日本のほぼ真ん中に位置する滋賀県は、日本最大の湖・琵琶湖を中心に、周囲山々と田園に囲まれた自然豊かなところです。関西圏、北陸、東海と他方からアクセスしやすく、レジャーが楽しめる滋賀県。そんな滋賀県で話されている方言、近江弁について紹介していきます。

 

【滋賀県の方言】近江弁の特徴

滋賀県はかつて「近江の国」と呼ばれていたため、滋賀県の方言・近江弁は一部の地域では滋賀弁とも呼ばれています。古くから京都や大阪と東海、北陸を繋ぐ交通地点であったため、近江弁は近隣の言葉と共通するものがあります。

そのなかでも京言葉と共通する部分は多く、同じようなイントネーションやフレーズをもつ一方で、近江弁特有のなまりも存在します。

 

近江弁は大きく分けて3種類

滋賀県の方言である近江弁・滋賀弁のイントネーションは、関西弁と同様に抑揚が大きいのが特徴です。滋賀県の中心にある琵琶湖を挟んで、湖北・湖南・湖西・湖東の4つに分類されます。方言の区分としては、三重県に隣接する甲賀をを加えた5つに分類されることもあります。

京都に近い湖南地域では京言葉に似た方言を話しますが、その中でも三重県に近い甲賀地域では伊賀弁とイントネーションの共通点が多くなります。湖東・湖北地域では岐阜県南部の方言である美濃弁との共通点が多く見られ、湖西地域で話される近江弁のイントネーションは、福井県嶺南地方で使われている若狭弁と同様のなまりが多く存在します。それらを含め、近江弁と呼ばれています。

 

近江弁の特徴3つ

滋賀県の方言・近江弁は他の関西地域の方言と同じイントネーションが多く、母音の発音がはっきりしています。また「蚊→かあ」「血→ちい」のように、一字の単語においては長音化することがあります。逆に特定のフレーズでの短音化も近江弁の特徴で、「早う行こうか→早よいこか」のように話されます。

子音においては母音より軽めに発音します。また子音を交替するのも近江弁の特徴で、「寒い→さぶい」「すみません→すんません」「行くぞ→行くど」といったなまりも、滋賀県全体で使われる近江弁の特徴です。

 

近江弁で『あいさつ』や『ありがとう』を伝える時は?

滋賀県の方言・近江弁には、尊敬語、丁寧語、親愛語、軽侮語を使い分ける習慣があります。家を訪ねた際には「ごめんやす」と声をかけ、それに対して「おいでやす」と答えるのは、近江弁の丁寧なあいさつの方言です。また労いの言葉である「おきばりやす」や「おやすみやす」など、「ーやす」という表現は昔から滋賀県の言語文化に欠かせないものでした。

近江弁で「ありがとう」を伝える言葉は「おおきに」と言います。とても親しみ深い雰囲気の言葉ですが、お店でお客さんに対して言うなど丁寧な表現としても使われています。

 

【近江弁】他県に通じない珍しい・笑われる方言10選

ここで紹介するのは滋賀県で使われる滋賀弁・近江弁の、面白い方言や珍しいフレーズ10選です。中には響きのかわいい方言もあります。地域によっては使わない地域もあるので、滋賀県民の人でも『意味わからん!』と思う方言があるかもしれませんよ!

 

①~ね

標準語で「~の家」と言う意味で使われます。

例文 「今日の学校帰り、うちね寄って行かへん?」
標準語「今日の学校帰り、私の家に来ない?』

 

②えらい

標準語で「偉い・とても・とんでもない・しんどい・辛い」と言った、複数の意味を持つ言葉で、いろいろな場面で使われます。

例文「えらい遠くまでランニングに行ったのはいいけど、帰り道がめっちゃえらかったわぁ」
標準語「とても遠くまでランニングに行ったのはいいが、帰り道がとてもしんどかったよ」

 

③ももける

標準語で「毛玉ができる」「毛羽立つ」の意味を持ちます。

例文「このマフラー、買って間もないのにもうももけてしもた」
標準語「このマフラー、買って間もないのにもう毛玉ができてしまった」

 

④はしかい

標準語で「ちくちくして痛い」や「喉がヒリヒリする」と行った表現に用いられます。

例文「風邪ひいたみたいで、喉がなんかはしかいわ」
標準語「風邪をひいたみたいで、喉がなんだかヒリヒリ痛むわ」

 

⑤きんまい

標準語で「美しい」や「立派だ」という意味を持ちます。

例文「きんまい紅葉やなぁ」
標準語「美しい紅葉だね」

 

⑥かなん

標準語で「嫌だ」「辛い」といった意味を持ちます。

例文「明日で休暇が終わるとか、ほんまかなんわ~」
標準語「明日で休暇が終わるなんて、本当に嫌だな~」

 

⑦がいっと

標準語で「力一杯」と同じ意味を持ちます。

例文「もっとがいっと持ち上げてぇ!」
標準語「もっと力一杯持ち上げて!」

 

⑧おっさん

標準語で「お坊さん」の意味を持ちます。「和尚様」が転換した言葉と言われています。

例文「もうすぐおっさんが来やるで」
標準語「もうすぐお坊さんが来られるよ」

 

⑨さいぜん(最前)

標準語で先程という意味で使われます。

例文「最前、スーパーで鈴木さんにばったり会うたわ」
標準語「先程、スーパーで鈴木さんに偶然出会ったわ」

 

⑩めいぼ

麦粒腫のことを表す言葉です。大阪などで使われる「めばちこ」は、滋賀県ではほとんど使いません。

例文「今朝起きたら、めいぼ出来てたわぁ」
標準語「今朝起きたら、物もらいができてたの」

 

【近江弁】日常会話で使われる定番の方言15選

続いて紹介するのは、滋賀県で日常的に使われている定番の滋賀弁・近江弁を紹介しましょう。定番のなまりも、他道府県民が聞くと理解不能な方言もあるのではないでしょうか。

それでは定番の滋賀弁・近江弁7選です。

 

1. ほかす

標準語で「捨てる」の意味を持ちます。

例文「その紙ほかして」
標準語「その紙捨てて」

 

2. どんつき

標準語で「突き当たり」の意味を持ちます。

例文「どんつきを右に曲がる」
標準語「突き当たりを右に曲がる」

 

3. ちょかる

標準語で「調子に乗っている」の意味を持ちます。

例文「あの人、最近ちょかってるわ」
標準語「あの人、最近調子に乗ってるね」

 

4. ちゅんちゅん

(お湯などが)「とても熱い」を表現する言葉です。

例文「そのお茶ちゅんちゅんやで」
標準語「そのお茶とても熱いよ」

 

5. よばれる

「食べる」の丁寧な表現として用いられます。

例文「お土産のお菓子、昨日よばれてんけどほんま美味しかったわ」
標準語「お土産のお菓子、昨日食べたんだけどとても美味しかったわ」

 

6. なぶる

「手で触れる」と同じ意味を持ちます。

例文「大事なもんやしなぶらんといてなぁ」
標準語「大事なものだから触らないでね」

 

7. かす

「お米を研ぐ」の意味を持ちます。

例文「今日の夕飯用に、米3合かしといてくれへん?」
標準語「今日の夕飯用に、米3合研いどいてくれない?」

 

8. よけまい

標準語で「余計」「余分」のことを言います。

例文「そこのお菓子、よけまいに持って帰りぃな」
標準語「そこのお菓子、余分に持って帰りなさいよ」

 

9. なんぞ/なんど

標準語で「おやつ」の意味を持ちます。

例文「なんぞやったら冷蔵後の中に入ってるで」
標準語「おやつなら冷蔵庫に入ってるわよ」

 

10. おーさわな

標準語で「大げさな」を意味します。

例文「ほんなおーさわな話があるかいさ!」
標準語「そんな大げさな話があるわけないでしょう!」

 

11. てんこもり

標準語で「山盛り」のことを意味します。

例文「ほんなてんこもり入れたらこぼすで!」
標準語「そんなに山盛りに入れたらこぼすわよ!」

 

12. せつろしい

標準語で「煩わしい」を意味します。

例文「あの人の話は長くてせつろしいから、かなんわ」
標準語「あの人の話は長くて煩わしいから嫌だわ」

 

13. しもとくない

標準語で「取り付けてください」を意味します。

例文「もう日が暮れてきたし、それしもとくない」
標準語「もう日が暮れてきたので、それ取り付けてください」

 

14. だしかいな

「遠慮しなさるな」の挨拶として使われます。

例文「だしかいな。ゆっくりしていきいさ」
標準語「いいじゃないか、ゆっくりしていってよ」

 

15. かてる

「凍てつく」と言う意味を持ちます。

例文「今朝はかちんかちんにかててるさかい、きぃつけやぁ」
標準語「今朝はガチガチに凍てついてるから気をつけてね」