「カードローンを利用したいけれども自分に合ったものが分からない」
「どのカードローン会社を選んだらいいのか分からない」

そのような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。カードローンは、会社によって申込方法や借入方法などが異なります。そこで今回はカードローン大手の 「アコム」「プロミス」の特徴を徹底比較していきます。これからカードローン利用を考えている人はぜひご覧ください。

この記事でわかること

  • 最大限度額の大きさや下限金利の低さの点ではアコムが最適
  • 上限金利の低さや「セブン銀行」、「ローソン」のATMからアプリで利用できるのはプロミス
  • 500万円を超える借り入れを考えている方はアコムがおすすめ
  • 少ない金額で余裕を持った期間で借り入れたい方はプロミスがおすすめ
  • 金利や審査の通りにくさから両方を利用するのは控えた方がいい

アコムとプロミスの違いはどこ?徹底比較!

1.アコム,プロミス
(画像=One /stock.adobe.com)

早速アコムとプロミスの違いを確認しましょう。基本的な項目について、以下に一覧にまとめました。

<徹底比較!アコムとプロミスの比較表>

会社名 アコム プロミス
借入まで(最短) 最短60分 最短30分
審査時間(最短) 最短30分 最短30分
金利 3.0~18.0% 4.5~17.8%
最大限度額 800万円 500万円
毎月の返済額 契約限度額
・30万円以下:最終借入額の4.2%以上
・100万円以下:最終借入額の3.0%以上
・100万円超:最終借入額の1.5~3.0%以上
借入残高
・30万円以下:最終借入額の3.61%
・100万円以下:最終借入額の2.53%
・100万円超:最終借入額の1.99%
無利息期間 契約の翌日から30日間 初回借入の翌日から30日間
公式サイト

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

【アコム とプロミスのここが違う!】
アコムとプロミスは、どちらも大手銀行グループの属する消費者金融会社です。アコムは「三菱UFJ銀行」を中核とする「MUFGグループ」 、プロミスは「三井住友銀行」を中核に持つ「SMBCグループ」に属しています。

両社のサービスは、ほぼ同じですが、「最大限度額」と「無利息期間の数え方」が異なるのが特徴です。

「最大限度額」は、アコムのほうがプロミスより300万円も大きく設定されています。より大きな借り入れをしたい方は、アコムのほうが向いているでしょう。もっとも、総量規制(借入を年収の3分の1に制限する制度)があるため、実際に800万円を借り入れするには年収2,400万円以上が必要となるためで、多くの方はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

「無利息期間の数え方」は、プロミスのほうが有利です。両者の無利息期間は、どちらも30日ですがアコムは契約の翌日、プロミスは初回借入の翌日からカウントされます。アコムの場合、契約後に借り入れせず30日経過した場合、無利息キャンペーンが終了してしまうため、注意が必要です。一方、プロミスは初回借入の翌日からカウントされるため、例えば契約後3ヵ月後に初めて利用した場合でも無利息キャンペーンを利用できます。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

アコムの基本情報

2.アコム,プロミス
(画像=blanche /stock.adobe.com)

アコムの基本情報は、以下の通りです。

アコムの基本情報
借入限度額 1万~800万円まで
金利 3.0~18.0%
申込条件 20歳以上の安定した収入のある人
※パート・アルバイトでも
安定した収入があれば申し込み可能
申込方法 ・ウェブ
・コールセンター
・郵送
・来店
・自動契約機
※郵送以外は即日借り入れも可能
(申込時間による)
借入方法 ・スマホ(24時間)
・パソコン(24時間)
・店頭窓口(平日9時半~18時)
・アコムATM
・提携金融機関ATM
※ATMの利用時間は場所によって異なる
返済方法 ・インターネット
・ATM(アコム・提携)
・店頭窓口
・振り込み
・口座振替
その他の特徴 ・初めての利用の場合、
契約日翌日から30日間は無利息

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムのおすすめポイント

3.アコム,プロミス
(画像=アコムHPより引用)

アコムの主なおすすめポイントを4つにまとめました。

【アコム 4つのおすすめポイント】

  • 契約の翌日30日間は利息が無料
  • 下限金利が低い
  • ③ 自動契約機ならカードも即日発行OK
  • ④ 0.25%割引で買い物できる「クレジット付きローンカード」がお得

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムのおすすめポイント①契約の翌日30日間は利息が無料

アコムは入会の特典として「無利息キャンペーン」を常時展開しています。契約の翌日から30日間は利用金額にかかわらず利息が発生しません。

カードローンは金利が高いデメリットがありますが、この期間内に返済するなら負担なく利用できるでしょう。

【契約後は借りなくても無利息日数が経過する】
アコムの無利息キャンペーンは「契約の翌日から」30日間です。カードローンは契約してもすぐにお金を借りる必要はありませんが、無利息キャンペーンの期間は経過するため注意しましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムのおすすめポイント②下限金利が低い

最低金利が3.0%と比較的低い水準となっている点は、おすすめできるポイントの一つです。同じ金額を借り入れするなら金利が低いほど支払利息が少なくなります。

金利は、信用力が高いほど引き下げてもらえる可能性が高まるため、信用力に自信がある方はアコムに申し込むといいでしょう。

【金利は利用限度額が大きいほど下がる傾向】
カードローン金利は、契約する限度額が大きいほど下がる傾向です。使う予定がない方も、大きな限度額で申し込んでみてはいかがでしょうか。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムのおすすめポイント③ 自動契約機ならカードも即日発行OK

カードローンは一般に、現金を引き出す際に専用の「ローンカード」を用います。カードの発行に時間がかかるケースがありますが、アコムは、自動契約機(むじんくん)でローンカードを即時発行できるため、できるだけ早くお金を借りたい方におすすめです。

【WEB契約+振込ならローンカードはいらない】
アコムはインターネット上で契約後、銀行振込で借りるならローンカードはいりません。ATMに行く必要がなく、さらに一部の銀行なら指示から最短1分で振り込まれます。急いでいる場合は振込も検討しましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムのおすすめポイント④ 0.25%割引で買い物できる「クレジット付きローンカード」がお得

アコムのローンカードは、クレジットカード機能が付帯した「ACマスターカード」を選択できます。(審査あり)ローンカードとして現金を引き出せるほか、「マスターカード」加盟店で買い物ができるカードです。

同カードで買い物をした場合、請求額から0.25%が自動でキャッシュバックされます。マスターカードを利用できるお店なら実質0.25%割引で買い物ができる魅力的なカードです。

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムはプロミスと比べると……

4.アコム,プロミス
(画像=garage38 /stock.adobe.com)

アコムのおすすめポイントを紹介しましたが、1社のカードローン会社の情報だけでは判断が難しいのではないでしょうか。

アコムのおすすめポイントをよりイメージしやすいようここでアコムがプロミスに対して「優れている点」と「劣っている点」について解説します。

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムがプロミスより優れている点

アコムがプロミスに対して優れている点は、以下の2点です。

  • 最大限度額の大きさ
  • 下限金利の低さ

上述したようにアコムの最大限度額は、800万円ですがプロミスは500万円です。より大きなお金を借りられるのはアコムといえるでしょう。ただし審査があるため、誰でも最大限度額まで借りられるわけはありません。

また下限金利は、アコムが3.0%、プロミスは4.5%です。借り入れ申し込みする方の信用力によっても異なりますが、より一層低金利で借りられる可能性あるのはアコムといえるでしょう。

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

アコムがプロミスより劣っている点

アコムがプロミスに劣るのは、以下の2点です。

  • 上限金利の高さ
  • 有人店舗の数

アコムの上限金利は18.0%で、プロミスは17.8%です。上限金利は、信用力が低かったり初めての契約であったりする場合などに適用される傾向があります。そのため該当する場合は、プロミスよりも高い金利が設定される可能性があるでしょう。

また有人店舗の数もプロミスのほうが優秀です。アコムは関東と大阪に計4店舗しかありませんが、プロミスは全国に11店舗あります(2021年11月17日時点)。カードローンを直接相談しながら利用したい方はプロミスのほうが向いているかもしれません。

【アコムとプロミス 有人店舗の一覧】
アコム
(4店舗)
プロミス
(11店舗)
北海道札幌市
宮城県仙台市
東京都新宿区
神奈川県川崎市
石川県金沢市
愛知県名古屋市
大阪府大阪市(北区)
大阪府大阪市(天王寺区)
広島県広島市
愛媛県松山市
福岡県福岡市
鹿児島県鹿児島市
沖縄県那覇市
※2021年11月17日時点

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスの基本情報

5.アコム,プロミス
(画像=UTS /stock.adobe.com)

一方、プロミスの基本情報は下記の通りです。

プロミスの基本情報
借入限度額 500万円まで
金利 4.5~17.8%
申込条件 20~69歳の安定した収入のある人
※安定した収入があれば、
主婦・学生・パート・アルバイトでも申し込み可能
申込方法 ・ウェブ
・プロミスコール(コールセンター)
・郵送
・来店
・自動契約機
・ウェブ
※郵送以外は即日融資も可能
(申込時間による)
借入方法 ・スマホ(24時間)
・パソコン(24時間)
・店頭窓口(平日10~18時)
・プロミスATM(7~24時)
・提携金融機関ATM
※提携金融機関ATMの
利用時間は場所によって異なる
返済方法 ・インターネット
・ATM(プロミス・提携)
・店頭窓口
・振り込み
・口座振替
・コンビニマルチメディア端末
(ファミポート)
その他の特徴 ・初回出金の翌日から
30日間無利息サービス
※メールアドレス登録・
ウェブ明細利用が条件
・女性専用電話ダイヤル有

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスのおすすめポイント

6.アコム,プロミス
(画像=プロミスHPより引用)

プロミスについてもアコム同様におすすめポイントを確認していきましょう。プロミスの主なおすすめポイントは、以下の4つです。

【プロミス 4つのおすすめポイント】

  • 上限金利が低め
  • ② 借入まで最短30分のスピード融資
  • 無利息キャンペーンを利用しやすい
  • 「プロミスポイント」が貯まる

プロミスのおすすめポイント① 上限金利が低め

プロミスの上限金利は、17.8%と消費者金融系カードローンの中で比較的低い水準です。

年齢が若い方や初めてのカードローンを申し込む方は、信用力が十分に積み上がっていない可能性があります。その場合、審査で上限金利が適用される可能性がありますが、プロミスなら上限金利が適用されても他社より少しお得に利用できるでしょう。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスのおすすめポイント② 借入まで最短30分のスピード融資

プロミスは、申し込みから最短30分でお金を借りられます。消費者金融系カードローンの多くが即日融資に対応していますが、プロミスはその中でもスピーディーに借り入れができるでしょう。

「とにかく早くお金を借りたい」という方は、プロミスを検討してみてはいかがでしょうか。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスのポイント③ 無利息キャンペーンを利用しやすい

プロミスの無利息キャンペーンは「初めての借り入れの翌日から30日間」です。契約しても実際に利用するまでは、日数がカウントされないため、キャンペーンにつられて借り入れを急ぐ必要がありません。

無利息キャンペーンは、「契約の翌日から」としている会社が多い傾向です。そのためプロミスならお得といえるでしょう。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスのおすすめポイント④「プロミスポイント」が貯まる

プロミスはポイントプログラムを導入しています。入会やログイン、また収入証明書類の提出で「プロミスポイント」が獲得でき、貯まったポイントは「提携ATM手数料の無料化」や「無利息サービス」などと交換が可能です。

必要ポイント 概要
提携ATM手数料無料 40 申込日から翌月末まで
提携ATM手数料が無料
無利息サービス 7日間:250
15日間:400
30日間:700
以下の翌日から7~30日間利息が無料
・(利用中)利息以上を返済した日
・(完済)再び出金した日

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスはアコムと比べると……

7.アコム,プロミス
(画像= metamorworks /stock.adobe.com)

プロミスについても同様にアコムに対してプロミスが「優れている点」と「劣っている点」について確認しましょう。

プロミスがアコムより優れている点

プロミスがアコムより優れている点は、以下の2点です。

  • 上限金利が低い
  • アプリが「セブン銀行」と「ローソン銀行」ATMに対応

プロミスの上限金利17.8%に対してアコムは18.0%ですので、上限金利はプロミスのほうが優れているでしょう。ただし実際設定される金利は、プロミス・アコムともに審査で申込者ごとに決定されます。

アプリの対応ATMもプロミスのほうが優れています。プロミスとアコムはともにATMからアプリで利用することが可能です。プロミスは「セブン銀行」と「ローソン銀行」ATMに対応していますが、アコムは「セブン銀行」ATMだけなのでプロミスのほうが選択肢は広いでしょう。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスがアコムより劣っている点

反対に以下の2点は、アコムに劣っています。

  • 最大限度額が小さい
  • 下限金利が高い

プロミスの最大限度額は、500万円です。アコムの800万円とは大きな差があり下限金利もアコムのほうが優れています。プロミスは、最低でも4.5%の金利ですがアコムの下限金利は3.0%です。

最大限度額・下限金利は、どちらも信用力が高い方ほど適用される可能性があります。そのため審査に自信がある方は、アコムを選んだほうがいいかもしれません。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

アコムとプロミスをさらに徹底比較!

8.アコム,プロミス
(画像=blanche /stock.adobe.com)

プロミスとアコムを以下の観点からさらに詳しく比べてみましょう。

アコム プロミス
審査・融資スピード(最短) 借入まで最短60分 借入まで最短30分
金利 3.0~18.0% 4.5~17.8%
最大限度額 800万円 500万円
無利息期間 契約の翌日から30日間 初回借入の翌日から30日間
審査難易度
(2021年3月期の成約率)
41.2% 37.9%
在籍確認の有無 あり あり
利便性 【申し込み・契約方法】
WEB完結:〇
カードレス契約:○

【借り方】
現金借入:〇
振込借入:〇

【返済方法】
現金返済:〇
振込返済:〇
口座引き落とし返済:〇

【アプリの主な機能】
・生体認証
・現金借入
・借入状況の確認
【申し込み・契約方法】
WEB完結:〇
カードレス契約:〇

【借り方】
現金借入:〇
振込借入:〇

【返済方法】
現金返済:〇
振込返済:〇
口座引き落とし返済:〇

【アプリの主な機能】
・生体認証
・現金借入
・借入状況の確認
利息の負担 軽め 重め
返済のしやすさ
(月の返済額の低さ)
契約限度額
・30万円以下:最終借入額の4.2%以上
・100万円以下:最終借入額の3.0%以上
・100万円超:最終借入額の1.5~3.0%以上
借入残高
・30万円以下:最終借入額の3.61%
・100万円以下:最終借入額の2.53%
・100万円超:最終借入額の1.99%
口コミ評価 「融資スピード」
「無利息キャンペーン」に好評価
「融資スピード」
「無利息キャンペーン」に好評価
審査の流れ ステップ1.申し込み
ステップ2.書類の提出
ステップ3.審査
ステップ4.契約
ステップ1.申し込み
ステップ2.書類の提出
ステップ3.審査
ステップ4.契約
公式サイト

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

アコムとプロミスの比較ポイントその1:審査・融資スピードで比較

プロミスもアコムも「即日融資」をアピールポイントとしています。郵送以外の申込方法ならば、どちらも即日融資に対応可能です。

プロミス・アコムの公式サイトでは、融資スピードについてどのように記載しているかを確認しておきましょう。

・アコム:審査は最短30分、最短60分融資
・プロミス:事前審査は最短15秒回答(本審査あり)、最短30分融資

あくまで公式サイトの情報だけでの判断ですがプロミスのほうが審査・融資スピードは速い傾向です。

なおプロミスもアコムも、当日中に融資してもらうためには申込時間も重要です。「早い時間に申し込む」「借入金を振り込んでもらいたい銀行ATMの営業時間を確認しておく」などに気をつけて申込をするようにしましょう。

アコムとプロミスの比較ポイントその2:金利で比較

両社の金利は、以下の通りです。前述しましたが、「下限金利が低いのはアコム」で「上限金利が低いのはプロミス」です。ただし実際に適用される金利は、借入申込者によって異なるため、どちらが優れているかは一概にいえません。

借入先 金利 公式サイト
アコム 3.0~18.0%

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス 4.5~17.8%

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

なおアコムは、契約する限度額ごとの金利を以下のように公表しています。限度額が大きくなるほど金利が低くなることが分かりますね。プロミスは、公表されていませんが同様の傾向にあるでしょう。

【アコム 契約限度額ごとの金利】
  • ・1万~99万円:7.7~18.0%
  • ・100万~300万円:7.7~15.0%
  • ・301万~500万円:4.7~7.7%
  • ・501万~800万円:3.0~4.7%

【「利息制限法」 限度額100万円以上なら15%を超えない】
利息制限法は、限度額100万円以上の上限金利を15%と定めています。利息の負担を減らしたい場合、限度額100万円以上で申し込んでみてはいかがでしょうか(審査の結果、限度額が引き下げられる可能性はあります)。

引用:日本貸金業協会 お借入れの上限金利は、年15%~20%です。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

アコムとプロミスの比較ポイントその3:最大限度額で比較

両社の最大限度額は、以下の通りです。アコムは最大800万円、プロミスは最大500万円までお金を借りられます。

借入先 最大限度額 公式サイト
アコム 800万円

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス 500万円

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

ただし誰でも上限金額まで借り入れできるわけではありません。実際は、借入申込者ごとに審査を行い最大限度額までの範囲で個別に契約限度額が設定されます。また貸金業法は、年収の3分の1以上の借り入れを禁じているため、その規制を超える限度額は設定されません。(総量規制)

【貸金業法13条の2(過剰貸付け等の禁止)】
1.貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
2.前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(住宅資金貸付契約その他の内閣府令で定める契約(以下「住宅資金貸付契約等」という。)及び極度方式貸付けに係る契約を除く。)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(住宅資金貸付契約等に係る貸付けの残高を除く。)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

引用:e-GOV法令検索 貸金業法

アコとプロミスの比較ポイントその4:無利息期間で比較

両社の無利息キャンペーンの期間は、以下の通りです。どちらも無利息期間は30日ですがカウント方法が異なるため、注意しましょう。

アコムは「契約の翌日」、プロミスは「初回借入の翌日」からカウントが始まります。そんなに変わらないように感じる方もいるかもしれませんが実はプロミスのほうが明らかに有利です。

借入先 無利息キャンペーンの期間 公式サイト
アコム 契約の翌日から30日間

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス 初回借入の翌日から30日間

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

カードローンは、契約後すぐにお金を借りる必要はありません。そのため、契約日から初回借入日までの期間が長くなるケースがあり得ます。例えば「カードローンをすぐに使う予定はないけど、万が一の出費に備えてとりあえず契約しておく」というようなケースが該当するでしょう。

この場合、アコムのように「契約の翌日から」無利息期間が始まってしまうと、借り入れを利用しないまま無利息期間が終了してしまう可能性があります。

一方、プロミスの無利息期間は実際に借りるまでカウントが始まりません。つまり本当に借りる必要があるタイミングまで待っても必ず無利息期間を利用できる仕組みです。

無利息キャンペーンに関しては、プロミスに軍配が上がるでしょう。

アコムとプロミス比較ポイントその5:審査難易度で比較

一般的にカードローンの具体的な審査基準は、公表されていません。そのため一概にどちらが審査に通過しやすいか断定することは難しいでしょう。

しかし成約率(新規契約数÷新規申込数)は、どちらも公表しています。新規申し込みに対する実際に契約できた方の割合を示すため、審査の難易度をある程度反映しているでしょう。

両社の成約率は、以下の通りです。アコムは41.2%となり、プロミスを運営する「SMBCコンシューマーファイナンス」の37.9%を3.3ポイント上回りました。

借入先 成約率
(2021年3月期)
公式サイト
アコム 41.2%

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス 37.9%

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

※SMBCコンシューマーファイナンスには「SMBCモビット」が含まれます

両社に大きな差はありませんが強いていえばアコムのほうが成約率が高いため、審査難易度は低そうです。

アコムとプロミスの比較ポイントその6:在籍確認の有無で比較

「在籍確認」とは、カードローン申込者が申告する勤務先に申込者が本当に所属しているか確認する審査項目の一つです。貸金業法第13条では、個人の返済能力を調査するようカードローン会社に義務付けており、在籍確認はその一環で行われています。

つまりアコムとプロミスに限らず一般的にカードローン会社は、審査時に在籍確認を行うのです。

借入先 在籍確認 公式サイト
アコム あり

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス あり

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

ポイントは「在籍確認の方法」です。職場への匿名電話で行われるケースが多いですが、場合によっては書類(勤務先への所属がわかるもの)の提出で在籍確認とするケースもあります。

匿名とはいえ職場にカードローン会社から電話があるのは心配ですよね。電話による在籍確認を避けたい場合、審査前にコールセンターに相談してみましょう。

アコムとプロミスの比較ポイントその7:利便性で比較

利便性が高いと考えられる主な機能を以下にまとめましたが、どちらも大手だけにほぼ互角の内容です。両社ともにさまざまな「借入方法」「返済方法」を用意しており、「スマホアプリ」も便利な機能を搭載しています。

アコム 【申し込み・契約方法】
WEB完結:〇
カードレス契約:○

【借り方】
現金借入:〇
振込借入:〇

【返済方法】
現金返済:〇
振込返済:〇
口座引き落とし返済:〇

【アプリの主な機能】
・生体認証
・現金借入
・借入状況の確認

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミス 【申し込み・契約方法】
WEB完結:〇
カードレス契約:〇

【借り方】
現金借入:〇
振込借入:〇

【返済方法】
現金返済:〇
振込返済:〇
口座引き落とし返済:〇

【アプリの主な機能】
・生体認証
・現金借入
・借入状況の確認

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

スマホアプリを用いたキャッシングは、アコムは「セブン銀行ATM」のみの対応ですが、プロミスは「ローソン銀行ATM」でも可能です。その点ではプロミスのほうが利便性は高いといえるかもしれません。ただ総じていえばどちらを選んでも便利に利用できるでしょう。

アコムとプロミスの比較ポイントその8:利息の負担で比較

カードローンの利用で気になるのは「利息の負担」です。カードローンの利息は、以下のように計算します。

【カードローン利息の計算式】
借入金額×金利÷365日×借入日数

アコムとプロミスは、どちらのほうが利息の負担が大きいのでしょうか。以下の条件で、いくつかシミュレーションしてみましょう。

【シミュレーションの条件】
  • ・<ケース1>借入金額ごとの最低返済額だけで返済したケース
  • ・<ケース2>借入額10万円(年17.0%)で契約限度額20万円のケース
  • ・<ケース3>借入額100万円(年15.0%)で契約限度額200万円のケース

<ケース1>最低返済額のみで返済したケース
カードローンは、借入条件ごとに「最低返済額」が決まります。以下の条件では、いずれもアコムのほうが利息の負担が小さくなりました。なぜならアコムの最低返済額がプロミスより大きくなり元金が減るスピードが早いからです。

借入金額 年利 アコム プロミス
10万円 17% ・最低返済額:5,000円
・総利息額:1万8,120円
・最低返済額:4,000円
・総利息額:2万3,896円
30万円 17% ・最低返済額:1万3,000円
・総利息額:6万4,715円
・最低返済額:1万1,000円
・総利息額:8万372円
50万円 17% ・最低返済額:1万5,000円
・総利息額:17万732円
・最低返済額:1万3,000円
・総利息額:22万2,314円
100万円 15% ・最低返済額:3万円
・総利息額:29万5,849円
・最低返済額:2万6,000円
・総利息額:36万4,015円
公式サイト

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

※利息は1ヵ月を30日とみなし計算

<ケース2>借入額10万円(年17.0%)で契約限度額20万円のケース
契約限度額20万円のうち10万円を金利17%で借りた場合のシミュレーションは、以下の通りです。こちらもアコムの最低返済額のほうがが大きいため、利息の負担は小さくなりました。

アコム プロミス
最低返済額:5,000円 最低返済額:4,000円
完済までの期間:24回
(約2年)
完済までの期間:31回
(約2年7ヵ月)
総利息額:1万8,120円 総利息額:2万3,896円

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

※利息は1ヵ月を30日とみなし計算

<ケース3>借入額100万円(年15.0%)で契約限度額200万円のケース
契約限度額200万円で契約し金利15%で100万円を借りた場合もシミュレーションしてみましょう。こちらもやはりアコムの利息負担のほうが小さくなりました。借入額が大きいため、その差も大きくなっています。

アコム プロミス
最低返済額:3万円 最低返済額:2万6,000円
完済までの期間:44回
(約3年8ヵ月)
完済までの期間:53回
(5年5ヵ月)
総利息額:29万5,849円 総利息額:36万4,015円

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

※利息は1ヵ月を30日とみなし計算
※アコムの「一定の割合」は3.0%で計算

アコムとプロミス比較ポイントその9:返済のしやすさ(月の返済額の低さ)で比較

利息と同じくらい大切なポイントが「返済のしやすさ」、つまり毎月の返済額です。どれほど利息が小さくても毎月の返済額が高額となると家計を圧迫してしまうため、破たんしかねません。

両社の最低返済額を以下にまとめました。10万~100万円までいずれもプロミスのほうが小さくなりました。

返済期間も長くなるため利息の負担は大きくなりますが、返済スケジュールが緩やかなのでまとまった借り入れをしやすいといえるでしょう。

最終借入金額 アコム プロミス
10万円 5,000円 4,000円
20万円 9,000円 8,000円
30万円 1万3,000円 1万1,000円
40万円 1万2,000円 1万1,000円
50万円 1万5,000円 1万3,000円
60万円 1万8,000円 1万6,000円
70万円 2万1,000円 1万8,000円
80万円 2万4,000円 2万1,000円
90万円 2万7,000円 2万3,000円
100万円 3万円 2万6,000円
公式サイト

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

※アコムは契約限度額=最終借入金額の場合

アコムとプロミスの比較ポイントその10:口コミの評価で比較

口コミの評価は、両社ともに「融資スピード」や「無利息キャンペーン」でポジティブな意見が集まりました。急な出費をカードローンで乗り切ったことや、無利息期間中の完済で負担が発生しなかったとする口コミが見られます。

【アコムの口コミ】

<使いやすさに関する口コミ>

いざという時に使えます
★★★★

私が利用した時は即日借入する事ができ、緊急を要していたのですごく助かりました。消費者金融というと金利が高い印象がありますが契約から30日間は金利が0になるので単発で借りたいだけという場合は特にデメリットもなく借りられます。本人確認の連絡等はあるのでそれだけは注意しておいた方がいいかもしれないです。私の場合も連絡はありましたのでアコムとは言わないですが勘の良い方なら気づいてしまうと思います。

20代・男性

<お客様対応に関する口コミ>

無利息サービスがあるので助かりました
★★★★★

5万円の借入をしたい時にアコムを利用しましたが、利息が一切発生しないで完済することができました。それは初回利用者には利息が最大30日間利息0円となるサービスがあるからです。これを上手に活用したので利息は全くかかりませんでした。さらに電話オペレーターの対応は、思ったよりも親切だったこともあり緊張せずに話すことができました。審査時間も早く20分くらいで終わりました。

40代・男性

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

【プロミスの口コミ】

<使いやすさに関する口コミ>

アプリが便利
★★★★

広告などにあるように、登録、借り入れなどが全てスマホひとつで完結しました。
審査も早く、申し込みをした後30分ほどで担当者の方から電話があり、確認が完了するとすぐに利用できます。アプリから返済内容、返済日の管理を一括で管理できるので、便利です。
UFJ銀行への振り込みキャッシングを利用しましたが、遅くとも翌日までには振り込まれていたのでとても便利だと思います。

20代・女性

<使いやすさに関する口コミ>

即日融資が出来るのはありがたいですね。
★★★★

消費者金融の利用は初めてだったので最初は不安でしたが、申込みがとても簡単なのですぐにお金を借りる事が出来ました。インターネットで済むのは便利ですね。有名な会社であるだけに多くの方が使っているので、安心感がありますね。正社員じゃなくても借入が可能なので助かりました。急な出費の時の救世主です。

20代・女性

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

家計支出のすべてを予測できるわけではありません。どうしても手元の現金が不足し支払いが滞ってしまうケースもあるでしょう。

そんなとき即日融資できる消費者金融系カードローンは心強い存在です。お金の不足に気づいた後でも申込日にすぐにお金を借りられるでしょう。無利息期間中に完済すれば負担もありません。

もっともあわてないためには、事前に契約しておくに越したことはないでしょう。「お金が足りない」となったときはどうしてもあわててしまいます。そんな中、審査結果を待つ時間や契約手続きに強いストレスを感じるかもしれません。

カードローンは「契約だけ行い、必要になるまでは使わない」という使い方もできます。いざというときにあわてたくない方は、先に契約だけ済ませておくといいでしょう。無利息キャンペーンも残しておきたい方は、初回借入まで日数がカウントされないプロミスがおすすめです。

アコムとプロミスの比較ポイントその11:審査の流れで比較

インターネットを通じて申し込む場合、アコムとプロミスの審査・契約までの流れは以下の通りです。両社に大きな違いはありません。

ステップ アコム プロミス
ステップ1.申し込み WEBサイトまたはアプリから申し込み
(24時間365日受付)
WEBサイトまたはアプリから申し込み
(24時間365日受付)
ステップ2.書類の提出 WEBアップロード、
またはアプリで撮影し提出
WEBアップロード、
またはアプリで撮影し提出
ステップ3.審査 最短30分 最短30分
ステップ4.契約 WEBで契約手続き WEBで契約手続き
公式サイト

アコムの詳細はこちら
(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら
(公式サイト)

審査の申し込みには「本人確認書類」の提出が必要です。WEB完結で申し込む場合、画像データをアップロードして提出するか、またはアプリで本人確認書類を撮影して提出します。

提出できる本人確認書類は以下のとおりです。提出方法や書類よっては複数必要なので注意しましょう。

アコム 運転免許証、保険証、パスポート、
マイナンバーカード(表面のみ)
プロミス 運転免許証、パスポート、保険証+住民票

アコムとプロミス、どちらが向いている?

9.アコム,プロミス
(画像=naka /stock.adobe.com)

アコムもプロミスもカードローン大手。そのため充実したサービスや特徴などは、実はそれほど大きな差はないともいえるでしょう。ここまで両社を比較してきましたがまだ判断ができない方もいるかもしれません。

そこで、ここではズバリどんな人がアコムまたはプロミスに向いているのか 、両者の特徴を踏まえながら分かりやすくお伝えします。

アコムとプロミスのどちらに申し込むか、まだ迷っている方は参考にしてください。

アコムに向いているのはこんな人

アコムに向いているのは、以下のような方です。

【アコムに向いている人】

  • 500万円超の借り入れを希望している人
  • 年収1,500万円以上の人
  • クレジットカードも検討している方

プロミスは、最大でも500万円までしか借りられません。500万円を超えてお金を借りたい場合、アコムを選びましょう。使い道が決まっていない場合でも、「万が一のためにできるだけ大きな限度額を持っておきたい」という方もアコムがおすすめです。

またアコムの下限金利は、3.0%とプロミスの4.5%より低い設定となっています。もっとも下限金利は契約限度額501~800万円の方に適用されますが、総量規制から年収1,500万円以上が求められます。年収の条件をクリアしているならアコムに申し込むといいでしょう。

クレジットカードも検討している方もアコムがおすすめです。「ACマスターカード」を選択すればクレジットカードとローンカードを1枚にまとめることができるほか、「バーチャルカード」と呼ばれるアプリ上で発行できるカードもあります。請求額が0.25%キャッシュバックされる点も魅力ですね。

見た目も通常のクレジットカードと変わらないため、周囲にカードローン利用者と気付かれる心配もありません。

10.アコム,プロミス
(画像=アコムHPより引用)

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスに向いているのはこんな人

一方、プロミスは、以下のような方に向いています。

【プロミスに向いているのはこんな人】

  • 少ない金額の借り入れを希望している人
  • 契約してから借り入れまで時間のある
  • 相談しながらカードローンを利用したい

プロミスの最も高い金利は17.8%です。これは、アコムの18.0%よりも低いため、契約限度額が少なくなりそうな人、つまり最も高い金利が適用される可能性が高い人は、プロミスを選ぶほうがいいでしょう。

契約限度額が500万円になる場合、プロミスでは最低金利の4.5%が適用される可能性が高くなります。最低金利が適用されると、300万円~500万円の金利が「4.7~7.7%」と公表しているアコムよりもお得です。

また契約後にすぐお金を借りる予定がない方もプロミスがおすすめです。プロミスの無利息キャンペーンは、「初回借り入れの翌日」から30日間無料です。そのため契約後、実際に借りるまでに時間がある場合などは、プロミスのほうがよりお得に利用できるといえるでしょう。

アコムは、契約の翌日から無利息日数のカウントが始まるため、契約後すぐでないと無利息でお金を借りられません。

11.アコム,プロミス
(画像=プロミスHPより引用)

カードローンを直接相談しながら利用したい方もプロミスがおすすめです。プロミスは全国に11の有人店舗を構えており、アコム(4店舗)より相談しやすいでしょう。

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

アコムとプロミス、両方を利用するメリットとデメリットとは?

12.アコム,プロミス
(画像=miya227 /stock.adobe.com)

ここまで「アコムとプロミスのどちらに申し込むか」というテーマで解説してきましたが、考え方を変えて、「アコムとプロミスの両方に申し込む」という選択肢はないのでしょうか。

結論からいうとアコムとプロミスの両方に申し込むことは可能です。

アコムとプロミス、両方を利用するメリット

アコムとプロミスの両方で契約する大きなメリットは、両社の無利息キャンペーンを利用できることでしょう。両社の無利息キャンペーンは、どちらも30日間です。しかしアコムとプロミスそれぞれで利用できれば合わせて最長60日間利息なしでカードローンを利用できます。

1社だけ契約するよりもお得に利用できるでしょう。複数持つことで「システムトラブルリスクを回避できる」という点もメリットです。カードローンは、なんらかのトラブルで一時的に利用できなくなってしまう可能性はゼロではありません。

複数のカードローンを契約しておけば万が一システムトラブルに巻き込まれた場合も安心です。

アコムとプロミス、両方を利用するデメリット

アコムとプロミスの両方を利用すると管理が難しくなる点は、デメリットです。それぞれで返済額や返済日を覚えておかなければ「延滞」してしまうかもしれません。延滞は、信用情報に記録されるため、以降の審査に悪影響を与えてしまいます。悪ければカードローン契約そのものが停止してしまうでしょう。

金利が不利になりやすいデメリットもあります。なぜなら複数社のカードローンを申し込むより1社の限度額を「増枠」するほうが低金利になりやすいからです。

例えばアコムとプロミスで50万円ずつ契約すると実質17.9%(アコムの上限金利18.0%+プロミスの上限金利17.8%)となる可能性があります。しかし1社で100万円の契約とすれば15%以上となることはありません。(利息制限法から)

また両社へ同時に申し込むと、審査に通過しにくくなる可能性はデメリットです。信用情報には申し込みの記録も残ります。同時に複数のカードローンを申し込むと資金繰りを疑われ、審査に悪印象を与えかねません。

アコムとプロミスの両方に申し込む場合、メリット・デメリットについてもしっかり把握しておきましょう。

アコムの詳細はこちら(公式サイト)

プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

カードローンとは?他の借入方法との違いも知ろう

13.アコム,プロミス
(画像=siro46 /stock.adobe.com)

ここで改めてカードローンとは何かを確認してみましょう。特に他のローンとの違いも知っておきたいところです。

カードローンとは?

カードローンとは、個人が利用できる融資サービスです。銀行や消費者金融といった金融機関がサービスを提供しており、個人事業主や経営者、法人向けのカードローンもあります。

審査に通過した契約者がローンカードを利用しATMなどから借入金を引き出すことが可能です。最近では、カードを発行せずインターネット経由で指定口座へ振り込んでもらうこともできます。

カードローンとキャッシングとの違い

ATMから借入金を引き出す方法には、キャッシングもあります。キャッシングとカードローンの違いも簡単に紹介します。

【キャッシング】
・クレジットカード会社がサービス提供
・クレジットカード付帯サービスのため利用時に審査が不要
・年15%程度と金利(手数料)が高め
【カードローン】
・金融機関・消費者金融等がサービス提供
・利用したい場合は申し込み・審査・契約が必要
・金利はキャッシングよりも低め

カードローンと目的別ローンとの違い

ローンの中には「目的別ローン」というものもあります。これらとの違いは何なのでしょうか。

【目的別ローン】
  • カーローン、住宅ローン、学資ローンのように借入金の使途があらかじめ決まっている
  • 金利はカードローンよりも低め
  • 借入限度額がカードローンより高い
  • 契約書や見積書などカードローンに比べ提出書類が多い
  • 住宅ローンの35年のように借入期間が長く設定されているものも多い
【カードローン】
  • 借入金の使途は決まっていない
  • 金利は目的別ローンより高い
  • 50万円以上など一定以上の借入額にならない場合は、提出書類は本人確認書類のみであることが多い
  • 即日融資可能な会社も多い。申し込みから契約、借り入れまでのスピードが早い
  • 契約限度額までならば、何度でも入出金自由

目的別ローンとカードローンの違いを知って上手に使い分けてください。

カードローンの申込条件

申込条件は、各社で少し異なりますが多くは以下の条件が付いている傾向です。

  • 年齢:20歳以上
    ※69歳までとしているカードローンも多い
  • 収入:安定した収入がある人。パート・アルバイトも可

申し込みには安定した収入があることが条件となります。正社員だけでなくパートやアルバイトでもかまいません。

ただし学生の申し込みについては、プロミスのように申し込み可能と条件に明記していないカードローンもあるため、念のためコールセンターなどで問い合わせるようにしてください。

年収1,500万円以下なら両社に大きな差はない

アコムの最大限度額は800万円と、プロミス(500万円)より大きく設定されています。またアコムで501万円以上の限度額を契約すると最低3.0%の金利で利用でき、プロミス(4.5%)よりも低い金利でカードローンを利用できるでしょう。

しかし、総量規制から500万円以上を借りるには年収1,500万円以上が必要です。これを超えない方にとって、両社に大きな差はないでしょう。どちらを選んでも構いません。

アコムとプロミスの両方に申し込む選択肢もあります。双方の無利息キャンペーンを利用できるメリットがありますが、管理の大変さや金利面のデメリットには注意しましょう。

アコムとプロミスのQ&A

Q

A
プロミスよりアコムが優れている点は?
最大限度額の大きさと下限金利の低さです。アコムの最大限度額は、800万円ですがプロミスは500万円なので、アコムの方がより大きなお金を借りられるといえるでしょう。ただし審査があるため、誰でも最大限度額まで借りられるわけはありません。また借り入れを申し込む方の信用力によって異なりますが、下限金利は、アコムが3.0%、プロミスは4.5%でアコムの方が低金利で借りられる可能性あるといえるでしょう。

Q

A
アコムよりプロミスが優れている点は?
上限金利が低い点と「セブン銀行」、「ローソン銀行」ATMにアプリが対応している点です。アコムの上限金利は18.0%に対してプロミスの上限金利17.8%と低いことから、プロミスの上限金利が優れているといえるでしょう。またATMからアプリを利用することができ、「セブン銀行」と「ローソン銀行」ATMに対応しているのがプロミス、アコムは「セブン銀行」ATMのみ対応しています。

Q

A
早く審査や融資を受けられるのはアコムとプロミスどっち?
プロミスの方が早く審査や融資を受けられるようです。内容によって異なりますが、アコムの審査は最短30分、最短60分で融資を受けることが可能。プロミスの事前審査は最短15秒回答(本審査あり)、最短30分で融資を受けられます。

Q

A
多くのお金が借りられるのはアコムとプロミスどっち?
アコムは最大800万円、プロミスは最大500万円までお金を借りられるので、アコムの方が多くのお金を借りられます。ただし貸金業法で年収の3分の1以上の方の借り入れを禁じてられています。

Q

A
アコムを利用するのに向いている人は?
年収1,500万円以上あり、500万円超える借り入れを希望している方に向いています。また「ACマスターカード」というクレジットカードもあるので、あわせてクレジットカードを申し込みたい方もおすすめです。

Q

A
プロミスを利用するのに向いている人は?
契約してから借り入れまでの時間があり、少ない金額で借り入れたい方に向いています。また全国に11の有人店舗があるため、直接店員さんに相談したうえでカードローンを利用したい方におすすめです。

Q

A
「キャッシング」と「カードローン」の違いは?
「キャッシング」は、クレジットカード会社がサービス提供しており、金利(手数料)が年15%程度と高いのが特徴。クレジットカード付帯サービスのため利用時に審査がいりません。また「カードローン」は金融機関・消費者金融等がサービスを提供。キャッシングよりも金利が低いのですが、利用時に申し込んで審査を受けた後、契約する必要があります。

若山卓也
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。

証券外務員一種、AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有。
Twitter:@FP38346079
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。

証券外務員一種、AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有。
Twitter:@FP38346079

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ