楠 徹平(くすのき てっぺい)さん

アスノシステム株式会社メディアサービス部 部長。会議室・貸しホール・イベント会場の紹介に特化した国内最大級の貸会議室検索サイト「会議室.COM」、レンタルオフィス検索サイト「レンタルオフィス.com」、会議に関するお役立ちノウハウ・会議術が満載のWEBメディア「会議HACK!」を運営。コワーキングスペース「A-Point」の事業責任者も務める。

アスノシステム株式会社

 

さくマガでは仕事のヒントを得るために、さまざまな方にインタビューをしています。今回は、国内最大級の貸し会議室検索サイト「会議室.COM」や、コワーキングスペース「A-Point」などを運営しているアスノシステム株式会社の楠徹平さんに、コワーキングスペースのメリットやおすすめの選び方を教えていただきました。 

 

システム開発会社がポータルサイトをはじめた理由

ーー本日はよろしくお願いします。まずは楠さんのお仕事内容など、自己紹介をお願いします。 

アスノシステムは会社名の通り、メインはシステム開発をしている会社です。私は自社サービスを取り扱う、メディアサービス部の部長を務めております。主力のサービス「会議室.COM」は全国の会議室1000施設、5000会場を検索できます。 

会社全体で170名の社員がいますが、メディアサービス部は全部で11名。事業内容的には社内でも結構、特殊な部署ですね。

 

ーーシステム開発をしている会社で、自社のポータルサイト運営をするのはよくあることなんですか?

会社にはエンジニアがたくさんいて、受託開発をしています。受託開発はそれこそ、クライアントがいて、需要をヒアリングし、クライアントが求めているものを制作します。もちろんそういったお仕事もとても大事なのですが、自分たち発信で新しいサービスを始めて、世の中に求められるものを制作できないかと考えたことがきっかけです。

 

「会議室.COM」は2000年の12月にスタートしたので、今年で20年になります。

 

(会議室.comホームページ) ## テレワークでコワーキングスペースを使うメリット  ーー楠さんはコワーキングスペース「A-Point(アポイント)」の事業責任者もされています。システム開発会社である御社が、どうしてコワーキングスペース事業をはじめようと思ったのかを教えてください。また、A-Pointの特徴はなんでしょうか?  「会議室.COM」を運営しているなかで、データがたまって会議室ソリューションが浮き彫りになってきました。それをもとに自分たちの商材などを販売していたんです。例えば、最新鋭の会議ソリューションシステムなどがあります。   そうしたものをリアルに体験いただける、ショールームを作りたいと思っていたのがきっかけです。 なので、「A-Point」は会議に役立つ製品やサービスを体感できる場所となっています。 会議のなかでも、リアルに会っておこなう会議を、効率的にできるような、ワイヤレス投影システムなど導入されています。   ーーテレワークにコワーキングスペースを使うメリットについて教えてください。  テレワークは、その日にやる仕事によって最適な場所を選ぶことが大事です。それが本筋だと思います。ただ、今はコロナ対策という側面が大きいですよね。  そうなると、出社ができずに在宅で仕事をせざるを得ない方が多いと思います。私もそうなんですけれども、子どもが小さいと、家ではなかなか仕事をするのは大変です。   部屋の事情によっては、夫婦ふたりともが在宅勤務をしていて、会議ができないこともありますよね。そういうときにコワーキングスペースを使ってもらえると、仕事に集中することができます。  在宅以上出社未満というのが、コワーキングスペースの良いところですかね。