カードローンを申し込んだことを「職場に知られるのは嫌」という人も多いでしょう。カードローン会社によって在籍確認なしに申し込める場合と申し込めない場合があります。知られたくない場合は申込前に情報収集をして申し込む会社を慎重に選択することが重要です。今回は、カードローンをWEB完結で申し込んだ際の在籍確認の有無やWEB完結以外の方法で誰にも知られずにカードローンを利用する方法について解説します。

WEB完結・来店せずに利用できるおすすめのカードローン会社

(写真=PIXTA)

WEB完結・来店せずに利用できるおすすめのカードローン会社を紹介します。即日融資ができる会社から5社、即日融資はできないものの金利が低いカードローン会社から3社選びましたので自分に向いている会社があるかどうかチェックしてくださいね。

10秒簡易審査&WEB完結申込で誰にも知られず利用可能「SMBCモビット」

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 条件が合えば「WEB完結申込」で誰にも知られず利用可能
  • 最短10秒で簡易審査
  • 最大融資可能額800万円

SMBCモビットは、指定の銀行口座に借り入れたお金を振込キャッシングできる「WEB完結申込」が可能です。WEB完結申込で手続きを完了すると電話連絡も自宅への郵送物もないため、誰にも知られず融資を受けることができます。

たたしSMBCモビットの「WEB完結申込」を利用するには次の2つの条件を満たすことが必要です。

・以下いずれかの銀行口座(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)
- 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証

注意したい点は、国民健康保険証または船員保険証に加入している場合にWEB完結申込の対象外になることです。

具体的な手続きは以下の通りです。

1. WEBの公式サイトで10秒の簡易審査を受ける
2. 申込完了画面でユーザーIDを確認
3. 最短30分(※1)で本審査が完了しコールセンターから審査完了の連絡を受ける
4. 手続き完了
5. 最短3分で指定した銀行口座に入金

※1: 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

コールセンターの受付時間は9~21時のため、時間内にすべての手続きを完了するよう、遅くとも20時までには手続きを始めましょう。誰にも知られず利用可能なカードローンをお探しで上記条件に合致する場合は、まずSMBCモビットの利用をおすすめします。ただしSMBCモビットは無利息期間がない点がデメリットです。

無利息期間を重視する場合は、WEB完結申込が可能な他のカードローン会社を検討しましょう。

SMBCモビットのサービス概要
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短30分(※1)
融資スピード 即日融資可能(※1)
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 年齢満20歳以上69歳以下の
安定した定期収入のある人
返済方式 借入後残高スライド元利定額
返済方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 最長60回(5年)。ただし、
返済能力その他の事情にかん

み、合理的な理由があると
認めた場合には、最長106回
(8年10ヶ月)
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
※1: 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
SMBCモビットの詳細はこちら

最高金利が他社より低い&WEB完結で郵送物なし「プロミス」

プロミスのおすすめポイント

  • 最高金利が他の消費者金融系カードローン会社よりも低い(他社は18%、プロミスは17.8%)
  • 最短15秒事前審査(※1)、最短30分で融資可能
  • 初回のみ30日間無利息

プロミスは、本人確認方法を「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」を選択することでWEB完結申し込み・借り入れ・返済ができるようになります。利用できる金融機関数は非常に多いため、簡単にWEB完結ですべてが可能になる点が大きな特徴です。WEB完結で手続きを完了するとカードレスで利用できるため、自宅への郵送物がありません。

家族に知られずカードローンを利用したい人にとってプロミスは検討したい会社の一つと言えるでしょう。プロミスでWEB完結申込を進める手続きは、以下の通りです。

1. WEBの公式サイトから24時間365日いつでも申し込み
2. メールで審査回答
3. WEBでそのまま契約手続きを進めて「カード不要」を選択
4. 本人確認方法を「金融機関口座でかんたん本人確認」または「アプリでかんたん本人確認」を選択
5. 手続き完了
6. 指定した銀行口座に融資金額が振り込まれる

プロミスのサービス概要
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 毎月5日、15日、25日、末日
必要書類 本人確認書類および収入証明書類
担保・保証人の要不要 不要
プロミスの詳細はこちら

※1:事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※1:新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

スマホと運転免許証または銀行口座登録でWEB完結できる「レイクALSA」

レイクALSAのおすすめポイント

  • WEB完結申込で自宅への郵送物をなくせる
  • 運転免許証とスマホだけで「スマート本人確認」あり
  • 初回無利息期間が60日間と長い

レイクALSAもWEB完結で利用できるカードローン会社です。レイクALSAでWEB完結を利用するには、以下条件を満たす必要があります。

・契約時に「スマート本人確認」または「口座登録で本人確認」を選択
- スマート本人確認の場合は運転免許証を持っていること
- 口座登録で本人確認の場合は、「Web自動引落しサービス」の金融機関口座登録が必要

※登録後本人確認書類が必要です。

スマホと運転免許証で完結する「スマート本人確認」を導入している点は、レイクALSAの大きな特徴です。運転免許証を持っていなくても口座登録をすればカードレスで利用でき、自宅への郵送物をなくせます。

レイクALSAでWEB完結申込を進める手続きは、以下の通りです。

1. WEBから8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)の間に申し込み
2. 最短15秒で審査結果表示
3. 運転免許証を持っている場合は「スマート本人確認」を選択
4. 運転免許証がない場合は「口座登録で本人確認」を選択(※登録後本人確認書類のアップロードが必要)
5. 登録の金融機関口座に振り込み
6. レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」を使いセブン銀行ATMからカードレスで借入可能

レイクALSAは、その他にも無利息期間が他社に比べて長く設定されている点も魅力です。初めての利用かつWEBからの申し込みなら200万円までは60日間無利息となります。さらに、初めての利用であれば借入額のうち5万円までは180日間無利息です。

レイクALSAのサービス概要
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 満20歳から満70歳までの人
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 最長5年・1~60回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
レイクALSAの詳細はこちら

WEB完結かスマホアプリからの申し込みで誰にも知られず利用可能「アイフル」

アイフルのおすすめポイント

  • WEB契約時に「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選択すればカードレスで郵送物なし
  • 原則として職場連絡なし
  • 初回のみ最大30日間無利息
  • 借入限度額は800万円

アイフルは、WEB完結かスマホアプリからの申し込みで「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選択すると郵送物なしで利用可能です。また原則的には職場への在籍確認の連絡なしで審査を進めることができるため、誰にも知られずに利用できます。アイフルでWEB完結申込を進める手続きは以下の通りです。

1.

WEBから申し込む際、本人確認書類(場合により収入証明書類)を提出
2.

9~21時のうちにフリーダイヤルへ電話して急ぎの融資を依頼
3.

電話またはメールで審査結果連絡
4.

WEBから契約手続きを進める
5.

カードの受け取り方法は「カードレス」を選択
6.

口座振替の登録
7.

登録した口座へ振り込み

審査の状況によっては職場連絡がある可能性もあります。しかし会社名は出さないため、職場にカードローンを利用していることがバレる可能性は低いです。即日融資を希望する場合は、9~21時の受付時間内に手続きを終えるようにしましょう。アイフルもWEB完結を利用することで誰にも知られず即日融資で利用できるカードローン会社です。

アイフルのサービス概要
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 満20歳以上の定期的な収入と
返済能力を有する人で、
基準を満たす人
返済方式 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 1回の支払いにつき35日以内
または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月
(1~151回)
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
アイフルの詳細はこちら

自動契約機でカードを受け取れば郵送物をなくせる「アコム」

商品のポイント説明

  • WEB契約後に自動無人契約機からカードを受け取れば郵送物なし
  • 初回のみ最大30日間無利息
  • 借入限度額は800万円

アコムは、振り込みによる借り入れであればWEB完結も可能です。24時間365日いつでも借り入れ可能。楽天銀行に口座を持っている場合は最短1分で振り込まれます。取引の明細はアコムのホームページで確認しましょう。

1.

インターネットや電話から申し込み
2.

申し込み後最短1分で口座へ振り込み
※金融機関により振り込まれるまでの時間は異なります。

WEBから申し込んでカードを自動契約機で受け取ることができれば契約書もPDFで発行されるため自宅への郵送物はありません。自動契約機の稼働時間は基本的に9~21時です。ただ店舗によって異なるため、最寄りの自動契約機の稼働時間は必ず確認しておきましょう。

アコムのサービス概要
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 年齢20歳以上の安定した収入と
返済能力を有する人で、
基準を満たす人
返済方式 定率リボルビング方式
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 最終借入日から
最長9年7ヶ月・1~100回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
アコムの詳細はこちら

金利年1.9~14.5%で口座を持っていなくても利用可能「楽天銀行」

楽天銀行カードローンのおすすめポイント

  • 金利年1.9~14.5%
  • 本人確認書類はスマホアプリからできる
  • コンビニATMからは利用手数料が0円
  • 借入限度額は800万円

楽天銀行のカードローンは、金利が年1.9~14.5%と低い点が大きな魅力です。借入金額によって金利は変化しますが最高金利の14.5%(2020年11月時点)は、消費者金融系のカードローン会社に比べてかなり低く設定されています。ただし即日融資はできません。しかし本人確認書類の提出はスマホアプリから簡単にでき、コンビニATMからは利用手数料が0円など利便性の高さも魅力です。

楽天銀行のサービス概要
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
限度額 800万円
審査期間 数日間
融資スピード 数日間
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 満20歳以上62歳以下の定期収入
がある方、
または専業主婦の
方で基準を満たす人
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式D
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 毎月1日、12日、20日、27日
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
楽天銀行の詳細はこちら

カードレスで郵送物なし&無利息期間もあり「ジャパンネット銀行」

商品のポイント説明

  • ジャパンネット銀行の普通預金口座さえあればカードレスで利用できる
  • 金利年1.59~18.0%
  • 無利息期間30日間
  • 借入限度額は1,000万円

ジャパンネット銀行のカードローンは、普通預金口座を持ってさえいればカードレスで郵送物なしの利用が可能です。銀行系のカードローンとしては珍しく30日間の無利息期間もあり借入限度額も1,000万円と他社に比べて高額に設定されている点も目を引きます。金利は年1.59~18.0%と最高金利が楽天銀行に比べて高い点はデメリットです。

しかしジャパンネット銀行の口座を持っている場合は利用しやすいため、検討してみてはいかがでしょうか。

ジャパンネット銀行のサービス概要
金利(実質年率) 1.59%~18.0%
限度額 1,000万円
審査期間
融資スピード
WEB完結可否 可能
学生の利用可否 可能
利用対象 満20歳以上70歳未満の
定期的な収入と返済能力を有し、
基準を満たす人
返済方式 残高スライド元利定額返済方式(A)
残高スライド元利定額返済方式(B)
遅延損害金 20.0%
返済期間・回数 毎月1~28日、末日で設定可能
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人 不要
ジャパンネット銀行の詳細はこちら

普通預金口座とキャッシュカードがあればWEB完結可能「三井住友銀行」

三井住友銀行のカードローンは、普通預金口座とキャッシュカードを持っていれば来店不要でカードローンの利用が可能です。三井住友銀行に口座を持っていなくてもカードローンは利用できますがその場合はローン専用のカードを発行する必要があります。ローンカードは、三井住友銀行のATMコーナーにある自動契約機で発行可能です。

金利は年4.0~14.5%と最高金利が低く設定されているため、低い金利の恩恵を受けやすい点もメリット。

▼三井住友銀行のおすすめポイント
- 三井住友銀行の普通預金口座とキャッシュカードがあればWEB完結で契約できる
- 金利年4.0~14.5%
- 三井住友銀行や提携コンビニATMの利用手数料は0円
- 借入限度額は800万円

カードローンをWEB完結させるメリットとは

(写真=PIXTA)

カードローンをWEB完結で契約するメリットは、主に以下の2点です。

・より速い融資が可能になる
- カードレスなら自宅への郵送物がなくなるため、家族に知られず利用できる

WEB完結で申し込むとインターネット上だけで本人確認書類などのやり取りが可能です。郵送でやり取りするとどうしても数日間のタイムラグが生じますが、WEB完結なら即日融資が十分に可能なスピードで審査や手続きが終了します。またWEB完結かつカードレスでカードローンを申し込むと郵送物がなくなるため、家族に知られることなく利用できる点もメリットです。

そのため「できるかぎり家族に知られたくない」という人は、WEB完結でかつ「郵送物なし」と公式サイトに明記されている方法で手続きを進めると安心でしょう。

カードローンをWEB完結させる際の注意点

カードローンをWEB完結させるためには、いくつかの注意点があります。

・WEB完結で申し込みできる条件に注意
- 郵送物をなくせる手続き方法を確認

WEB完結で申し込みをするには、「特定の銀行口座が必要」「運転免許証が必須」などカードローン会社によってさまざまな条件があります。そのため条件に当てはまらなければWEB完結での申し込みはできません。また郵送物をなくしたい場合は「カードレスにする」「金融機関の口座登録をする」といった条件があります。

WEB完結させるための条件を比較して自分がWEB完結でも手続きを進められるカードローン会社はどこか、確認してから手続きを進めましょう。

カードローンのWEB完結についての疑問に答えます!

カードローンをWEB完結で申し込む場合の疑問についていくつかまとめました。気になる質問があればぜひチェックしてください。

WEB完結のカードローンの場合、在籍確認はないですか?

WEB完結で申し込んだからといって、すべてのカードローン会社が在籍確認しないとはかぎりません。「WEB完結申込で電話連絡をしない」と明言している会社はSMBCモビットのみです。他には、アイフルも原則として在籍確認はしませんが「絶対ない」というわけではないようです。

アイフルやアコムなどの場合は、WEBで申し込んだ後、指定の番号に電話連絡をして在籍確認をしないように相談することも可能です。電話で相談する場合は、必要書類の追加として収入を証明する書類を求められるので用意しておきましょう。

例えば、アコムの場合は在籍確認無しにしたい場合、以下の2つのうちどちらかが提出できれば在籍確認の電話の代わりにすることが可能です。

・勤務先の名前が書かれている健康保険証
- 勤務先の名前が書かれている直近の給与明細書
※アコムのアプリから写真を撮影してアップロードする必要あり

逆に上記2点がない場合は電話での在籍確認は省くことはできません。

WEB完結のカードローンの場合は自宅への郵送物はありませんか?

SMBCモビットの場合は、WEB完結申込で自宅への郵送物はなく指定した銀行口座に振り込む形で融資を受けられます。その他のカードローンの場合は、WEB完結でカードローンの申し込みをしたとしても、自宅へカードや契約書類が送付される可能性があります。

例えばプロミスやレイクALSA、アイフルは、カードレスで利用手続きをすることも可能です。また金融機関の口座登録をするなど所定の手続きを進めることで自宅への郵送物をなくすこともできます。ただしどのカードローン会社でも返済が遅れたり追加でキャッシングをしたりすると自宅に郵送物が送られる可能性はあります。そのため支払いは絶対遅れないように注意してください。

WEB完結のカードローンは専業主婦でも借りられるのですか?

「WEB完結のカードローン」と「専業主婦でも借りられるかどうか」という点に相関性はありません。WEB完結が可能なカードローンのうちカードローンの申込条件に「安定した収入」といった条項が記載されていない場合のみ専業主婦でも借りることができます。消費者金融系のカードローン会社は、基本的に安定した収入を求めているため、収入のない専業主婦は利用できません。

WEB完結にすれば家族にカードローン利用はバレませんか?

WEB完結で申し込むだけでは、家族にカードローンを利用していることがバレるかもしれません。契約時に自宅へ郵送物が来ないようにするには「カードレスを選択するか」「自動契約機や店頭でカードを受け取る」などの手段を取らなければなりません。また返済が遅れると自宅へ催促状などの郵送物が送られてくる可能性もあります。

カードローン会社によっては、追加で融資を受けた場合に郵送物を送ってくる場合もあるため、契約後も「どのような場合に郵送物が来る可能性があるのか」確認しておきましょう。

WEB完結でカードローンを利用するメリットを理解しよう

カードローンをWEB完結で申し込み、借り入れや返済もカードレスにすると自宅に郵送物が来ないようにしたり在籍確認がなくなったりするなどのメリットがあります。ただしWEB完結の申し込みをするには、「特定の金融機関の口座が必要」「運転免許証など特定の書類が必要」といった場合もあるため注意が必要です。

またWEB完結の申込手続きの中でカードレスなど特定の選択肢を選ばなければならない場合もあります。WEB完結でカードローンを利用するメリットについてよく理解してから実際の手続きに入りましょう。

文・藤森みすず
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ