)お隣さんが「定年前に持ってた貯金」はいくら?
(4)アラフォーで老後が心配な人が「絶対にやるべき」2つの制度とは?

iDeCoとつみたてNISA両方やるメリットってなに?

税制優遇措置があるiDeCoとつみたてNISAを併用する合わせ技。

「ウチにはそんなに余裕がないけれど、やっぱり両方やったほうがいいの?」

という疑問にお答えします。

非課税制度は積極的に活用すべし

iDeCoやつみたてNISAについて、「どんな人に向いていますか?」や「いつから始めればいいですか?」という質問をしばしば受けます。

どちらも、利用できる人は誰もが利用したほうがいい制度であり、始める時期は「今すぐ」です。

そして、資金的な余裕があるなら2つの制度を併用すべきです。

特に、40代後半~50代で「老後が心配」な人は、非課税口座をフルに活用し、できるだけ多くの金額を積み立てることを考えましょう。

可能ならば、どちらも限度額いっぱいまで積み立てたいものです。

私は、「iDeCoやつみたてNISAのような非課税制度は、積極的に活用すべき」と、口酸っぱくお伝えしています。

この制度を利用して資産形成することに大きなメリットがあるからです。

2つの制度の併用でトリプルメリット!

iDeCoには非常に手厚い非課税メリットがあります。

まず、掛金は全額所得控除の対象になります。

次に、運用益が非課税です。

さらに将来、年金や一時金で受け取る際にも各種控除を受けることができます。

一方、つみたてNISAでは、運用益が非課税になります。

2つの制度を併用した場合、運用期間中だけを考えてもiDeCoの掛金控除、iDeCoの運用益が非課税、つみたてNISAの運用益が非課税、というトリプルメリットを享受できます。

ちなみに、掛金控除による節税額は、その人の収入や拠出額によって異なります。

仮に40歳で、年収500万円、会社に企業年金制度がなく、月々の掛金が2万3000円の人の場合、20年間の節税額は約110万円になる計算です。

また、運用益の20.315%にあたる税額が非課税になります。

この場合、節税額は約41万円~約59万円という計算に。

合計すると、約210万円の節税ができたことになります。

しかも、併用することで、約1838万円の資産を準備できることになるのです。

もちろん、これはシミュレーションにすぎません。

「捕らぬ狸の皮算用じゃないの」と思う方もいるでしょう。

ですが、20年間、「将来が不安だ」と思いながらも何のアクションも起こさないより、はるかにトクできることだけは、おわかりいただけたのではないでしょうか。

皆さんも、一日も早く、iDeCoとつみたてNISAを併用して、将来の資金準備を始めてください。