香川県の方言についてご紹介します。他県には通じないような讃岐弁が多数あります。予想外の意味が分かるとても楽しいです。定番の香川弁、面白い香川弁、可愛い香川弁での告白フレーズなど多数ありますので興味のある方は見てみてくださいね。

 

【香川の方言】讃岐弁の種類と特徴

香川県の方言の種類や特徴についてご紹介します。香川県の方言は雰囲気がやわらかいので、聞いていてほっとします。気になる方は見てみてくださいね。

 

讃岐弁は大きく分けて3種類

語尾に香川弁の種類の違いがあらわれるといわれています。東讃弁の語尾は「~やの」「~やけん」などといったやわらかめのイントネーションが多いです。徳島県よりの地域から高松市くらいまでの主に香川県の東側で使われます。西讃弁は広島弁に少し似ています。香川県の西側で主に使われます。語尾が「~やきん」「~やのう」「~じゃな」といった男性的で力強い印象です。

小豆島で使われる讃岐弁はそれほど違いはないですが、若干の違いがあります。例えば、「それ貸して下さい」というとき東讃弁では「それ貸してたー」、西讃弁では「それ貸してつか」、小豆島地域では「それ貸していた」となります。

 

讃岐弁の特徴3つ

1つ目の特徴として、香川県は近畿地方や中国地方との接点が多かったため、近畿地方や中国地方の影響を受けています。方言だけでなく、近畿や中国地域の言葉やなまりが自然と混じることもあります。2つ目に、讃岐弁は語尾がとても可愛いです。「~の」、「~な」、「~ね」といった言葉が多いです。この可愛い語尾となまりが柔らかい雰囲気にするポイントです。

3つ目に、香川弁はイントネーションが近畿に近いです。関西弁を話していると勘違いする人もいます。イントネーションは近いですが、印象は香川弁の方が柔らかいです。可愛いなまりが特徴です。

 

讃岐弁で『あいさつ』や『ありがとう』を伝える時は?

香川県では「ありがとう」というのは特徴的な方言はないですが、挨拶は独特なものがあります。「なんがでっきょんな」というフレーズが香川で挨拶代りに使われることがあります。何をしているの?と聞いているわけではなく、挨拶としてのニュアンスがあります。「なんがでっきょんな」と言われて、「なんちゃでっきょらん」と答えるというのがパターンです。

 

【讃岐弁】他県民に通じない・笑われる方言10選

香川県の多県民に通じない、笑われる方言をご紹介します。思わずびっくりするものもあるのでぜひ見てみてくださいね。

 

①お腹がおきる

標準語で「お腹がいっぱいになる」ということを意味します。食事の後などお腹がいっぱいになった状況で使います。

例文『食べ過ぎてお腹が起きた』
標準語『食べ過ぎてお腹いっぱい』

 

②じゅじゅむ

標準語で「インクがにじむ」という意味です。インクがにじんでしまったときに使います。

例文『インクがじゅじゅんできた。』
標準語『インクがにじんできた。』

 

③ほんだらな

標準語で「じゃあね」という意味を示します。別れ際に使います。

例文『今日はありがとう!ほんだらな!』
標準語『今日はありがとう!じゃあね!』

 

④なんちゃでないよ!

標準語で「何でもないよ」という意味を持ちます。どうした?ときかれた状況で使います。

例文『なんちゃでないよ!』
標準語『何でもないよ!』

 

⑤~りょる

標準語で「~している」という現在進行形の意味があります。現在進行形のことを伝えたいときに使います。

例文『かなり勉強頑張っりょるね。』
標準語『かなり勉強頑張っているね。』

 

⑥じょんならん

標準後で「どうにもならない」という意味のフレーズです。どうしようもないときに使います。

例文『もうこれは難しすぎて、じょんならんな。』
標準語『もうこれは難しすぎて、どうにもならないな。』

 

⑦けっこい

標準語で「きれい」という意味の言葉です。きれいな人や物を褒めるときに使います。

例文『うわー!花嫁さんけっこいな!』
標準語『うわー!花嫁さんきれいやな!』

 

⑧しゃんしゃんしなよ!

標準語で「早くして!」という意味のフレーズです。急がせたいときに使います。

例文『時間がない!しゃんしゃんしなよ!』
標準語『時間がない!早くして!』

 

⑨どくれる

標準語で「すねる、ふてくされる」という意味の言葉です。すねている人に対して使います。

例文『どくれてないで、早くこっち来なさい!』
標準語『すねてないで、早くこっちに来なさい!』

 

⑩さら

標準語で「新しいもの」という意味の言葉です。新しいものを表現するときに使います。

例文『その絵の具、さらやけん大事に使って!』
標準語『その絵の具、新しいから大事に使って!』

 

【讃岐弁】日常会話で使われる定番の方言15選

日常会話で使われる定番の方言をご紹介します。香川の方言について知りたいという方必見です。

 

①えらい

標準語で「しんどい」を意味する言葉です。身体がきついときに使います。

例文『今日は、朝からずっとえらいわ。』
標準語『今日は、朝からずっとしんどいわ。』

 

②なんしょん?

標準語で「何してるの?」という意味のフレーズです。相手に尋ねるときに使います。

例文『今、なんしょん?』
標準語『今、何してるの?』

 

③いっきょん?

標準語で「行ってるの?」という意味のフレーズです。親しい間柄でよく使われます。

例文『もう学校に、いっきょん?早いね!』
標準語『もう学校に、行ってるの?早いね!』

 

④ほんま

標準語で「ほんと?」という意味のフレーズです。驚いたときに使います。

例文『えっ、それってほんま?』
標準語『えっ、それってほんと?』

 

⑤おもっしょい

標準語で「面白い」を意味します。面白いことを伝えたいときに使います。

例文『あの映画、すごくおもっしょい!』
標準語『あの映画、すごく面白い!』

 

⑥なんぼ?

標準語で「いくら?」という意味のフレーズです。値段を尋ねるときに使います。

例文『おばちゃん、このお菓子なんぼ?』
標準語『おばちゃん、このお菓子いくら?』

 

⑦こそばい

標準語で「くすぐったい」を意味します。くすぐり合うときに使います。

例文『もう、こそばいけん、逃げるよ。』
標準語『もう、くすぐったいから、逃げるよ。』

 

⑧おる

標準語で「居る」を意味します。香川では「折る」という意味ではなく「居る」という意味で使われます。

例文『えっそこにおったんや!』
標準語『えっそこに居たんや!』

 

⑨むつごい

標準語で「味がしつこい」という意味です。濃い味のものを食べたときに使います。

例文『このてんぷら、たくさん食べると味がむつごいな!』
標準語『このてんぷら、たくさん食べると味がしつこいな!』

 

⑩まけた

勝負に負けたという意味で標準語では使われますが、「こぼれた」という意味の方言です。何かをこぼしたときに使います。

例文『あっお湯がまけた。』
標準語『あっお湯がこぼれた。』

 

⑪よっけ

標準語で「たくさん」を意味します。数が多いことを表現したいときに使います。

例文『遊園地に行ったら、よっけ人がおった。』
標準語『遊園地に行ったら、たくさん人が居た。』

 

⑫はじかい

標準語で「チクチクする、イガイガする」という意味があります。セーターがチクチクしたり喉がイガイガしたりしたときに使います。

例文『このセーターすごくはじかい。』
標準語『このセーターすごくチクチクする。』

 

⑬はがい

標準語で「ムカつく」「腹が立つ」という意味があります。嫌なことがあったときに使います。

例文『もう、あいつはがい!』
標準語『もう、あいつ腹が立つ!』

 

⑭ちみきる

標準語で「つねる」の意味があります。喧嘩してつねられたときに使います。

例文『お兄ちゃんがちみきった。』
標準語『お兄ちゃんがつねった。』

 

⑮おらぶ

標準語で「叫ぶ、怒鳴る」という意味があります。大きな声を出すときに使います。

例文『そんなにおらばんで!』
標準語『そんなに怒鳴らんで!』