②:「ふれあいゾーン」のおすすめポイント

写真:かなたあきこ

一通りサファリを満喫したら、「ふれあいゾーン」へと移動しましょう。「ふれあいゾーン」内には、 ふれあい牧場・どうぶつ村・イヌの館・ネコの館・ウサギの館 などがあります。迫力あるサファリゾーンとはうって変わって牧歌的な雰囲気が漂いますので、愛らしい動物たちとのふれあいをゆっくり満喫することができます。

乗馬体験やミニダービーが楽しい「ふれあい牧場」

まず訪れたいのは「ふれあい牧場」です。こちらではポニーよりも小さな馬である、アメリカンミニチュアホースの乗馬体験や、100円で勝ち馬投票券が買えるミニダービーを楽しむことができます(ダービーは土日祝と平日の月曜日のみ開催)。小さいお子さんには馬へのエサやりや、馬車に乗っての牧場内散策もおすすめ。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

イヌの館・ネコの館・ウサギの館で抱っこ三昧♡

イヌ・ネコ・ウサギのそれぞれの館では、20分間500円で抱っこや写真撮影をたっぷり楽しめます(2020年9月現在「ネコの館」は休館中)。いずれも室内の施設のため、自宅でくつろいでペットと遊んでいるような体験ができますよ。雨の日や暑いor寒い日のアトラクションとしてもおすすめです。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

カピバラやレッサーパンダなどの人気者にも出会える

「ふれあい牧場」近くにはカピバラやレッサーパンダ、ミーアキャットなどが、「どうぶつ村」にはヒョウやカバ、ワオキツネザルなどの人気の動物がおり、動物園としても充実しています。ヒョウやミーアキャットなどに特別にエサやりができるイベントも随時行われているので、来園当日にチェックしてみてください。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

期間限定!可愛い動物の赤ちゃんが見られるチャンスも

富士サファリパークの魅力の一つに、 次々に動物の赤ちゃんが生まれ、いつでも可愛い赤ちゃんに会える という点が挙げられます。広大な敷地に約50種もの多様な動物たちが暮らしているがゆえのことで、訪れるたびに違った動物の赤ちゃんを見られるチャンスがあるんです。

写真:かなたあきこ

筆者が訪れた時には、ライオンの赤ちゃんを公開中。一日に数10分間だけの限定イベントということもあり、赤ちゃんライオンの檻の前には長い行列ができていましたが、ふわふわの子猫のようなキュートな姿を、無事に撮影することができました♡ 赤ちゃんの公開情報は公式サイトに掲載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

パーク限定お土産も見逃せない

富士サファリパークでお土産を探すなら、「サファリショップ」を訪れましょう。前述した通り同園では動物の赤ちゃんが頻繁に生まれますので、お誕生に合わせて限定のぬいぐるみなども販売しています。他に「ジャングルバス」をかたどったミニカーやアニマルTシャツ、文房具など品数豊富なお土産が揃うショップです。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

富士サファリパークのおすすめ時間帯&モデルコース

ここまで富士サファリパークの見どころをご紹介してきましたが、おすすめの時間帯と回り方モデルコースは以下の通りです。※下記のモデルコースは夏季繁忙期の開園時間(9:00~16:00)をベースに組んでいます。

【8:30】現地到着。繁忙期は30分ほど早く開門するためそのまま入場

【8:45】「スーパージャングルバス」の10時台の予約を取る

【9:00】サファリゾーンゲート前でマイカーで待機し、オープンと同時に入場
↓(約50分)
【10:15】マイカーでサファリを一周した後「スーパージャングルバス」に乗車
↓(約60分)
【11:30】ツアーを終えて早めのランチタイム

【12:00】「ふれあいゾーン」で遊ぶ&動物の赤ちゃん公開イベントに参加
↓(約90分)
【13:30】「ウォーキングサファリ」に参加
↓(約120分)
【15:30】お土産購入など

富士サファリパーク観光の注意点

富士サファリパークを観光する際は、いくつか注意点があります。モデルコースは下記の注意点を基に組み立ててみましたので、参考にしてみてください。

  • 「ジャングルバス」などのツアー予約は入園後すぐに済ませる(予約が埋まってしまうため)
  • 繁忙期は開園時間より早く開門し、「ジャングルバス」の予約などができる場合がある
  • ライオンやトラなどは夜行性のため、昼間は寝ていることが多い
  • エサやり体験は朝早めがおすすめ。午後は満腹で食いつきが悪い
  • 暑い時期の「ウォーキングサファリ」は日中を避け、できるだけ夕方を狙う
写真:かなたあきこ

富士サファリパークを訪れるなら「My SAFARI」の登録がマスト

富士サファリパークを訪れる際は、事前に「My SAFARI」と呼ばれる会員登録を済ませておきましょう。「My SAFARI」の登録で、入園料の割引や一部イベントの予約などの特典があります(以前は「My SAFARI」からジャングルバスの予約もできましたが、2020年現在は先着順のみとなっています)。

「My SAFARI」の特典等の詳細は公式サイトから

おわりに

富士サファリパークを120%満喫するための詳細ガイド、いかがでしたか?筆者は同園を初めて訪れたため、サファリを「マイカー・ジャングルバス・徒歩」とすべての方法で回ってみましたが、リピーターであればサファリは「マイカーorジャングルバスのみ」としたり、ガイド付きのウォーキングサファリに参加してじっくり動物を観察したりと、色々な楽しみ方ができます。

写真:かなたあきこ

2020年はコロナ禍の影響で行われていませんが、例年春~秋には「ナイトサファリ」も実施されますので、夜に活発に活動する動物を見るのも楽しいはず!ぜひ何度も訪れて、“野生の王国”を満喫してみてください。

 

提供:トリップノート

【こちらの記事も読まれています】
【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?
東京のブルックリン!蔵前で行きたい散策スポット・お店16選
【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選
京都・嵐山の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング
【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選