投資に充てるお金は基本的には余裕資金を利用します。しかし、資金はあまりないけれど投資をしたいと考えている人もいるでしょう。そんな時、カードローンの借り入れを投資の資金に使うことはできるのでしょうか。

そこで今回は 「カードローンで投資資金を調達できるのか」「調達できるとすればメリットやデメリットはどのような点なのか」 について紹介していきます。これから投資資金を増やしたい人、投資を始めたい人は必見です。

カードローンの借入金を投資に使うことは可能!

カードローンで借りたお金を投資に使うことは可能 です。その理由について詳しく解説していきましょう。

カードローンの資金使途は自由

例えば「マイカーローン」は車を買うとき、「住宅ローン」は家を購入するときなどローンの中には使い道が限られている商品もあります。このようないわゆる 「目的別ローン」では、決められた使い道以外に使うと一括返済を求められる可能性もあるため注意 が必要です。

しかし カードローンの使い道は自由 です。

カードローンは即日融資に対応しているものもある

例えば株式投資であれば株価が下がったところを狙って買うことが重要です。しかし株式投資で買付をしたいとき、「証券会社の口座に投資するお金がある」ことが条件となることもあります。

そこで 投資でタイミングを逃さないようにするには、すぐにお金を準備し証券口座に入れておくこと が重要です。

預金で対応できればいいのですが、預金がない場合は、 素早い融資が売りのカードローンでお金を準備する という方法もあるでしょう。カードローン中でも即日融資に対応しているものであればベストかもしれません。

“投資ローン”というものはないため、カードローンが最適

不動産投資に関するローンを除けば、 投資専用の「目的別ローン」はありません 。そのためもし投資目的でローンを利用したいなら、カードローンなどを利用するしかありません。

なお銀行には「フリーローン」という原則資金使途が自由なローンもあります。しかし フリーローンで融資されたお金は「売買などによって利益を得るための資金」には利用できない ため気を付けてください。

またフリーローンは都度借り入れはできず、一度の契約につき借り入れは1回のみです。そのため限度額まで何度も借り入れたい場合には不向きといえます。

以上のことからも投資目的で借り入れをしたいなら、「目的別ローン」や「フリーローン」ではなく、 カードローンの利用が最適 と言えるでしょう。

カードローンを投資に使うことのメリット

資金使途が自由なカードローンには、 投資に使うメリット があります。一つずつ詳しく見ていきましょう。

即日融資ができるカードローンもあるので、急ぎの資金調達にも対応可能

カードローンの大きなメリットは、 申し込みから融資までの期間が短い ことです。なかには、申し込みから融資までを当日中に行える金融機関もあります。

そのためタイミングを逃したくない投資には最適な資金調達方法といえるのです。

預貯金(自己資金)がなくても投資ができる

投資をしたいと思っていても「預金が全くないから投資に回すお金が準備できない」と思っている人もいるでしょう。

カードローンであれば借入金の資金使途が自由なため、投資に回しても問題はありません。またカードローンは利用者ごとに融資限度額が決まっています。 限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるため、投資のためのお金が何度必要になっても対応可能 です。

投資で利益が出ればすぐに返済に回せる

会社にもよっても異なりますがカードローンを借りると最大年20%の金利がかかります。利息は日割りで計算され返済義務が生じます。長く借りれば借りるほど利息額が増えるため、できるだけ早く返済すれば負担を少なくすることができるでしょう。

もし 投資で利益を出せれば、毎月の返済日を待たずに繰り上げ返済 で完済してしまうことも期待できます。

カードローンを投資に使うことのデメリット

投資資金としてカードローンで借り入れたお金を使うことのメリットを述べましたが、デメリットもあります。

借入金以上の利益を出す必要がある

全く自己資金なしで借入金のみで投資をしている場合、 返済金も投資の利益から出す必要 があります。

しかしほとんどの投資は、必ず利益が出ると保証されたものではありません。 利益が出せない場合は、返済が滞る可能性がある ため気を付けましょう。

また利益が出たとしても借入金以上の金額が出ないと完済はできません。かなり積極的に投資しないとそれだけのもうけは出ないかもしれないのです。

投資で損失を出す可能性がある

投資は、元本が保証されているわけではありません。損失を出してしまうと借入金に加えて損失も抱えてしまうことになります。

借入金で投資を始めるならば、 損失が出る可能性がある点は絶対に忘れないように しましょう。また、損失分をどうやって補てんするかも考えておくことが必要です。

カードローンを借りることで他の借り入れ(住宅ローンなど)に影響を及ぼすこともある

カードローンを利用しているだけでは、個人信用情報に傷がつくことはありません。しかし 返済が滞ってしまうと金融事故として登録されてしまい、他の借り入れへ影響を及ぼす可能性 があります。

また返済はきちんと行われていたとしても、カードローンの契約や利用状況については信用情報に記録される点も忘れてはいけません。

住宅ローンやカーローンなど他のローンを申し込んだ際には、個人信用情報を確認されます。そこでカードローンの利用状況も確認されるため、 カードローンの極度枠が大きすぎたり契約がたくさんあったりする場合は、新たなローンの契約に支障 が出てしまうかもしれません。

投資目的で使いたい人におすすめのカードローン

投資目的であればどのようなカードローンを選べばいいのでしょうか。

無利息期間があるカードローン

カードローンの利息は日割りで計算されますが、中には 無利息期間を設けているカードローン もあります。短期間で完済できる予定の場合は次に紹介するローンを選ぶといいでしょう。

なお 一定期間無利息のカードローンを利用する場合でも、毎月の返済は行わないといけません 。無利息期間中は元本のみを返済することになりますが、これを忘れると滞納扱いとなり延滞金を取られたり信用情報に延滞情報が記録されたりするため、注意しましょう。

▼レイクALSA
レイクALSAのカードローンは、 他に比べ無利息期間が長い点がおすすめ です。具体的には以下のようになっています。

初回契約翌日から60日間利息0円 (※)
●Web申し込み限定のサービス
●契約額は1万~200万円の場合に限られる

 

初回契約翌日から180日間利息0円(※)
●契約額1万~200万円の場合に限られる
●5万円を超えた部分に関しては通常金利が適用される

>>レイクALSAの詳細はこちら(公式サイト)

▼アイフル
アイフルでは、契約が始めての人向けに 契約日の翌日から30日間、無利息期間 が設けられています。

この間は、何度借り入れをしても利息は付きません。ただし借り換えローンやおまとめローンの場合は無利息期間がないため気を付けましょう。

>>アイフルの詳細はこちら(公式サイト)

▼アコム
アイフル同様に 契約日の翌日から30日間が無利息期間 です。この間は何度借り入れをしても利息は付きません。

アコムは、年齢・年収・他社カードローンの利用状況を入力するだけで 借り入れ可能かが分かる「3秒診断」 を公式サイト上で公開しています。「自分がカードローンを借りられるか心配」という人は試してみてはいかがでしょうか。

>>アコムの詳細はこちら(公式サイト)

▼ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行のカードローンは、他のカードローンとは違い 「初めての借り入れから30日間利息0円」 となっています。契約だけ先にして借り入れが後になる人でも利息0円が適用されるため、かなりお得といえるでしょう。

>>ジャパンネット銀行の詳細はこちら(公式サイトへ)

申し込みから融資までのスピードが早いカードローン

タイミングよく投資をするには、資金を素早く準備する必要があります。そのためには、 申し込みから融資までのスピードが早いもの を選ぶとよいでしょう。

申し込みから融資までのスピードは、一般的に消費者金融系カードローンのほうが銀行系カードローンよりも早い傾向にあります。「当日中」など 急ぎの融資を希望する場合は消費者金融系カードローンを選ぶ ようにしてください。

▼プロミス
Webで申し込むと 審査結果を最短30分 で教えてもらえます。契約もWeb上で行えばローンカードなしでの契約も可能です。

契約が終わるとWebの会員ページから24時間365日借り入れ手続きができます。「指定口座に最短10秒で振り込まれる」というスピードも魅力的です。ただし口座によっては即時振り込みに対応していないこともあります。そのため事前に即時振込対応の口座かどうかの確認が必要です。

>>プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

注意点を把握してカードローンを投資に利用しよう

投資をしたいのにお金が全くなかったり足りなかったりする場合、カードローンで必要分を調達して利用することは可能です。 カードローンを利用することには以下のようなメリット があります。

・カードローン限度額の範囲ならば何度でも借り入れ可能
- 利益が出ればその分をすぐに返済に回すことができ完済までの期間を短縮することもできる

 
ただしカードローンはメリットばかりではありません。 デメリットのほうが大きくなる可能性もあるため、以下の点も忘れずにチェック しておきましょう。

・投資で損失を出すとカードローン返済ができなくなる可能性がある
- 投資で利益が出たとしても借入金以上のもうけを出さないと完済は難しい
- カードローン借り入れが他のローン契約に影響を及ぼす恐れがある

 
メリットとデメリットを見比べてみると「やはり投資は借入金ではなく自己資金で行うほうがいいのでは?」と思われる人が多いでしょう。確かに、基本的に投資は余裕資金で行うものです。それでも借入金で投資をしたい場合は 「自分の中で限度額を決める」「預金がたまったら繰り上げ返済で借入額を減らす」など、慎重な姿勢で行う ことが大切です。 「損」をしないためにも、じっくりと検討してから始めましょう。 (※1)≪60日・180日共通の注釈≫
※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
≪60日間無利息の注釈≫
※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
≪180日間無利息の注釈≫
※契約額1万円~200万円まで
≪貸付条件≫
融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長5年・最大60回
必要書類 ""運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

田尻宏子
複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。

複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ