生命保険に医療保険、自動車保険など毎月少なくない金額を保険料として支払っているご家庭も多いでしょう。でも、保険に入るときや入ってから時間が経ったとき「この保険は本当に必要なのかな?」と熟考することで保険料が大幅に節約できる場合もありますよ。入る必要がない保険とはどんなものなのか解説します。

自分に合わない保険はいらない

保険が必要なのは、たとえ発生する確率が低くても、起きた時の金銭的なダメージが大きく生活が困窮してしまう場合です。

たとえば火災保険は、家が火事や災害で消失する確率は低くても、もしそうなれば家の資産価値だけでなくその後の生活再建にかかる費用も含め数千万単位のマイナスになるかもしれません。その金額をポンと出せる人はなかなかいませんので、これは加入する価値があると言えるでしょう、

「入ってはいけない保険」は、この「たとえ発生する確率が低くても、起きた時の金銭的なダメージが大きく生活が困窮してしまう場合」に備えるという保険の原則に反するものです。

「入っていけない保険」とは具体的にどんなもの?

たとえば以下のような保険は、保険の本来の意味を考えれば不要にもかかわらず、加入している人が多い保険です。

医療保険

高額療養費や傷病手当金といった社会保障もあるため、入院や手術をしても実際に負担する費用は少なくて済むことがほとんどです。保険の中では受け取れる機会は多いかもしれませんが、かかる費用が少なくもらえる保険金も(保険料の割に)少ないので、十分な貯金がある人には不要でしょう。

貯蓄型の生命保険(個人年金保険、学資保険、外貨建て保険・変額保険)

保険・貯金・運用はそれぞれ分けて取り組んだ方が扱いやすく、効率もいいです。いろいろセットにしたことで商品が複雑になり保険料が割高になっているケースも多いです。しかも昔ほどお金が増えなくなっています。

保険選びは慎重に

不安をカバーするためにとりあえず言われるがまま保険に加入してそのまま放置、これはもったいないかもしれません。保険は月1万円でも数十年に渡って加入し続けることもあるため、トータルで見ると数百万単位の出費になります。よく考え見極めましょう。

 
文・馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)
自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、お金について猛勉強!銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。

【こちらの記事も読まれています】
銀行で賢く貯金する方法は?おすすめ銀行と実践したい貯金習慣
【初心者向け】ネット銀行で口座開設する前に知っておきたいこと
FPが選ぶ、預金をするのにおすすめの銀行6選
低金利時代でも金利は重要!金利が高めの銀行ベスト10
気になる日本のネット銀行ランキング 危ない銀行って本当にあるの?