旧軽井沢銀座とその周辺にある食べ歩きで、気におすすめのお店を紹介します。軽井沢の中でも旧軽井沢は最も別荘地の雰囲気が残り、食べ歩きに最適なお店が数多く並んでいます。テイクアウトやおしゃれなところを含めて、テーマ別に食べ歩きに適したお店を17か所厳選しました。

 

旧軽井沢銀座通りで食べ歩きとカフェでひと休み

旧軽井沢銀座とその周辺のグルメ情報を紹介します。軽井沢の中でも最も古くかつての雰囲気が漂う旧軽井沢周辺は、観光客でにぎわう旧軽井沢銀座を中心に、人気でおいしいものがある食べ歩きや、休憩に最適なおしゃれなカフェが数多くあります。

 

旧軽井沢銀座通りで食べ歩きたい【甘味・スイーツ】5選

1.【モカソフト】ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

軽井沢駅からメインストリートをまっすぐ北に、旧軽井沢銀座通りに入ります。左に旧三笠通りの小さな道に入る手前に、ミカドコーヒー 軽井沢旧道店があり、駅からは車で10分くらいの距離です。

これは東京にあるミカド珈琲商会の経営するお店で、軽井沢旧道店は横が空き地になっていることもありわかりやすいでしょう。2階にテラス席があってオープンな雰囲気です。

 

このお店のおすすめは、モカソフト(430円)です。1969年ごろから発売され、半世紀ものあいだ、軽井沢で愛されてきました。テイクアウトもイートインも両方可能です。

昭和レトロだけど古さを感じないオープンな店内で、コーヒーとモカソフトのセット(800円)をのんびり頂くのも良いでしょう。コーヒーの香り、苦みがありながらもミルクとのバランスも良く、さっぱりした味わいです。

 

2.【クレープ】クレープリー・アンジェリーナ 軽井沢本店

クレープリー・アンジェリーナ軽井沢本店は、旧軽井沢のメインストリートと水車の道に挟まれた、ショッピングモール「チャーチストリート軽井沢」の1階にあります。

旧軽井沢のシンボル的な施設内にあるこのお店は、2000年に創業したクレープ専門店です。当時は冷凍ものや缶詰利用が当たり前だったクレープを、手作りににこだわりました。

 

このお店のクレープは、11種類のスタンダードクレープ、15種類のシーズンクレープがあります。またクレープの上にサラダやチーズなどのメニューもあるので、いろいろ選んでください。

その中でイチオシは、レアチーズ&ダブルベリー(550円)です。これは創業当初から人気のある味で、選ぶものを迷った時にはぜひ注文しましょう。

 

3.【力餅】あづまや 旧軽井沢店

あづまや 旧軽井沢店は、旧軽井沢のメインストリート沿い、駅から見て最奥近くにあります。どちらかといえば洋風の建物が多い、旧軽井沢銀座のなかでも、和風の茶屋の建物が目にひきます。

ここのメニューは、軽井沢と関東を隔てる碓氷峠の味「力餅」が用意されています。新幹線が開通するまでは難所だったこの峠の名物は、1200年の歴史があります。

 

その伝統の力餅(520円)は、ごま(黒ごま)、くるみ、あま(あんこ)、から(大根おろし)、えごま(いぐさの実)、きなこの6種類から選びます。

突きたての餅は、見た目から力強そうで、それぞれの味づけを堪能しましょう。テイクアウトも可能で、お土産にも良さそうな逸品です。

 

4.【フルーツタルト】おかしや あした

おかしやあしたは、軽井沢本通り旧軽井沢銀座の手前近くにあります。カフェよりも、ブティックが並ぶあたりにかわりらしい雰囲気のケーキ屋さんがあります。

店の外からはわかりにくいですが、店内に入ると手作り感が満載の焼き菓子やケーキが並んでいて、見ているだけで心落ち着く気持ちになります。

 

洋品店「はんちゃん」のオーナーの娘さんが、店の一部を間借りして始めたというこの店は、春から秋までの限定オープンです。

どれも手作りでおすすめですが、季節のフルーツを使ったフルーツタルト(390円)がイチオシです。また一口サイズの焼き菓子もおやつ感覚で食べられます。

 

5.【かき氷】シブレット

シブレットは、軽井沢のメインストリートのやや奥の方にあります。この店は喫茶店ですが、かき氷屋という方がふさわしいお店です。「氷」と書いてある看板もわかりやすいです。

本来避暑地の別荘地として開発された軽井沢に、夏の暑さを一気に癒してくれるかき氷の名店で、じっくり味わいましょう。実は隣に氷屋があり、天然の氷で作られたかき氷がいただけます。

 

軽井沢で明治時代から天然氷を扱って別荘に届けていたという、渡辺商会の直営店ということもあり、かき氷(600円~)の種類は豊富です。高く盛り上げた角氷は見た目のインパクトも大きいです。

厳冬期に野外の池に水張って、氷をじっくりと作るだけあって、シロップのフレーバーに混じって氷そのものの味を感じることができます。

 

『旧軽井沢銀座通りで食べ歩きたい【軽食・テイクアウトランチ】5選』

1.【チーズケーキ】アトリエ・ド・フロマージュ 旧軽井沢店

アトリエ・ド・フロマージュ 旧軽井沢店は、旧軽井沢銀座の入口あたりに位置するお店です。チーズとスィーツのおいしいお店として、人気があります。

1982年創業のアトリエ度麩フロマージュは、長野県東御市を本拠地に東京の南青山や名古屋松坂屋にも店を出していますが、軽井沢には旧軽井沢店のほか3店舗もあります。

 

テイクアウトがメインのお店ですが、イートインも可能となっており、チーズを使ったスィーツやケーキを、安い料金で数多く用意されています。

おすすめは、定番の生チーズケーキ(378円)です。チーズの風味が効いておいしいです。対照的な焼きチーズケーキ(378円)もチーズの風味を感じられるでしょう。

 

2.【フランスパン】フランスベーカリー

フランスベ-カリー は、旧軽井沢のちょうど真ん中あたりにあるパン屋です。本格的なフランスベーカリーのお店で青いテントが目印です。

ここは軽井沢観光でぜひ立ち寄りたいスポットです。実はビートルズのジョン・レノンが通った店として有名です。そして店内にもその痕跡が見られるでしょう。

 

有名人が軽井沢に来たら必ず買って帰るほどおいしいお店で、定番といえるフランスパンのハーフは168円、フルサイズ305円と比較的安い値段で購入できます。食べ歩きにも良いでしょう。

味わいはパン内部の気泡が細かく全体的に身が詰まった印象です。そのほかおすすめは、アップルパイは1,050円ですが中々のサイズ、デートのテイクアウトにも良いでしょう。

 

3.【パン】ブランジェ浅野屋 旧道店

ブランジェ浅野屋旧道店も、軽井沢の観光客に人気のパン屋なので行ってみましょう。場所は旧軽井沢銀座の真ん中、フランスベーカリーの目の前です。

おいしいパンを作るために、お互いしのぎを削っています。1933年創業の老舗で、本物のパン職人を育成し技を渓羞しました。昔ながらのトラディショナル製法で、多くの人から高い評価を受けています。

 

テイクアウトで食べ歩きに最適なパンが70種類近くあり、安いものならカレーパンを210円で販売しています。またおいしいと人気のショコラブレッドは430円です。

デートで軽井沢を散策をする際にぜひ立ち寄りたいお店です。イートインも可能で、限定のビーフシチュー(1500円)も昔ながらの味として評判です。

 

4.【サンドウィッチ】軽井沢ベジビエ

軽井沢ベジビエは、軽井沢駅の近くにあるお店です。旧軽井沢銀座に観光に行く前、あるいは帰りに立ち寄ってお土産にするのも良さそうです。

青緑色をしたのドアと窓枠が特徴で、中に入ると広々としたおしゃれな空間で、軽い食事を楽しめます。そしてこのお店が人気なのはコスパの良さですから、おいしい料理が安く食べられるでしょう。

 

こちらのお店のコンセプトは、店名の由来となったジビエとベジタブルです。ジビエと聞けば高いイメージがありますが、こちらはそんなことなくカジュアルに堪能できます。

特にデートの時には、イートインで落ち着いて食事ができます。よりおすすめは定番のサンドウィッチです。自家製ロースト鹿サンド(1,700円)、ベジタリアンサンド(1,500円)など、いずれもボリュームある内容で、食べ歩きにも利用できます。

 

5.【コロッケ】軽井沢のころっけやさん 軽井沢本店

軽井沢のころっけやさん 軽井沢本店は、旧軽井沢銀座の真ん中にあるコロッケのお店です。メインの通り沿いにある自然食品店や蜂蜜店が入居しているビルの中にあります。

デートでストリートを歩いて、小腹がすいたタイミングにちょうど良い場所にあります。看板がわかりやすいので、すぐに見つけられるでしょう。

 

揚げたてのおいしいコロッケは、定番のカレー・ポテト味(220円)があり、コロッケパン(450円)も食べ歩きにおすすめです。その他メンチ(300円)、メンチパン(530円)とバリエーションが豊富です。

さらに、生ビール(540円)もあり、軽い食事としても利用可能です。デートで立ち寄るのも楽しいですし、観光のお土産として持ち帰るのも良いでしょう。