生活費が足りない、あるいは急な事故や病気などで 「どうしても10万円必要!」 という場面があるかもしれません。そんなときに おすすめしたいのはスピーディーかつ手軽に利用できるカードローン です。

今回は、どうしても10万円が必要な人のためにカードローンですぐに借り入れするための方法や注意点を解説します。

「どうしてもすぐに10万円が必要」なら、即日融資の消費者金融カードローンがおすすめ

カードローンには、主に以下の3つの種類があります。

・消費者金融カードローン
- 銀行カードローン
- 信販カードローン

この中でも 即日融資が可能なのは「消費者金融カードローン」 です。

なお銀行カードローンや信販カードローンは、消費者金融カードローンと比較すると融資までに時間がかかることが多いため、すぐに借りたい場合は避けたほうがいいでしょう。

では、 どこの消費者金融ならすぐに10万円を借りることができるのでしょうか。 次からは、具体的な会社を挙げておすすめを紹介していきます。

大手消費者金融カードローン「一番早く借りられるのはどこ?」

下記の5社は、いずれも「即日融資」をうたっています。 また、土日借り入れも可能なので、急ぎでどうしても10万円必要な時には要チェックの会社ばかりです。

・アイフル
- レイクALSA
- プロミス
- SMBCモビット
- アコム

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

今回は、さらにこの中からおすすめの 3社をピックアップして紹介 します。 「少しでも早く、どうしても10万円を借りたい」という人は必見 です!

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~17.8% 最短30分
申込はこちら
creativeref:1011l33656 5万円以下なら
180日間
(※2)
4.5~18.0% 最短即日融資
(※1)
申込はこちら
モビット 初回のみ
30日間
3.0~18.0% 即日融資
申込はこちら

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~
17.8%
最短30分
申込はこちら
creativeref:1011l33656 5万円以下なら
180日間
(※2)
4.5~
18.0%
最短即日融資
(※1)
申込はこちら
モビット 初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
即日融資
申込はこちら

プロミス:最短30分融資! 

【プロミスのおすすめポイント】
  • 最短30分融資可能!
  • 30日間の無利息期間あり
  • 他社より低い上限金利17.8%

スマホから申し込みをする 「少ない入力項目で最短15秒回答」 というサービスなら最短15秒で事前審査(※)・30分で融資と かなりスピーディーに10万円を借りる ことができます。なお土日祝日・夜間でも申し込でき原則24時間振込が可能です。

初回契約時の 融資上限額は50万円 までとなっています。「とにかく急ぎで10万円借りたい」という人にぴったりのサービスといえるでしょう。

ただし申し込み時間は9~21時で、少なくとも30分前には申し込みを完了していないと融資は翌日以降になる可能性があります。 申し込み時間には注意 しましょう。

またプロミスでは、 30日間の無利息期間 もあるため、10万円をすぐに返済すれば利息がかからずに利用することもできます。

実質年率 4.5~17.8%
審査時間 最短30分
(最短15秒事前審査)
融資スピード 最短30分
無利息期間 30日間
※はじめての借り入れの翌日から
プロミスの詳細はこちら

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

レイク ALSA:審査時間最短15秒!その場で審査結果が分かる

レイクALSA
(画像=レイクALSA)
【レイクALSAのおすすめポイント】
  • 最短15秒審査!その場で結果を確認できる
  • 60日間・180日間の無利息期間は消費者金融の中で最長(※2)
レイクALSAの特徴は、何と言っても審査時間の早さです。 最短15秒で審査結果 が分かります。さらに特徴的なのは、以下の時間であれば 審査結果をスマホなどにそのまま画面表示して確認できる ことです。
審査結果のお知らせ時間
通常 8:10~21:50
毎月第3月曜日 8:10~19:00
※この時間以外では審査結果はメールなどで届きます。 その場で審査結果が確認できるため、よりスピーディーに借り入れまで進めることができるでしょう。 さらにレイクALSAは、 無利息期間が5万円ならなんと180日間 です。「少額を今すぐ借りたい」という場合は、ぜひ検討してみてください。
実質年率 4.5~18.0%
審査時間 最短15秒
融資スピード webで最短60分融資も可能(※1)
無利息期間 60日間(全額)もしくは180日間(5万円)
※どちらも契約日の翌日から
(※1)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイクALSAの詳細はこちら

アコム:「3秒診断」で借り入れ可能か事前にチェック

【アコムのおすすめポイント】
  • 審査時間最短30分、最短即日融資
  • 「3秒診断」でスピーディーに借り入れ可能かチェックできる
  • 30日間の無利息期間あり
アコムの公式サイトには 「3秒診断」 が用意されているため、3つの質問で借り入れ可能かどうかを確認できます。実際の審査結果とは異なる場合がありますが事前に借り入れの目安を検討できるのは便利ですね。 審査時間も最短30分 と早く、最短で即日融資も可能な点もおすすめの理由です。またアコムをはじめて利用する人は、 契約日の翌日から30日間は無利息期間 となります。 10万円をサクッと借りてサクッと返却すれば金利を負担せずお得に利用できるでしょう。
実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
アコムの詳細はこちら

どうしても10万円を借りたいなら!即日融資のための注意点

ここまで紹介したのは、いずれも最短でその日に融資が可能なカードローンばかりです。しかし 即日融資を受けるためには注意点 があります。

即日融資を受けるための注意点1:「申し込み時間」

多くの消費者金融カードローンでは、24時間申し込み可能をうたっています。また審査時間も30分~1時間としている会社も多く、審査が通れば即日で借り入れすることが期待できるでしょう。

ただし 申し込み時間によってはその日に審査ができず借り入れが翌日になってしまう こともあるため、注意が必要です。

即日融資を受けるためのポイントは「各社の審査可能時間」までに申し込みを完了できるかどうか」です。

例えば「審査回答時間」が21時までかつ審査時間に30分必要な消費者金融の場合、どんなに遅くとも20時30分までに申し込みを終わらせないと即日融資は難しいでしょう。この「審査可能時間」は、消費者金融会社によって異なります。

気になるカードローン会社がある場合は事前に公式サイトをチェックしましょう。

即日融資を受けるための注意点2:「在籍確認」

在籍確認とは「申込書に記載(入力)した勤務先へ本当に勤めているのか」を電話などで確認することです。

「虚偽の申告をしていないのか」を確認するためのものであり、基本的に ほとんどの消費者金融で在籍確認は行われると認識しておいたほうがいい でしょう。

ただし 必ずしも在籍確認の電話連絡を本人が受ける必要はありません。 なぜなら在籍していること自体が確認できればいいからです。

そのため平日など会社に誰かがいる場合は、申込者がその場にいなくても問題はないでしょう。ただし土日祝日の場合は、会社に誰もおらず在籍確認が完了できないケースがあります。また「フルリモートで会社に誰も出社していない曜日がある」「平日休みの会社に勤めている」といった場合などは在籍確認ができず審査完了にはなりません。

上記のような場合、各社のフリーダイヤルなどに相談をして 「電話確認以外の在籍確認方法はないのか」 について相談してみましょう。

「数日後に10万円が必要な場合」は、金利の低い銀行カードローンもおすすめ

緊急で10万円が必要な人には消費者金融カードローンがおすすめですが、 時間に余裕がある人は銀行カードローンも検討 しましょう。

なぜなら 銀行カードローンのほうが消費者金融カードローンより金利が低い傾向 にあるからです。例えば以下の5社のように比較的上限金利の低いところもあります。

三井住友銀行 4.0~14.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%

消費者金融カードローンは、約3.0~18%という金利が多いため、比較すると銀行カードローンの金利が低いことが分かります。

ただし 銀行カードローンは、原則土日の審査は行っていません。 また 「即日融資も難しい」 という点も留意しておきましょう。

次から、上記5社の中から特に おすすめの3社 を紹介します。

みずほ銀行カードローン:金利の低さが魅力

実質年率 2.0~14.0%

今回紹介した銀行カードローンの中で 金利が最も低いのがみずほ銀行カードローン です。

みずほ銀行の口座を保有している人であればWEB完結申し込みができます。また みずほ銀行のキャッシュカードでカードローンも利用できる ため、新しくカードを作る面倒さもありません。普段からみずほ銀行を利用している人には特におすすめです。

毎月の返済額も最低で2,000円~のため、利用しやすいでしょう。

三井住友銀行カードローン:新たに口座開設せずに利用できる

実質年率 4.0~14.5%

三井住友銀行カードローンは、 三井住友銀行の口座がなくても申し込み可能 な銀行カードローンです。手軽に利用できるため、カードローン初心者にもおすすめ。

また申し込み時に来店は不要で24時間Webから申し込みできます。安定した収入がある人であれば パートやアルバイトの人でも利用可能 です。

>>三井住友銀行カードローンの詳細をみる(公式サイト)

楽天銀行スーパーローン:楽天ポイントユーザーならぜひ!

実質年率 1.9~14.5%

普段から 楽天関連のサービスを利用している人 にとっては、楽天銀行スーパーローンもおすすめです。

楽天銀行口座を持っていない人でも申し込みができる ため、申し込みのハードルも低いのではないでしょうか。

申し込み完了で期間限定の楽天ポイントが1,000ポイントもらえるなどのキャンペーンも(2021年2月時点)。楽天銀行スーパーローンでは、このような さまざまなキャンペーンを実施していることが多い ため、気になる人は公式サイトを確認してみてください。

>>楽天銀行スーパーローンの詳細はこちら

10万円を借りるために必要な書類を確認 

カードローンの申し込み時には、大きく分けて 2つの書類が必要 です。

・本人確認書類
- 収入証明書

本人確認書類

本人確認書類は必須書類です。下記がカードローンの申し込みで使用できる 本人確認書類 の例です。

運転免許証 健康保険証
マイナンバーカード 在留カード特別永住者証明書
パスポート 年金手帳

多くのカードローンでは本人確認書類の中から1点、もしくは2点の提出を求められます。 申し込み前に本人確認書類を準備しておくとスムーズに審査を進めることができる でしょう。

上記はあくまで一般的なカードローンの申し込み例です。金融機関によって「本人確認書類」として何を用意したらいいかは異なります。検討している金融機関のHPで必ずチェックしておきましょう。

収入証明書

カードローンの申し込み時に以下のどちらかに該当する人は「収入証明書」の提出を求められます。

・借入金額が50万円を超える場合
- 他の金融機関と合計して借入金額が100万円を超える場合

例えば「申し込みを検討しているカードローン以外で70万円の借入額がある状態」で新しく40万円のカードローン申し込みを行う場合は、合計で100万円を超えるため、収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書は、本人確認書類と異なり手元にない場合は準備をするのに時間がかかるかもしれません。収入証明書は、以下の中から1点必要です。

源泉徴収票 市民税・県民税額決定通知書
給料明細書 確定申告書・青色申告書・終始内訳書
所得証明書

金融機関によって収入証明書は異なります。そのため申し込み前に 「何が有効な収入証明書にあたるのか」 について必ず申し込みする金融機関の公式サイトをチェックしておきましょう。

「どうしても10万円必要な人」が、カードローンを利用する前にチェックすべきこと

カードローンを利用する前に 確認しておきたい注意点 は以下の2つです。

注意点1:「総量規制」での借り入れ規制

「総量規制」とは、 年収の3分の1を超える借り入れを防止 するための法律です。

例えば 年収300万円の人であれば最大でも年収の3分の1となる100万円までの借り入れ しかできません。1社からの借入額ではなく利用しているすべての貸金業者の合計値に対して規制されます。

ただし 総量規制は、銀行カードローンからの借り入れは対象外 です。とはいえ銀行側も過度な借り入れをして消費者が苦しまないように自主規制をしています。そのため 銀行カードローンであっても年収の3分の1を超える借り入れは難しいケースも あります。

まとまった金額の借り入れを検討している人は、総量規制を念頭に置いて借入金額を決めるようにしましょう。

注意点2:「利息制限法」で決まっている上限金利

カードローンは、基本的に借り入れした日数分の利息が発生します。この 「利息」 は利息制限法という法律により以下のように決まっています。

元本額が10万円未満 年20%まで
元本額が100万円未満 年18%まで
元本額が100万円以上 年15%まで

利息制限法によって利息の制限がかかっているため、各社似たような金利設定になっています。

逆に 利息制限法を無視した金利設定をしている金融機関は違法業者 となるため、要注意です。利息制限法を無視した金融機関からの借り入れはトラブルのもととなりかねません。

借り入れを検討する前に 「利息制限法を無視した金利設定になっていないかどうか」 について契約条件を確認しましょう。

カードローン以外で10万円を用意する方法 

ここまで消費者金融カードローンや銀行カードローンで10万円を用意する方法について解説してきましたが、 カードローン以外にも10万円を用意する方法 はあります。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードの多くにはキャシング枠が付帯しています。 キャッシング枠がある場合は、すでに審査が終わっているため、すぐにお金を借りることが可能 です。

ただしクレジットカードのキャッシングは、 金利が15.0~18.0%程度と比較的高いことがデメリット。 そのため少額の借り入れかつ返済計画が明確な人にとってはおすすめの方法といえます。

いらないものを売る

不用品を売ることも現金を手にする一つの方法 です。

物によっては想像以上の高値がつくこともあります。フリマアプリで誰でも簡単に売買できるため、ブランド品などを持っている場合は利用してみるのもいいでしょう。

フリマアプリは、スマホ一つあれば簡単に利用できる点はメリットです。しかし手数料が必要な場合もあるため、サービスを開始する前に確認しましょう。

また購入者からのクレームでトラブルに巻き込まれるケースもあるため、注意が必要です。

生命保険の契約者貸付

契約している生命保険を活用してお金を借りることができるの が「契約者貸付制度」。

本来支払われる解約返戻金を担保に、保険会社からお金を融資してもらえる制度です。返済が遅れた場合などは、保険が失効する可能性もある点は留意しておきましょう。

緊急小口資金

一時的に世帯の自立を支援するための貸付制度が 「緊急小口資金」 。緊急小口資金は個人ではなくあくまでも“世帯”の自立を支援するための制度です。

各市町村の自立相談支援機関に相談し、審査が通れば貸付が決まります。貸付内容や条件、返済期間なども細かく決まっているため詳細については各市町村のHPで確認しましょう。

シーン別、おすすめの10万円借入方法

今日中に10万円を用意したい人:消費者金融カードローン

今日中にでも10万円を用意したい人は、即日融資が可能な 消費者金融カードローン をおすすめします。

注意点は「申し込みを20時までに終わらせること」です。また 在籍確認 という審査項目があることを覚えておきましょう。

また土日祝日など会社に電話をかけても対応できないときがあれば、あらかじめコールセンターなどで相談しておくと審査をスムーズに進められる場合もあります。

低金利で10万円を用意したい人:銀行カードローン

低金利で10万円を借り入れしたい場合は、 銀行カードローン がおすすめです。

銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて 金利が低い傾向 があります。ただし即日融資はできない仕組みになっているため、時間に余裕がある人向けといえるでしょう。

新しくカードローンに申し込みをしたくない人:クレジットカードのキャッシング枠

新しくカードローンの申し込みをしたくない人は、 クレジットカードのキャシング枠 がおすすめです。

普段利用しているクレジットカードを利用して借り入れができるため、 新規で申し込みする必要がありません。 「普段利用しているクレジットカードにキャシング枠があるのか」「どの程度の借り入れが可能なのか」を確認しておきましょう。

ただし 金利は、消費者金融カードローンと同程度のことが多いので高め と感じるかもしれません。

どうしても10万円を借りたい専業主婦の人:「配偶者貸付」があるカードローン

多くのカードローンでは、安定収入がない専業主婦は申し込みすることはできません。しかし 「配偶者貸付」を行っている消費者金融であれば専業主婦でも申し込みすることができます。

配偶者貸付とは、配偶者と年収を合算してその年収の3分の1まで借り入れを行える制度のことです。

例えばベルーナノーティスの「レディースローン」なら専業主婦でも借り入れ申し込みができます。 配偶者の同意が必要など申し込みの条件はありますが検討してみてもいいでしょう。まずは、各社の申し込み条件などを確認して専業主婦でも利用できるかを確認することから始めましょう。

どうしても10万円必要なら、消費者金融カードローンがベスト

どうしても10万円が今すぐに必要な人にとってカードローンは最善の方法といえます。特に消費者金融カードローンならスピーディーに借り入れすることができるでしょう。

ただしどんな方法でも「お金を借りる」ということは、それぞれにメリット・デメリットがあります。借りられるから……と無計画に借り入れをせずそれぞれの借入方法のメリット・デメリットを十分理解して計画的に利用しましょう。

(※2)≪60日・180日共通の注釈≫
※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
≪60日間無利息の注釈≫
※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
≪180日間無利息の注釈≫
※契約額1万円~200万円まで
≪貸付条件≫
融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長8年、最大96回
必要書類 "運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

鴨志田大輔
執筆・鴨志田 大輔 (かもしだ だいすけ)
ファイナンシャルプランナー
大学卒業後、広告代理店に入社。社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識を持っている方が人生は豊かになると痛感。 人生をより幸せで豊かにするためにお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。現在は、初心者の方が見て分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している。
ファイナンシャルプランナー
大学卒業後、広告代理店に入社。社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識を持っている方が人生は豊かになると痛感。 人生をより幸せで豊かにするためにお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。現在は、初心者の方が見て分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している。

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ