富士山の麓にある「富士サファリパーク」は、車に乗ったまま動物が見られることで、コロナ禍に人気が沸騰しているレジャー施設です。本記事では実際に現地を訪れた筆者が、富士サファリパークを120%満喫するためのおすすめ時間帯や回り方などを、徹底ガイドします!

野生動物の楽園!「富士サファリパーク」

富士サファリパークは、静岡県裾野市に位置する野生動物の観察施設です。雄大な富士山のふもと・標高850mの地点に、東京ドーム約16個分となる74万㎡もの広大な敷地をかまえ、世界各地から集まった動物たちがのびのびと暮らしています。

写真:PIXTA

富士サファリパークは、大きく分けて以下の2つのゾーンに分かれています。

①サファリゾーン:マイカー・サファリバス・徒歩等で、サファリパークに暮らす動物を観察できる
②ふれあいゾーン:ポニー乗馬や小動物とのふれあいが楽しめる

写真:かなたあきこ

本記事では、サファリゾーンを マイカーサファリバス(ジャングルバス)ウォーキング のそれぞれで楽しむ方法と訪れるべき時間帯を詳しくご紹介し、サファリ以外のふれあいゾーンのおすすめスポットを画像付きでピックアップします。一日かけて富士サファリパークを120%満喫する、徹底ガイドです!

①-1:サファリゾーンを「マイカーで回る」

まずは定番の、サファリゾーンをマイカーで回るコースです。サファリパークのエントランスゲートで前もって購入済みのオンラインチケットを見せれば、車から降りずに入場OK。そのままマイカーで直進して、オープン時間までサファリゾーンのゲート前で待機します。(混雑日にはオープン時刻の30分ほど前にエントランスが開き、早めに入場できます)

写真:かなたあきこ

オープン時間になると、ゲートが開いてマイカーが続々と中に進んでいきます。各ゲートごとに監視台が設けられており、物々しい雰囲気にちょっとドキドキ。まず始めに訪れるのは「クマゾーン」で、いきなりの猛獣とのご対面です!

写真:かなたあきこ

富士サファリパークの「クマゾーン」には、あのテディベアのモデルになったアメリカグマや、日本国内では北海道にのみ生息する大きな体のヒグマなど、様々な種類のクマが住んでいます。マイカーで回る場合は、ドアロックと窓開け禁止が徹底されていますが、あまりのクマの近さに再度ロックを確認したくなるほど。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

続いては「ライオンゾーン」です。こちらも車のすぐ近くまでライオンが来るのでちょっと緊張しますが、その表情は至って平穏なもの。あくびをしたりゴロゴロ寝ている姿は“大きなネコ”といった感じで、可愛らしくもあります。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

ライオンの次はトラやチーターなどの肉食動物ゾーンが続き、その後もゾウやキリン、シマウマ、サイなどの人気の動物を次々に見ることができるので、まったく飽きることがありません。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

肉食動物は車が通り過ぎるのを遠巻きに眺めている、という雰囲気ですが、草食動物は意外と好奇心旺盛!びっくりするほど車に近づいてくることもありますよ。シャッターチャンスを逃さないよう、カメラやスマホはしっかりご準備を。最後にワビチやアメリカバイソンなどの「山岳草食動物ゾーン」を経て、約50分のマイカールートは終了です。

写真:かなたあきこ
写真:PIXTA

富士サファリパークでは、マイカーで回る場合は特に追加料金は要らず、入園料のみで何回でもサファリドライブを楽しむことができます(混雑時は回数制限あり)。ただし、前述した通り、車の窓は草食動物ゾーンであっても絶対に開けてはならないため、写真はすべて窓ガラス越しにしか撮影することができません。

【マイカーでサファリゾーンを回る場合のポイント】
◆料金:無料
◆所要時間:約50分
◆動物へのエサやり:不可

①-2:サファリゾーンを「ジャングルバスで回る」

次は、有料のジャングルバスに乗り換えてサファリゾーンを回るコースです。ジャングルバスに乗るには当日予約が必要なため(事前予約不可)、エントランスゲートを通過した後すぐに右折し、予約&発券所へ向かいましょう。GWや夏休みなどの繁忙期は早い時間から予約が埋まってしまうので、朝イチの予約をおすすめします。

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

富士サファリパークで利用できる乗り物の種類

富士サファリパークの園内周遊バスには、従来の動物型の「ジャングルバス」と、改良された進化版の「スーパージャングルバス」の2種類があります。この2つの大きな違いは、 バスの側面のみがフェンスで覆われているか と、 側面と天井の2面がフェンスで覆われているか 、になります。筆者は下↓の画像の「スーパージャングルバス」を利用しました。

写真:かなたあきこ

「スーパージャングルバス」は、ゼブラ柄の車両ベースに金網でできた箱を載せたような外観をしており、肉食動物が天井によじ登る姿を下から見下ろせるという、日本で初めての画期的なサファリバスです。天井に登ってくるクマやライオンに真下からエサをあげる体験ができ、猛獣の息遣いや垂れてくるよだれ(!)を身をもって感じることができ、迫力満点!

写真:かなたあきこ
写真:かなたあきこ

なお「スーパージャングルバス」の利用は小学生以上に限られているため、未就学児など小さなお子さんがいる場合には「ジャングルバス」がおすすめです。またバスの他に、「ナビゲーションカー」という4WD車両の貸し出しも行っており、こちらはマイカーの感覚でコース内を自由に走りつつ、窓に設置された金網の隙間からエサやりも体験できるという特長があります。

●スーパージャングルバス:料金一人2,100円(小学生以上)
●ジャングルバス:料金一人1,400円(3歳以上)
●ナビゲーションカー:料金一台6,000円(5人or7人乗り)