ドラマや映画の中で使われることによって注目を浴びている岐阜の方言である岐阜弁。作品の中で話される岐阜弁が、ほんわかした雰囲気でかわいいとか、なごむとかいった感想が聞かれます。その岐阜弁について詳しく見ていくことにしましょう。

 

【岐阜の方言】岐阜弁の種類と特徴

岐阜弁は、東日本と西日本の間の方言の影響を受けていて、どちらの方言からの影響が色々混ざり合った方言と言えます。岐阜は、東日本と西日本の間という地理的条件により、名古屋弁や関西弁が合わさった方言やなまりとして聞こえることもあるようです。イントネーションもそれに加わります。それでは、岐阜弁について詳しく見ていきましょう。

 

岐阜弁は大きく分けて2種類

岐阜弁には、大きく分けて「飛騨弁」と「美濃弁」に別れています。同じ岐阜弁とはいえ、イントネーションや語尾やなまりに違いがあり、印象が違って聞こえるのが魅力的とも言えます。「飛騨弁」は岐阜北部の飛騨・高山などで、「美濃弁」は岐阜南部、美濃地方で話される方言です。

 

岐阜弁の特徴3つ

岐阜弁の北部で話されている「飛騨弁」は愛知県に近いため、そちらの言葉の影響を受けています。南部で話されている「美濃弁」は、西の方では関西弁、東の方に行くにつれて、長野、山梨、静岡方言の影響を受けたイントネーションや方言となります。

 

岐阜弁で『あいさつ』や『ありがとう』を伝える時は?

岐阜弁でさようならを言うときには「あば!」といいます。変わった語感で、知らずに聞くとさようならという意味だということはわからないでしょう。また、ありがとうと言うときの岐阜弁は「きのどく、うたてー」と言います。気の毒と間違えそうですが、ありがとうという意味なので注意しましょう。

 

【岐阜弁】他県民に通じない・笑われる方言10選

岐阜の方言、岐阜弁には他県の人が聞いても通じない言葉があります。語感やなまりやイントネーションがとても不思議で、面白いフレーズがたくさんあります。

 

①なまかわ

標準語では「怠け者」「さぼること」等を意味します。不思議な語感のする方言です。

例文『なまかわせんで、やっといてな』
標準語『さぼらず、やっておいてね』

 

②まるけ

標準語では「~まみれ」という意味となります。たくさんのものが集まっていたり、くっついたりしている状態を指します。

例文『山に行ったら草まるけになったやん』
標準語『山に行ったら草だらけになってしまった』

 

③ちんちん

標準語では「ものすごく熱い」という意味です。他の県の人からすると下ネタに聞こえる言葉です。

例文『このお茶はちんちんやわ!』
標準語『このお茶はものすごく熱い!』

 

④パカパカする

標準語では「点滅する」という意味です。光が付いたり消えたりするときなどに使う言葉です。

例文『信号パカパカしてまっとる!急がな!』
標準語『信号が点滅してる!急がないと!』

 

⑤こわす

標準語ではお金を両替するときなどに使う言葉です。

例文『500円玉を100円玉にこわしてもらってきたわ』
標準語『500円玉を100円玉に両替してもらったよ』

 

⑥ほかる

標準語では「放っておく」という意味です。また「捨てる」という意味もあります。

例文『今日は終わらんで、もうほかっとこ』
標準語『今日は終わらないから、もう放っておこう』

 

⑦だだくさ

標準語では「適当な」という意味となります。

例文『ほんとだだくさなやり方やね』
標準語『ほんとうに適当なやり方だね』

 

⑧つける

標準語では「よそう」という意味です。食べ物をよそう時などに使う言葉です。

例文『ごはんつけといてくれる?』
標準語『ごはんよそいどいてくれる?』

 

⑨みえる

標準語では「いらっしゃる」という意味です。

例文『お客さんみえとるよ』
標準語『お客さんいらっしゃってるよ』

 

⑩えらい

標準語では「疲れた」という意味です。

例文『今日はもうえらいで休むわ』
標準語『今日はもう疲れたから休むよ』

 

【岐阜弁】日常会話で使われる定番の方言15選

岐阜の方言、岐阜弁が日常でどのように使われているのかは気になる方もいるでしょう。そこで、岐阜弁の日常によく使われる言葉を紹介します。岐阜の方言の豊かさを感じられるでしょう。

 

①さぶぼろ

標準語では「鳥肌」という意味です。寒いときや何かすごいものを見た時に無意識に肌がなるものです。

例文『あれを見たら、さぶぼろでた』
標準語『あれを見たら、鳥肌たったよ』

 

②たんちん

標準語では「バカ」という意味となります。ばかげていることに対して使う言葉です。

例文『まったく、おたんちんやね』
標準語『まったく、おバカだね』

 

③あかる

標準語では「こぼれる」という意味です。なにかをこぼしてしまった時に使う方言です。

例文『ジュースあからかしてまった!』
標準語『ジュースこぼしてしまった!』

 

④ばりかく

標準語では「ひっかく」という意味です。

例文『人をばりかいたらいかんよ!』
標準語『人をひっかいたらダメだよ!』

 

⑤はよ

標準語では「早く」という意味です。

例文『はよしてーや』
標準語『早くしてよ』

 

⑥でら

標準語では「とても」という意味です。

例文『でれムカつくんやけど』
標準語『とてもムカつくんだけど』

 

⑦そんで

標準語では「それで」という意味です。話の続きを促す時などに使います。

例文『そんでどうなったんやっけ?』
標準語『それでどうなったんだっけ?』

 

⑧いかん

標準語では「ダメ」という意味です。

例文『帰りに寄り道したらいかんよ』
標準語『帰りに寄り道したらダメだよ』

 

⑩おらん

標準語では「いない」という意味です。

例文『あんまり人おらんかったね』
標準語『あんまり人いなかったね』

 

⑪わりかし

標準語では「割と」という意味となります。

例文『岐阜市はわりかし都会やよね』
標準語『岐阜市は割と都会だよね』

 

⑫えか

標準語では「わかったか!」という意味です。説教の後などに使う言葉です。また、約束の確認などにも使います。

例文『駅前に集合やよ、えか?』
標準語『駅前に集合だよ。わかった?』

 

⑬だちかん

標準語で「ダメ」という意味です。子供を叱るときなどに使われる方言です。

例文『彼氏がおるのに他の男と飲みに行くとかだちかんやろ』
標準語『彼氏がいるのに他の男と飲みに行くとかダメでしょ』

 

⑭かう

標準語では「かける」という意味です。鍵などをかけるときなどに使います。

例文『鍵かっといて』
標準語『鍵かけといて』

 

⑮知らすか

標準語で「知らない」という意味です。単純に知らないというより、まったく知らなかった、という驚きがこもっている言葉です。

例文『元カレが今どこに住んどるなんか知らすか!』
標準語『元カレが今どこに住んでいるかなんて知らない!』