お金が足りないときは、カードローンなど借り入れを利用したいと考えている人もいるかもしれません。借り入れの中でも「ネットキャッシング」という商品があることをご存じでしょうか。よく比較されるカードローンとの違いも知っておきたいところです。今回はネットキャッシングとはどのようなものなのか、そしてメリットデメリットも紹介します。

ネットキャッシングの特徴は?カードローンとの違いを解説

(写真=PIXTA)

ネットキャッシングとはどういった商品なのでしょうか。詳しく解説していきます。

キャッシングはクレジットカード付帯サービス

キャッシングとはクレジットカードに付帯されている「現金を引き出せるサービス」です。保有するクレジットカードにキャッシング利用可能枠があればATMなどから引き出すことができます。

ネットキャッシングの特徴

ネットキャッシングはクレジットカードのキャッシング枠を利用し、インターネットからキャッシングを申し込むことで、指定した金融機関の口座へ入金されるサービスです。

ネットキャッシングを依頼できる時間や振り込まれる時間は、クレジットカード会社や振込先の金融機関によって異なります。平日の依頼の場合、数分で振り込まれるケースもありますが、土・日・祝日の依頼の場合は、振り込みが翌営業日の朝になる会社もあるため、利用前に確認しましょう。

カードローンとの違いについて

「お金を借りる」といって思いつくのは「カードローン」という人もいるでしょう。そこでここからはネットキャッシングとカードローンの違いについて3つの観点から解説します。

・審査の有無
ネットキャッシングは、クレジットカードの付帯サービスです。キャッシング枠自体がクレジットの付帯サービスなので、キャッシングをする際の審査を改めてする必要はありません。カードローンは借入専用のサービスです。そもそもお金を借りるためのものであり、借り入れが可能かどうかの審査があります。

・金利の違い
ネットキャッシングの金利は15.0~18.0%程度と10%超が一般的です。一方、カードローンの金利は14.0%程度までと金利のが低くなっています。ネットキャッシングは、少ない金額を借りてすぐに返済することを考えて作られた仕組みです。そのためカードローンよりも金利が高めに設定されているのです。

・返済方法の違い
ネットキャッシングの借入金は、基本的にはクレジットカードの引き落とし時に返済が行われます。つまりショッピング利用分と合算して返済金も引き落とされる仕組みです。そのため返済方法も「一括払い」や「リボ払い」となります。引き落としは、クレジットカード引き落としで指定している口座から。一部クレジットカードでは、引き落とし口座以外の本人名義口座を振込先に選べます。またATMからの振り込みによる返済が可能なカードもあります。

反対にカードローンの返済は、ネットキャッシングに比べ多くの返済方法が選べるのが一般的です。「一括払い」「リボ払い」でも指定口座からの引き落としだけでなくATMからの返済も選べます。また引き落とし日が選べるカードローン会社もあります。

♦最短30分で審査回答・最短1時間で融資可能な「プロミス」
>>プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

♦1秒の簡易診断あり!職場連絡基本なしで無利息期間30日間「アイフル」
>>アイフルの詳細はこちら(公式サイト)

♦最大60日間の無利息期間とWEB申し込みがスマートな「レイクALSA」
>>レイクALSAの詳細はこちら(公式サイト)

♦WEB完結申込なら職場連絡なし「SMBCモビット」
>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

♦楽天銀行なら最短1分で振り込み可能な「アコム」
>>アコムの詳細はこちら(公式サイト)

ネットキャッシングのメリットとは?

(写真=PIXTA)

ネットキャッシングのメリットは、主に以下の3つです。

審査がない

クレジットカード付帯サービスのため、カードを持ってさえいれば申し込みや審査は必要ありません。そのためお金が必要になった場合、利用可能枠内であれば即借り入れ手続きができます。至急の資金調達希望であっても審査や契約にかかる時間をチェックする必要はありません。

ネットで完結!店頭に行く必要がない

ネットキャッシングの借り入れ手続きは、クレジットカードの会員サイトから行えます。お金が欲しいときにわざわざ店頭まで足を運ぶ必要がありません。借入金は、クレジットカード引き落とし口座に振り込まれるため、都合がいいときにATMに出金手続きに行きましょう。

返済方法が分かりやすい

ネットキャッシングの返済は、基本的には指定口座からの引き落としで行います。しかもショッピング利用分と一緒に引き落としされます。クレジットカードの引き落とし金額と引き落とし日を把握しておきましょう。

ネットキャッシングのデメリットを確認

(写真=PIXTA)

ネットキャッシングには、以下の2つのデメリットもあります。利用する際は注意点についても把握するようにしてください。

金利が高い

ネットキャッシングの金利はいちばん低くても15%程度と最低金利1%台のカードローンに比べかなり高い傾向です。そのため多額かつ長期間借り入れしてしまうとカードローンよりも支払利息負担が多くなってしまいます。

返済方法が限られている

一般的なネットキャッシングの返済日は、クレジットカードの引き落とし日と同じです(一部、返済日とショッピング分引き落とし日が異なるキャッシングサービスもあり)。ショッピング分の引き落とし日と同日のため、分かりやすいのはメリットですが選択できない点はデメリットといえるでしょう。反対にカードローンは、金融機関にもよりますが毎月の返済日を選ぶことができる傾向です。「給与日後」などに設定することもできます。

また引き落としだけでなくATMからの返済を選ぶことも可能です。

ネットキャッシングが向いている人はどんな人?

(写真=PIXTA)

ネットキャッシングのメリットとデメリットを把握したところでネットキャッシングはどのような人に向いているのかも見ていきましょう。

わざわざ審査を受けたくない人

ネットキャッシングは、クレカ付帯サービスのため、申し込みや契約を改めて行う必要はありません。また審査もありません。「これから申し込みをしたり審査を受けたりするのが面倒」「借り入れまでに時間がかかるのは困る」という人はネットキャッシングを検討してはいかがでしょうか。

借入頻度が少ない人

ネットキャッシングの利用限度額は、ショッピングの利用限度額に含まれています。例えばショッピングの限度額が100万円、ネットキャッシングの限度額が50万円となっている場合、キャッシングで50万円利用していたらショッピングで利用できるのは50万円までです。キャッシング利用が多い人は、それだけショッピング限度額も減ってしまいます。

そのためネットキャッシングは借入頻度が少なめの人に向いているでしょう。

借入額が少なく、すぐに完済できる人

ネットキャッシングは、利用しやすいものの金利が高い点がデメリットです。そのため借入額が少ない人に向いています。支払利息負担を軽減したい場合は、短期間で完済することも大切です。ネットキャッシングに向いている人の特徴をチェックすることでカードローンのほうが向いている人も見えてきます。以下のような人は、カードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

・高額の借り入れを検討している人
- 借入頻度が多い人
- 完済までに時間がかかりそうな人

おすすめのネットキャッシング

ここでは、おすすめのネットキャッシングを4つ紹介します。自分に向いているものはどれなのか探していきましょう。

エポスカード

エポスカードのネットキャッシングの大きなメリットは、借入金の振込先に引き落とし口座以外の本人名義口座を指定できる点です。「普段から利用している銀行が引き落とし口座のある銀行ではない」という人にはおすすめ。またネットでの振り込み依頼は24時間365日行え、振込自体も即時行われます。至急の資金調達というニーズにも応えてくれるのです。

金利 実質年率18.0%
融資までの時間 即時振り込み
借入申込時間 24時間365日
その他 ・ATMからの返済可能
・引き落とし口座以外の指定も可能(本人名義に限る)

イオンカード

イオンカードのネットキャッシングは、最低金利年7.8%という点が大きなメリットです。また即時振り込み対象金融機関であれば振り込み依頼から最短数十秒で入金が行われます。

金利 実質年率7.8%~18.0%
融資までの時間 即時振り込み対象金融機関:最短数十秒
その他の金融機関:
9~15時依頼……即時振り込み
8時59分までの依頼……9時以降
15時01分以降の依頼……翌営業日
借入申込時間 24時間365日
その他 ・ATMからの返済可能(リボ払い返済時のみ)
・借入金の入金および返済はカード設定口座となる

楽天カード

楽天カードを保有かつ楽天銀行を利用する人の場合は、メリットの多いネットキャッシングです。カード利用代金引き落とし口座を楽天銀行に設定していると振り込み依頼から最短数分で借入金が振り込まれます。平日だけでなく休日も即時振り込みしてもらえるため、急ぎでお金が必要な場合も便利です。

金利 実質年率18.0%
融資までの時間 カード引き落とし口座が楽天銀行:最短数分
その他の金融機関:
平日0~8時59分依頼……当日9時以降
平日9~14時49分までの依頼……最短数分
平日14時50分~23時59分以降の依頼……翌営業日の9時以降
金融機関休業日……翌営業日9時以降
借入申込時間 24時間365日
その他 入金・返済はカード引き落とし口座を利用

三井住友カード

三井住友カードのネットキャッシングは「プラチナ」「ゴールド」などカードのランクが上がると金利が下がっていくことが特徴です。ただし他のクレジットカードと異なり、初回利用の前にカード会員サイトから「キャッシングリボ利用枠設定」を行って審査を受ける必要があります。

金利 三井住友カードプラチナ、プラチナプリファード、
ゴールド・プライムゴールド会員:
実質年率15.0%
その他カード:
実質年利18.0%
融資までの時間 最短即時振込可能
※ただし初回利用前に審査あり
借入申込時間 24時間365日
※初回利用時は9~17時(年末年始除く)の申し込みで
最短30分以内に利用可否審査を行う
その他 入金・返済はカード引き落とし口座を利用
ATMから臨時返済も可

ネットキャッシングは手軽な借入方法

わざわざ申し込みや契約をする必要がなかったり審査も不要であったりするなど「すぐに現金を調達したい」と考える人にとってネットキャッシングは強い味方です。返済についてもショッピング利用分と一緒に銀行口座から引き落とされるため、分かりやすい点はメリットといえるでしょう。しかし「カードローンに比べ金利が高い」「返済日が選べない」といった点はデメリットです。

ネットキャッシングの利用を検討する際は、メリットとデメリットについてしっかりと押さえたうえで利用を検討してみましょう。

♦最短30分で審査回答・最短1時間で融資可能な「プロミス」
>>プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

♦1秒の簡易診断あり!職場連絡基本なしで無利息期間30日間「アイフル」
>>アイフルの詳細はこちら(公式サイト)

♦最大60日間の無利息期間とWEB申し込みがスマートな「レイクALSA」
>>レイクALSAの詳細はこちら(公式サイト)

♦WEB完結申込なら職場連絡なし「SMBCモビット」
>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

♦楽天銀行なら最短1分で振り込み可能な「アコム」
>>アコムの詳細はこちら(公式サイト)/

田尻宏子
複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。
複数の金融機関での勤務経験や証券外務員第一種、ファイナンシャル・プランニング技能士2級の資格を活かし、金融関連専門のライターとして活動中。 生損保・不動産・ローンの情報を中心に「誰でも分かりやすい記事をお届けする」をモットーに執筆。

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ