企業型確定拠出年金(企業型DC)の特徴

企業型DCは、企業が従業員のために将来の年金、または退職金を作ることを目的としている制度だ。勤めている従業員は強制的に加入することになるが、掛け金を支払うのは企業なので、自分の懐が痛むということは無い。

掛け金については企業側で従業員が一律同額となる「定額制」か、給与に応じて掛け金を決める「定率制」、もしくは「定額と定率の組み合わせ」となっている。また、掛け金の上限額が定められており、企業年金制度の有無によって変わってくる。企業年金制度がある場合は2万7,500円、ない場合は5万5,000円だ。

マッチング拠出

企業年金制度で少し複雑なのが「マッチング拠出」という拠出方法がある点だろう。最初に言っておくと、マッチング拠出を採用している企業ではiDeCoとの併用はできない。ここだけは抑えておこう。

マッチング拠出は企業と一緒に従業員が積立金を拠出できる制度だ。従業員は企業の積立金と同等の金額まで拠出できる。少しわかりづらいので具体的に見ていこう。

A社の場合……企業年金制度なし、企業側掛け金2万円
企業年金制度がないA社は拠出額の上限が5万5,000円となる。残りの枠は3万5,000円残っているが、従業員は企業と同額までしか拠出することができない。そのため従業員が拠出できる金額は企業と同額の2万円だ。

B社の場合……企業年金制度なし、企業側掛け金3万円
同じく企業年金制度がないB社は上限が5万5,000円。従業員が出せる金額は3万円と言いたいところだが、会社が3万円払っており、利用可能枠があと2万5,000円のため、2万5,000円が上限となる。

C社の場合……企業年金制度あり、企業年金制度1万円
企業年金制度があるC社は拠出上限額が2万7,500円だ。利用可能枠は1万7,500円あるが、企業と同額までしか拠出できないので従業員が拠出できるのは1万円となる。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の特徴

iDeCoの目的は個人が将来の年金または退職金を作ることを目的としている制度だ。企業型DCとの大きな違いは積立金の拠出を自分で行うという点だ。

企業型DCと異なるのは資産運用をどこの金融機関に任せるかを自分で選ぶことができる点だろう。企業型DCでは企業があらかじめ選定した金融機関を利用する必要があるため、選べる金融商品も金融機関に依存する傾向がある。iDeCoなら自分の好きな商品を扱っている金融機関を選ぶということも可能だ。

ただし、iDeCoの場合は職業によって上限額が異なる。企業型DCとiDeCoを併用するのであれば1万2,000円~2万3,000円が上限額ということになる。

iDeCoの拠出上限額

公務員/月1万2,000円
会社員(企業年金あり)/月1万2,000円または2万円(※企業年金の種類による)
会社員(企業年金なし)/月2万3,000円
専業主婦(夫)/月2万3,000円
自営業者/月6万8,000円

拠出金は最低5,000円から1,000円単位で設定することができ、年に1度だけ拠出金の設定を変えることが可能だ。

手数料は個人負担

確定拠出年金を運用していくうえで手数料(口座管理料)がかかることを忘れてはならない。企業型DCの場合は確定拠出年金を運用していく中でかかる手数料は企業が支払うケースが多い(※企業の規約によって異なる)。iDeCoの場合はこれらの手数料もすべて個人が負担することになる。

とくに毎月かかる「信託報酬」と「積立手数料」は金融機関によって異なるので加入する前にしっかり比較しておくと良いだろう。

企業型DCとiDeCoの違いの比較

比較項目……企業型/個人型
加入方式……原則全員/任意
掛金の拠出者……企業/加入者本人
拠出上限額……27,500円(企業年金あり)55,000円(企業年金なし)/23,000円(同あり)68,000円(同なし)
口座管理料……企業または加入者(規約に準ずる)/加入者本人
受取方法……規約に準ずる/年金方式もしくは一時金方式
受給権の発生条件……勤続3年から発生/加入時から発生
運営主体……企業/加入者本人
運営管理機関の選定……企業/加入者本人

企業型DCとiDeCoを併用するメリット・デメリット

ここまで見てきて感じるのは「企業型DCとiDeCoを併用するメリット・デメリットはあるのか?」という点だろう。

メリット

・拠出限度額が有効活用できる
勤め先企業が企業型DCを導入していても、企業の掛け金が少ない場合は拠出限度額までの枠が残っている可能性が高い。非課税で運用に回すことができるという確定拠出年金のメリットを最大限に活用したい場合はiDeCoとの併用は有効だ。

・運営管理機関を自由に選べる
企業型DCではあらかじめ企業が選定した運営管理機関(銀行や証券会社)を利用する必要があるため、選択肢の幅が限定される可能性がある。iDeCoであれば自分の好きな運営管理機関を選べるので、選択肢の幅を広げたい場合に有効だ。

デメリット

・2つの確定拠出年金の運用をする手間が複雑
企業型DCとiDeCoを併用すると2つの運用を指図する必要がある。そのため、管理が煩雑になり、手間も増える。企業型DCとiDeCoの運用管理機関が異なると商品の性質も異なることが予想されるため、必然的に勉強の時間も増えることになるだろう。

・確定拠出年金の掛け金の総額を増やせるわけではない
企業型DCとiDeCoを併用すれば、さらに上乗せできるイメージを持つかもしれないが、iDeCoで利用できる金額は企業型DCで利用できる枠の一部を割り当てる形になる。そのため、確定拠出年金の総額自体が増えるわけではない。

すでに企業が拠出上限額まで出してくれている状態であれば、それ以上にiDeCoを組むことはできないということだ。

企業型DCとiDeCoを併用する際の注意点

マッチング拠出をしている場合は併用できない

企業型DCでマッチング拠出を採用している場合はiDeCoとの併用はできない。そもそも、マッチング拠出自体がiDeCoを併用している状態に近い。

企業型DCとiDeCoを併用している状態で退職した場合

退職した場合、企業型DCはどうなるのか。企業型DCとiDeCoを併用している状態で退職した場合は、資格喪失日(退職日の翌日)から6ヶ月以内に企業型DCの資産をiDeCoに移換手続きをすることで資産を移し換えることが可能だ。6ヶ月が過ぎてしまうと「自動移換」されてしまい、その後の運用指図はできないまま無利息で管理されることになるので注意が必要だ。

確定拠出年金は自分の力で老後に備えることができ、税金面でもお得になるため積極的に活用したい制度だ。しかし、60歳まで引き出せないという性質があるため、節税のためだけに加入すると後々資金難になったときに困ってしまう可能性もある。加入する場合はよく検討することをおすすめする。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる

iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。

・税金の面でとても優遇されている
・毎月5千円から始められる
・投資信託の手数料がとても安い

老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。
 

iDeCoにおすすめのネット証券比較表
(2020年6月時点)
証券会社名 SBI証券 楽天証券 auカブコム証券 マネックス証券 松井証券
投資信託
本数
オリジナル:38本
セレクト:37本
32本 27本 25本 12本
加入手数料 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829
口座管理料 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171
サポート体制 平日・土曜の8:00~18:00
(※土曜は新規加入に関す
る問い合わせのみ受付)
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日9:00~20:00
土日9:00~17:00
平日8:30~17:00
特徴 ・iDeCo加入者数No.1で10
年の実績をもつネット証券
最大手
・iDeCo専用ロボアドバイ
ザーによって好みに合った
商品を選択できる
資産運用しやすい管理画面
と無料セミナーなどの充実
したサポート
残高に応じてau WALLETポ
イントが貯まる(一部商品)
ロボアドバイザーによるiDe
Co専用無料ポートフォリオ
診断があり、簡単な質問に
答えるだけで最適な資産運
用が可能
「iDeCoシミュレーター」で
iDeCoを利用した場合の節税
額を簡単にチェックできる
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
文・ZUU online編集部/ZUU online

【こちらの記事もおすすめ】
iDeCo(個人型確定拠出年金)はSBI証券と楽天証券どちらがおすすめ?FPが解説
iDeCo(個人型確定拠出年金)そろそろ始めたい!金融機関と運用商品ランキング
iDeco(個人型確定拠出年金)におすすめの金融機関は?失敗しない選び方も解説!
iDeCo(個人型確定拠出年金)で節税できる仕組みを解説。年収500万円でいくら得する?
iDeCo博士になろう!iDeCoについて徹底解説