関西弁、東北弁などはよく使うのに「東京弁」は聞き慣れない言葉です。東京弁とは東京の方言のことですが、東京の言葉は標準語だから、東京に方言などないと思っている方がほとんどのため、「東京弁」が聞き慣れない単語に感じる訳です。今回は東京弁について調べてみます。

 

【東京弁】その言葉、標準語じゃなくて東京の方言かも?

東京の言葉は標準語なので、方言はないと思っている方が多いかもしれませんが、実はそうではありません。明治維新以降、東京の言葉を基本にして標準語が作られたため、東京には方言がないと思われがちですが、東京にも方言やなまりは存在しています。

特に東京の人にとっては自分の話している言葉は標準語だという思い込みがありますが、地方出身者にそれってどういう意味?と聞かれて初めてその言葉が東京弁と気づくかもしれません。単語自体が標準語にはないものや、イントネーションが違う場合もあります。今回は東京の方言である東京弁についてご紹介します。

 

東京弁と標準語は全く別のもの

東京弁とは東京の方言のことをいいます。東京弁には「江戸言葉」と「山の手言葉」、他にも「多摩弁」、「八丈方言」、「小笠原方言」、「北部伊豆諸島方言」などがあります。一方、標準語は明治維新後に「山の手言葉」を基にして作られた言葉です。そのため、東京の言葉は標準語だと思われがちですが、実際には標準語とは違う単語やイントネーションが意外にたくさんあります。

 

【東京弁】東京の方言『江戸言葉』と『山の手言葉』とは?

東京の言葉は徳川家康が江戸に入城し、発展することで日本各地の人が入り込み作られていった言葉です。そのため、徳川氏ゆかりの三河言葉や、西日本の言葉の要素が多くみられます。また、江戸には町人や商人も多く、士農工商の身分制度がしっかりしていた時代のため、身分によって使う言葉も違いました。それらの要素を含め、江戸の言葉は他の関東の言葉と全く違っています。

江戸の町の言葉は大きく分けると「江戸言葉」と「山の手言葉」があります。この2つの言葉は標準語と比べると、単語自体が違っていたりやイントネーションが違うものがあります。普段標準語だと思って使っている言葉やフレーズが、実は江戸言葉や山の手言葉かもしれません。まずはこの2つの言葉について詳しくご説明します。

 

江戸言葉の特徴

江戸言葉は下町言葉ともいい、江戸の町(現在の下町エリア)で話される町人や商人たちの言葉で、東京弁の多くはこの下町言葉にみられます。現在は噺家など一部の人だけが使用する言葉で、ほとんど聞かれなくなりました。江戸言葉と言っても職人の使う言葉と商人の使う言葉にも違いがあり、時代劇でよく聞く「べらんめい調」という、少し乱暴な言葉は職人の使った言葉です。

江戸言葉の特徴の一つは「ひ」と「し」が反対になるというなまりがあります。例えば、東は「しがし」、質屋は「ひちや」になります。また、「じゅ」が「じ」になり、これは新宿が「しんじく」、武術が「ぶじつ」なるなまりです。その他にもアイ、アエ、オイの母音がエーにウイがイーになる場合もあります。例えば、お前が「オメー」に、買い物が「ケーモノ」になります。

 

山の手言葉の特徴

山の手言葉は江戸言葉と違い、江戸の上級武士の間で使われた言葉を基に明治以降作られた言葉です。山の手言葉の特徴の一つが敬語表現が非常に発達していることです。また、ガ行に鼻濁音が存在します。鼻濁音は鼻に音を抜けるようにする発音で、標準語を作る際にも取り入れられましたが、定着することはなく、現在はアナンサーなどの話す言葉などに一部残っているだけです。

また、江戸言葉ほどではありませんが、「ひ」と「し」が入れ替わることもあります。山の手言葉の代表的なフレーズは「ごきげんよう」、「ざます」、「あそばす」といった丁寧で気取った感じのするものになります。

 

【東京弁】標準語と勘違いしやすい東京の方言10選

これも東京弁なの?と思ってしまう、現在でもよく使う表現をご紹介します。

 

①しょっぱな

しょっぱなは漢字では初っ端と書き、初めからという意味の言葉です。くだけた雰囲気の中で使われることが多いです。

例文『しょっぱなから失敗した』
標準語『最初から失敗した』

 

②かたす

かたすは物を片付けるという意味で、現在でもよく使われますが、東京の方言です。どんなシチュエーションにもよく使う言葉です。

例文『本をかたしてください』
標準語『本を片付けてください』

 

③あんまり

あんまりはあまりという意味で、あんまり~でないというフレーズで使い、否定したい時に使う言葉です。

例文『甘いものはあんまり好きでない』
標準語『甘いものはあまり好きでない』

 

④乗っかる

何かの上に乗る時に使われる東京弁で、これもどんなシチュエーションにも使う言葉ですが、乗り物に乗る時には使いません。

例文『踏み台に乗っかって上の物を取る』
標準語『踏み台に乗って上の物を取る』

 

⑤おっかない

おっかないは恐ろしい、怖いといった意味の東京弁です。元々は東京弁ですが、現在では東日本一帯で使われています。恐れている時に使います。

例文『おっかない所には近寄らない』
標準語『恐ろしい所には近寄らない』

 

⑥うざい

うざいは新しい言葉と思われがちですが、実はめんどうでうっとうしいという意味の東京弁です。うざいは現在、日本全国で使われています。仲間内で使うことが多いです。

例文『あの子はうざい』
標準語『あの子はうっとうしい』

 

⑦しょっぱい

しょっぱいは塩辛いという意味の東京弁です。どんなシチュエーションにもよく使う言葉です。

例文『今日のお味噌汁はしょっぱい』
標準語『今日のお味噌汁は塩辛い』

 

⑧まじ

まじは本気であるという意味の言葉で、若い人を中心に近年ではよく使われていますが、これもまた東京の方言です。仲間内のくだけた雰囲気で使われます。まじで?の場合は本当に?という意味にもなります。

例文『まじで頑張る』
標準語『本気で頑張る』

 

⑨いかさま

ずるや詐欺、だます小細工のことを意味します。これも東京弁で、だましたりだまされたりするシチュエーションで使用します。

例文『あいつはいかさま師だ』
標準語『あいつは詐欺師だ』

 

⑩すげー

すげーはすごいが江戸なまりしたものです。現在は全国各地で使われていますので、標準語だと思われがちですが、元々は江戸弁です。粗暴な言葉なので、心許し合う仲間同志で使います。

例文『オメーのかーちゃんすげーな』
標準語『おまえのお母ちゃんすごいな』

 

【東京弁】日常で使う定番の方言・フレーズ10選

東京弁の定番といわれる、今でもよく使われるフレーズをご紹介します。

 

①あんだって?

あんだって?はバカ殿さまがよく使う言葉ですが、なんだって?という意味です。現在も少しふざけて使うことがあるかもしれません。何か相手に言われ、聞き返す時に使います。

例文『え?あんだって?』
標準語『え?なんだって?』

 

②ごきげんよう

ごきげんようは山の手言葉で、挨拶する時に使います。こんにちは、おはようございます、さようならなどどんな場面でも使える便利なフレーズです。

例文『ごきげんよう、また明日』
標準語『さようなら、また明日』

 

③~さ、

~さ、は話を切り出すために使われます。特に切り出しにくい話をするシチュエーションによく使われます。

例文『あのさ、私さ、今日さ、買い物行くからお金を貸して』
標準語『あの、私、今日、買い物行くからお金を貸して』

 

④くださいな

してほしいこと、または何かもらいたい時に使う言葉で、主に子どもが使う東京弁です。現在はほとんど使われなくなりました。くださいというよりくださいなの方が優しいフレーズで、上品な印象です。

例文『牛乳をくださいな』
標準語『牛乳をください』

 

⑤おっ~

動詞の前におっを使うことで、少しおおげざなイメージにすることができるフレーズです。

例文『戦争がおっぱじまった』
標準語『戦争が始まってしまった』

 

⑥しんぺえすんな

しんぺえすんなは心配しなくても大丈夫という意味です。しんぱいがしんぺえになるのはアイがエーになるという江戸言葉の典型的イントネーションです。

例文『しんぺえすんな、大丈夫だ』
標準語『心配するな、大丈夫だ』

 

⑦しゃしゃる

しゃしゃるは出しゃばるという意味の東京弁で、しゃしゃり出るから派生した言葉です。しゃしゃり出てきた相手に対して啖呵をきる時に使います。

例文『お前は関係ないからしゃしゃるな』
標準語『お前は関係ないからでしゃばるな』

 

⑧~わ、~わよ

これは山の手言葉の典型的な表現で、~だけで終わっても通じるところ、「わ」や「わよ」をつけることで~に入る言葉を柔らかくする役割があります。女性らしい表現ですが、山の手では男性でも使用しました。

例文『今すぐ行くわ』
標準語『今すぐ行くよ』

 

⑨~しづらい

~しづらいは~の部分に動詞が入り、それがやりにくいという意味です。様々なシチュエーションに使うフレーズで、現在でもよく使われている東京弁です。

例文『大きすぎて食べづらい』
標準語『大きすぎて食べにくい』

 

⑩~だよね

~だよねもまた東京弁です。~と思うけどそう思わない?という同意の意味が含まれています。これもまた現在でもよく使われているフレーズです。

例文『こっちの方が美味しそうだよね?』
標準語『こっちの方が美味しそうに思わない?』