カードローン大手の「SMBCモビット」と「アコム」の場合「どちらを選んでも特に変わらないのでは?」と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし詳しくチェックしていけば、実はさまざまな違いがあります。今回は SMBCモビットとアコムにスポットをあてて申込方法や金利など違い を見ていきます。

これからカードローンを利用したい人はぜひ参考にしてください。

SMBCモビットとアコム、どちらで借りるのがいい?

はじめにSMBCモビットとアコム、それぞれの代表的な特徴を見ながら「どのような人に向いているか」を確認してみましょう。

金利 融資金額 その他の特徴
SMBC
モビット
3.0~18.0% 1万~800万円 ・電話連絡なし
(Web完結の場合)
・即日融資可能
(Web申込後、コールセンターへ要連絡)
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム 3.0~18.0% 1万~800万円 ・電話での在籍確認あり
・即日融資可能
(申込方法が郵送以外の場合)
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。

上記を見ると分かる通りSMBCモビット、アコムともに金利は3.0~18.0%、融資金額は1万~800万円とまったく同じです。

しかしその他の特徴の部分を見ていくと両社の違いが分かります。 SMBCモビットのほうは「Web完結の場合は電話連絡はない」旨が公式サイトで明記されています (申込内容の確認で電話をする場合はあり)。

反対に アコムは電話で勤務先に在籍確認をする場合 があります。ただし会社名を名乗らずに電話をかけてくるため、勤務先にカードローン申し込みが分かる可能性は非常に低いといえるでしょう。

また 融資スピードについては両社とも「即日融資可能」です。 ただSMBCモビットの場合は「Web申込後、コールセンターに連絡すること」で即日融資が可能となります。

アコムでは「Web申込」「電話申込」「店頭申込」「自動契約機申込」で即日融資可能です。これらの点から判断するとそれぞれのカードローンに向いている人は次のような人になります。

SMBCモビット:

・即日融資を希望する場合、Web完結手続きができる人
- 勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのが困るという人

 
アコム:

・即日融資を希望する人
- 勤務先に在籍確認の電話がかかってきても構わない人

 
次の章以降では、SMBCモビットとアコムの特徴をさらに詳しく見ていきます。 ## SMBCモビットにはどのような特徴がある? SMBCモビットのカードローンの特徴は、以下の通りです。
金利 3.0~18.0%
融資金額 1万~800万円
申込方法 ・パソコン・スマホ(24時間 年中無休)
※Web完結は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」
「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」に本人口座がある人、
もしくは全国健康保険協会発行の保険証、
組合保険証を持っている人のみ利用可能
・郵送
・電話(9~21時)
・三井住友銀行内ローン契約機
(場所により営業時間が異なる)
申込条件 満20~69歳の安定収入のある人
※アルバイト・パート・自営業可
借入方法 ・振込(パソコン・スマホ・電話で依頼)
・提携ATMでのキャッシング
返済方法 ・提携ATMから振込返済
・口座振替で返済
(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・
ゆうちょ銀行に預金口座がある場合)
・インターネット返済
特典・キャンペーン Tポイントサービス利用を申し込む、
もしくはTポイント機能付きモビットカードを
作成すると返済額のうちの利息額に対し
200円ごとに1ポイントTポイントを付与

SMBCモビットの大きな特徴は、 三井住友銀行内に設置しているローン契約機から申し込みができる 点です。「街中の自動契約機に行くのは抵抗がある」という人でも、銀行ならば抵抗なく行けるのではないでしょうか。また返済するごとにTポイントが貯まる特典もあります。

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

アコムにはどのような特徴がある?

金利 3.0~18.0%
融資金額 1万~800万円
申込方法 ・パソコン・スマホ(24時間 年中無休)
・郵送
・電話(24時間 年中無休)
・店頭(平日9時半~18時のみ)
・無人契約機(9~21時 年中無休)
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人
※アルバイト・パート・主婦(夫)・
学生でも安定した収入があれば申し込み可能
借入方法 ・振込(パソコン・スマホ・電話で依頼)
・提携ATM・アコムATMでのキャッシング
・店頭窓口
返済方法 ・提携ATM・アコムATMから振込返済
・口座振替で返済
・指定口座への振り込みで返済
・インターネット返済
・窓口で返済
特典・キャンペーン 初めての契約の場合、
契約日の翌日から30日間は金利ゼロ

アコムのメリットは、 返済方法の多さ ではないでしょうか。ATMからの振込返済やインターネット返済だけでなく指定口座への振り込みや窓口でも返済ができます。気軽にいつでも返済手続きができる点は、おすすめポイントです。

>>アコムの詳細はこちら(公式サイト)

SMBCモビットとアコムを徹底比較!

SMBCモビットとアコムの特徴を一覧で紹介しました。ここでは、両社の違いについて徹底的に比較してみます。

金利・融資金額について

上述したように SMBCモビットとアコムは、どちらも金利が「3.0~18.0%」、融資金額は「1万~800万円」です。 この点だけ見るとどちらを選んでも変わりないように感じるかもしれません。

融資スピードについて

どちらも即日融資に対応しています。

しかしSMBCモビットで 即日融資を希望する場合はWebで申し込みを済ませた後、コールセンターに連絡 するひと手間が必要です。またWeb完結契約は「指定された金融機関に口座がある」「全国健康保険協会発行の保険証か組合保険証を持っている」といった場合しか利用できません。

アコムは、申込後の電話連絡については明記されておらずWeb完結手続きに利用条件がないことが特徴です。ただ 即日融資を希望する際は、なるべく早い時間に申し込む ようにしましょう。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

特に24時間申し込みできない「店頭」「自動契約機」の場合は注意してください。

なおSMBCモビットやアコム双方とも審査時間は最短で30分です。ただしSMBCモビットの場合、最短30分で審査結果が出るのは月~金の19時までの申し込みに限られます。

※融資や審査スピードは、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

在籍確認について

「SMBCモビットとアコム、どちらで借りるのがいい?」の項目でも紹介しましたが、SMBCモビットはWeb完結で手続きを行った場合、基本的に電話連絡がありません。

反対にアコムは、どの方法で申し込みしても電話連絡があります。そのため「勤務先に電話連絡が来ると困る」という人は気を付けてください。

特典・キャンペーン

SMBCモビットでは、返済金額の利息部分200円ごとにTポイントが1ポイント付与されます。 貯まったポイントは、ショッピングなどでの利用や商品に交換することが可能です。Tポイントを付与したい場合は「Tポイント機能付きモビットカードを作成」、もしくは契約時に「Tポイントサービス利用を希望する」を選択してください。

アコムの特典は「初めての契約の場合、契約の翌日から30日間は金利がゼロ」になるサービスです。 契約後すぐに借り入れをし、数日後に返済するのならば金利負担はゼロ円になるメリットがあります。ただし金利ゼロ円サービスは、契約の翌日からの適用です。契約後しばらくしてから初めての借り入れを利用したい場合、金利ゼロ円期間は30日よりも短くなることには注意しましょう。

カードローンを選ぶ際は特徴をしっかり確認しよう

SMBCモビットとアコムの金利や融資金額、借り入れ・返済方法の違いなどを紹介しました。どちらも大手カードローン会社ですが細かく見ていくと多くの違いがあることが理解できたのではないでしょうか。急いでお金の調達をしたい場合は「どの会社でもいい」と特に調べずに申し込みする人もいるかもしれません。

しかしカードローンは、どの会社の商品も同じわけではなく借入方法や返済方法などが異なります。そのため必ず自分に合った会社をしっかりと選んだうえで利用するようにしましょう。

田尻宏子
複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。
複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ