ジメジメと湿気が気になり始める季節。雨が続くと、布団を外に干せずに雑菌の繁殖や汚れが気になってくる方も多いでしょう。毎日使うものですから、すっきり清潔に保ちたいですよね。

とはいえ重くて大きな布団をどうやって洗えば良いのでしょうか?そこで専門業者に依頼する「布団のクリーニング」について調べてみました。

布団には見えない汚れや雑菌がたくさん!?

私たちが毎日使う布団には、見えない汚れや菌がたくさん付着していると言われています。それは、どのようなものなのでしょうか?

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくとされていますが、その汗はニオイや雑菌を繁殖させる原因となります。また、汗に含まれた皮脂などはダニの餌になるとも言われています。特に春から夏にかけては気温も湿度も高くなり、汗をかきやすくなる季節ですね。一見、白く綺麗に見える布団やシーツも、目に見えない汚れが付着しているかもしれません。

しっかりお手入れをして清潔に保つことをおすすめします。

洗濯した方が良い時期、タイミングとは?

しっかりお手入れが必要とはいえ、布団は大きくて重く干すのも一苦労。天気にも左右されるため、つい後回しにしてしまいがち。さらに布団の適度な洗い時が分からず、気がつけば数カ月以上経っている、なんていうこともあるかもしれません。

布団のお手入れのタイミングはいつが良いのでしょうか?

布団の洗濯時期と頻度

布団は毎日使うものなので、できる限り清潔な状態で使いたいですね。しかし、あまり頻繁に洗ってしまうと生地や詰め物が傷んでしまう可能性も心配です。特にデリケートな素材のものには注意が必要です。

布団はもともと頻繁に洗うことが推奨されているものではないそうです。布団カバーをこまめに洗濯したり、天日干しをしたりと、丁寧に手入れをすることで、ある程度は清潔に保つことができるでしょう。そして半年~1年に1度ほど布団クリーニングに出し、丸洗いしてもらえば十分と言えるでしょう。

もう少しこまめに丸洗いをしたいという方は、水洗い可能で洗濯に強い素材の布団を選ぶのも良いですね。たとえば、長期間押し入れやクローゼットにしまい込んでいた布団を出して使う前や、夏の間に使った布団をしまう前など、“布団の衣替え”の時期に合わせて布団全体を洗って清潔にしておくことをおすすめします。

洗濯できる布団の種類と注意点

布団の素材によっては、クリーニングが難しいものもあります。素材それぞれに合ったお手入れをしっかり覚えておくと安心ですね。ここでは、素材別の特徴や、洗濯の注意点をご紹介します。

羊毛が使われた布団

羊毛に防虫加工を施し、製綿したものです。掛け布団にも敷き布団にも適した素材で、吸放湿性が特に優れていると言われています。自宅での洗濯は、基本的にはしないほうが良いとされています。自宅での洗濯では、繊維同士が絡み合い大きく縮んでしまう可能性が高いようです。

部分的な汚れであれば、あまり水に濡れすぎないよう注意し、やさしく手洗いすることが可能と言えますが、全体的な汚れやニオイが気になる場合は、布団のクリーニングに出すことをおすすめします。

羽毛が使われた布団

羽毛に防虫加工を施し、製綿したものです。ガチョウ・アヒルなどの水鳥の羽毛が原料とされています。保温性が抜群によく、お手入れも比較的簡単なので、今では掛け布団のスタンダードになっています。

最近では、自宅で洗える羽毛布団も多く販売されおり、自宅での布団丸洗いに挑戦する方も多いでしょう。その際、最初に必ずチェックして欲しいのは洗濯表示です。水洗いマーク、手洗いマーク、洗濯機マークが記載されていたら、その布団は洗っても大丈夫と言えます。しかし水洗いマークにバツが付いているものは、そもそも水洗いができない布団です。この場合は、布団のクリーニング店や布団の販売店など、専門知識のある方に一度相談したほうが良いでしょう。

ポリエステルが使われた布団

水と石油と石炭を原料とした繊維で、近頃はポリエステルが主流と言えます。洗う事を前提に作られた化学繊維のものもあり、洗濯に強いタイプも多く販売されています。こまめに洗濯が可能なので、アレルギーの方や清潔志向の方にはおすすめと言えます。