北九州弁に興味があるという方がいるのではないでしょうか。北九州弁は可愛いというイメージがある一方で、怖いイメージを持っている方もいますよね。他県民が怖がる方言や標準語での言い方、気になる博多弁との違いもご紹介します。ぜひ見てみてくださいね。

 

【福岡の方言】北九州弁の種類と特徴

北九州弁の種類と特徴についてご紹介します。北九州弁のなまりやイントネーション、使われている地域を知ることで北九州弁に対する理解が深まります。方言に興味のある方は見てみてくださいね。

 

北九州弁の特徴①イントネーションが標準語に近い

イントネーションが標準語に近いというのは、北九州弁の特徴の一つです。北九州弁のイントネーションは標準語とあまり変わらず、平坦型に近いのです。「~と」がつく方言は語尾が少し高くなりやすいです。

 

北九州弁の特徴②豊前と筑前東部辺りで話される

北九州弁は豊前と筑前東部辺りで話されることが多いです。方言としては宮崎県や大分県の仲間になります。地元の人はなまりで北九州弁を判断できるようですが、始めてきくとなかなか区別できない人も多いです。

 

北九州弁の特徴③舌面破擦音を含む助詞が多い

舌面破擦音を含む助詞が多いというのも北九州弁の特徴です。「~ちゃる 」「~っち 」などが特徴的です。これは方言の見分けやすいポイントでしょう。

 

北九州弁と博多弁の違いは?

北九州弁と博多弁とでは話されている地域が違います。北九州弁はと豊前と筑前東部辺りで主に話されていますが、博多弁はほぼ筑前で話されているのです。

また、語尾にも違いがあり、北九州弁は語尾が「~っち」「~っちゃ」となっていますが、博多弁は「~と?」「~たい!」という語尾になっています。イントネーションやなまりも違いがありますが、初めて聞いても判別しにくいでしょう。

 

北九州弁で『あいさつ』や『ありがとう』を伝える時は?

北九州弁で「ありがとう」と感謝を伝えるときは、「ばり助かったばい」「感謝しとうよ」と言うことが多いです。別れの挨拶として、「気を付けてね」と言いたい時は「気をつけないかんよ」「気を付けりぃね」と言います。寝る前の挨拶として、「早くねりぃね」と言うこともあります。

 

【北九州弁】他県民に通じない・笑われる方言10選

他県に通じにくい面白い方言をご紹介します。ぜひ見てみてくださいね。

 

①なおす

標準語では「訂正する」という意味がありますが、北九州弁の「なおす」は「片付ける」という意味なのです。

例文『この本、なおしますね。』
標準語『この本、片付けますね。』

 

②あじごはん

標準語では、アジの炊き込みご飯のことですが、北九州弁ではあじのついたご飯のことを意味します。炊き込みご飯など味のついたご飯を食べるときに使います。

例文『かしわ飯はあじごはんです。』
標準語『かしわ飯は味のついたご飯です。』

 

③青じみ

標準語では「青あざ」を意味します。怪我をして青あざができたときに使う方言です。

例文『知らない間に青じみができた。』
標準語『知らない間に青あざができた。』

 

④おーいー

標準語では、「多い」を意味します。北九州弁では間延びした言い方になるのです。量の多さを示すときに使う方言です。

例文『最近台風がおーいー。』
標準語『最近台風が多い。』

 

⑤はわく

ほうきでゴミを掃くことを意味します。掃除をするときに使う方言です。

例文『隅まできちんとはわきましょう。』
標準語『隅まできちんとはきましょう。』

 

⑥はがいい

標準語で「もどかしい」を意味します。感情的になっているときに使う方言です。

例文『ぜんぜん分かってもらえなくて、はがいい。』
標準語『ぜんぜん分かってもらえなくて、もどかしい。』

 

⑦こまめる

標準語で「両替する」という意味を持ちます。両替したい時に使う方言です。

例文『小銭が必要なのでこまめてもらってもいいですか?』
標準語『小銭が必要なので両替してもらってもいいですか?』

 

⑧かしわ

標準語で「鶏肉」を意味します。とり飯を食べるときに使う方言です。

例文『今、かしわ飯を食べてます。』
標準語『今、とり飯を食べてます。』

 

⑨ほげる

標準語で「穴があく」を意味します。衣類に穴があいたときに使う方言です。

例文『お気に入りの服に穴がほげてた。』
標準語『お気に入りの服に穴があいてた。』

 

⑩すいばり

標準語で「木や竹くず」を意味します。木くずや竹くずが刺さったときによく使います。

例文『すいばりが刺さってて痛い。』
標準語『木くずが刺さってて痛い。』

 

【北九州弁】日常会話で使われる定番の方言15選

日常会話で使われる北九州弁をご紹介します。

 

①はぶてる

標準語で「ふてくされてる」を意味します。ふてくされている人をからかいたい時に使う方言です。

例文『あの人何かはぶてる。』
標準語『あの人何かふてくれされてる。』

 

②なんかかる

「もたれかかる」や「寄りかかる」という意味の言葉です。疲れて寝たいときなど、相手にもたれかかりたいときに使う方言です。

例文『疲れたけん、ちょっとなんかかっていい?』
標準語『疲れたから、ちょっともたれかかっていい?』

 

③はらかく

「怒る」という意味の言葉です。相手が怒っているときに使うことが多いです。

例文『あの人デートすっぽかされて、はらかいてるよ。』
標準語『あの人デートすっぽかされて、怒ってるよ。』

 

④くらす・くらされる

くらす・くらされるは「殴る」を意味する怖い言葉です。「くらされる」は受身で使われるのではなく、「(君が)殴られる」という意味で使います。気が短い人が怒るときに使う怖い北九州弁です。

例文『君、いい加減にせんとくらすよ!』
標準語『君、いい加減にしないと殴るよ!』

 

⑤からう

標準語で「背負う」を意味する言葉です。地域によっては「かるう」とも言われます。ランドセルやリュックを背負うときに使う方言です。

例文『学校行くから、ランドセルからって!』
標準語『学校行くから、ランドセル背負って!』

 

⑥しゃあしい

標準語で「うるさい」という意味です。また、相手の言ったことが「分かりづらい」という意味もあります。うるさいと伝えるときに使う方言です。

例文『工事の音がしゃあしくて落ち着かない!』
標準語『工事の音がうるさくて落ち着かない!』

 

⑦めすくる

標準語で汚いものを「なすりつける」という意味です。手が汚れたときなどに人の衣服などになすりつけるときに使います。

例文『こら!人の服にめすくって!手を洗いなさい!』
標準語『こら!人の服になすりつけて!手を洗いなさい!』

 

⑧ぞろびく

すそが長いズボンなどが地面についたまま移動していることを意味します。すそが長い状態で歩いているときに使います。

例文『そのズボンすそ長すぎるよ。ぞろびいて歩いたらみっともない。』
標準語『そのズボンすそ長すぎるよ。引きずって歩いたらみっともない。』

 

⑨そーとー

標準語の漢字で書くと「相当」です。北九州では非常に頻繁に使われます。大げさに物事を伝えたいときに使います。

例文『そーとー疲れた』
標準語『かなり疲れた』

 

⑩すかん

「嫌い」を意味する言葉です。嫌いなものがあるときに使います。

例文『私ピーマンすかん』
標準語『私ピーマン嫌い』

 

⑪しばく・しばかれる

「殴る」を意味する言葉です。怒っているときに使う怖い言葉です。

例文『お兄ちゃん怖い、しばかれた!』
標準語『お兄ちゃん怖い、殴られた!』

 

⑫きさん

標準語で「貴様」を意味します。喧嘩しているときなど、人を乱暴に呼ぶときに使います。

例文『きさんとはもう話さない!』
標準語『貴様とはもう話さない!』

 

⑬しゃっちが

「さっちが」とも言いますが、標準語で「いつも」や「いちいち」を意味します。相手に対して「しつこい!」と伝えたいときにつかます。

例文『しゃっちが言わなくても分かるから!』
標準語『いちいち言わなくても分かるから!』

 

⑭なんち?

「何て言った?」と聞き返す意味があります。聞き取りにくくて尋ねるときに使います。

例文『よく分からんかった。なんち?』
標準語『よく分からんかった。何て言った?』

 

⑮いっちょん

「全く」と否定する意味があります。全否定するときに使います。

例文『あんたのこといっちょんすかん!』
標準語『あんたのこと全然好きじゃない!』