資産運用や投資で購入する金融商品として、株式をしのぐ人気のある投資信託。しかし商品数が多いため、どれを買うべきか迷ってしまう人もいるでしょう。投資信託にも人気・不人気があり、選ぶ際に確認しておくべきポイントもあります。

投資信託はおすすめ?投資信託に投資するメリット

投資信託は、これから資産運用や投資を始める方だけでなく、すでに始めている方にもおすすめできます。その理由は、以下のようなメリットがあるからです。

・少額で始められる
- 分散投資を実現できる
- 専門家に運用を任せられる
- 購入しにくい銘柄にも投資できる

ここからは、それぞれのメリットについて解説します。

メリット①:少額で始められる

投資信託は、100円から始められます。もちろん価格は商品によって異なりますが、他の株式や債券などとは比べものにならないほど少ない金額で始めることが可能です。最低購入価格を他の資産と比べると、以下のようになります。

資産名 投資信託 株式 債券(国債) 不動産
最低購入価格 100円 数万円~ 1万円 数百万~数億円

※株式は単元未満株を売買ができる証券会社においては、より少ない金額で始められる場合があります。

メリット②:分散投資を実現できる

投資信託は構造上、分散投資を実現できる金融商品といえます。なぜなら投資信託は、株式や債券、不動産などの資産や銘柄を組み合わせた金融商品だからです。

例えば「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」という投資信託は、ファーストリテイリングやソフトバンクなど日本でトップクラスの企業の株式を組み合わせています。

分散投資をすると、ある銘柄の株価が下がっても他の銘柄が上がることによって、価格変動による損失が発生しにくくなります。

メリット③:専門家に運用を任せられる

投資信託では、購入する資産や銘柄、売買のタイミングなどを専門家(ファンドマネージャー)に任せることができます。そのため投資家は、購入する投資信託と投資金額、売買のタイミングを決めるだけ済むのです。

メリット④:購入しにくい銘柄にも投資できる

投資信託の中には、日本では購入しにくい海外株式や債券が組み込まれているものがあります。そのため、投資信託を通じて個人では投資ができない商品に投資をすることができます。

\つみたてNISAにおすすめのネット証券/
♦積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦米国株式3000銘柄以上、中国株式ほぼ全銘柄、IPO、IOなど充実のラインナップ
>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

FPがおすすめする投資信託の選び方

高い運用パフォーマンスを狙い、無駄なコストをなくすためには、数ある投資信託の中からどの商品を選ぶかが非常に大切です。ここでは、投資信託の種類と選ぶ際の基準について解説します。

投資信託の種類

投資信託の種類は、「国内・海外」「投資対象」「運用方法」で分けるとわかりやすくなります。投資信託の種類とその特徴は、以下のとおりです。

投資信託の種類 特徴
国内型投資信託 国内の株式や債券、
不動産などを投資対象とする投資信託。
情報を収集しやすく、
価格をすぐに確認できる。
先進国型投資信託 欧米の株式や債券などで運用する投資信託。
政治や経済が成熟しており、
安定したリターンを見込める。
新興国型投資信託 ブラジルや中国、ロシア、
東南アジアなどの資産に投資する投資信託。
経済成長率が高くハイリターンを狙えるが、
政治・経済が未成熟であり暴落が起きる可能性もある。
株式型投資信託 株式を組み入れて運用する投資信託。
他の資産に比べて値動きが大きく、
高いリターンが見込める。
債券型投資信託 債券を投資対象とする投資信託。
債券は株式に比べて値動きが小さく、
リターンが安定している。
不動(リート)型投資信託 マンションやオフィスビル、
商業用施設などの不動産を売買・
賃貸することで利益を上げる投資信託。
分配金の利回りが高い。
コモディティ型投資信託 金や石油、農作物などを投資対象とする投資信託。
株式や債券などとは価格変動が異なるため、
分散投資先として注目されている。
インデックス型投資信託 株価指数や債券市場指数などの
ベンチマーク(インデックス)
に連動する成績を目指す投資信託。
ベンチマークには日経平均やTOPIX、
S&P500などがある。
比較的安定した運用成績が見込めるが、
ベンチマークを超えるパフォーマンスは望めない。
アクティブ型投資信託 ファンドマネージャーが積極的に運用して
インデックスを上回る成績を目指す投資信託。
投資信託の中ではハイリスク・ハイリターンであり、
手数料が高い。

投資信託を選ぶ基準

投資信託を選ぶ際は、以下の基準を参考にするとよいでしょう。

・手数料が安い
- テーマ型ではない
- 毎月分配金がない

まず、手数料の安いものを選びましょう。取引にかかるコストを下げて、運用パフォーマンスを上げるためです。投資信託の手数料には、主に以下の3つがあります。

・購入手数料・・・投資信託を購入するときの手数料
- 信託報酬・・・投資信託を保有している間、運用会社に毎日支払う手数料
- 信託財産留保額・・・投資信託を手放すときの手数料

手数料は目論見書に記載されているので、購入手数料や信託財産留保額がないもの、信託報酬が少ないものを選ぶようにしましょう。なおインデックス型の手数料は、アクティブ型に比べて安い傾向があります。

テーマ型や毎月分配金のある投資信託は、避けたほうがよいでしょう。テーマ型とは、ITや宇宙事業、環境事業などに絞った投資信託のことです。テーマ型は流行っている産業や会社を投資対象にしていることがあり、大きなリターンを期待できます。しかし流行が終わると、いつ暴落するかわかりません。

投資信託の分配金は投資信託の収益から支払われますが、元本から支払われるものもあるため、投資信託の基準価格が下がる原因になります。分配金を受け取る代わりに、保有している資産が目減りするのです。そのため、毎月分配金のある投資信託もおすすめできません。

\つみたてNISAにおすすめのネット証券/
♦積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦米国株式3000銘柄以上、中国株式ほぼ全銘柄、IPO、IOなど充実のラインナップ
>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

人気の投資信託ベスト10

現在(2020年11月)人気のある投資信託ベスト10を紹介します。ランキングは、利用者数が多い楽天証券とSBI証券の買付金額ランキングをもとに作成しました。

順位 商品名
1位 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
2位 SBI・バンガード・S&P500・インデックス・ファンド
3位 楽天日本株4.3ブル
4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド
5位 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
6位 ニッセイ日経225インデックスファンド
7位 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
8位 ニッセイ外国株式インデックスファンド
9位 SBI日本株4.3ブル
10位 楽天全世界株式インデックスファンド

手数料もわかる!FPがおすすめする投資信託商品ベスト3

ベスト10の中でも、特におすすめの投資信託は以下の3つです。

1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
2. eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
3. 楽天・全米株式インデックス・ファンド

それぞれ詳しく解説しますが、上記の3つをおすすめする理由はコストが低く、高い運用パフォーマンスが見込めるからです。

それぞれの特徴を簡潔にまとめると、以下のようになります。

商品名 eMAXIS
Slim米国株式
(S&P500)
eMAXIS
Slim全世界株式
(オール・カントリー)
楽天・全米株式
インデックス・ファンド
ノーロード
100円投資
信託報酬 0.0968% 0.1144% 0.162%
純資産総額 2,032.59 億円 650.23億円 1,603.89億円
投資対象 米国株式
(大型株式)
日本を含む先進国
および新興国株式
「楽天・全米株式
インデックス・
マザーファンド」を通じ、
主に「バンガード・トータル・
ストック・マーケットETF」
に投資
ベンチマーク S&P500 MSCI オール・
カントリー・ワールド・
インデックス
CRSP USトータル・
マーケット・インデックス

※データは2020年11月29日時点

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)をおすすめする理由は、手数料がずば抜けて安く、安定的に成長している米国のS&Pと連動しているからです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は購入手数料のかからないノーロードで、信託報酬も0.09%台と他に比べて圧倒的にコストが低い投資信託といえます。

ベンチマークがS&P500であるところもポイントです。S&P500には米国の中で業績の良い500社の株価をもとにした指数で、業績が悪くなった企業は入れ替えられます。そのためS&P500は、常に米国の優れた企業が対象になっているのです。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の魅力は、全世界の株式に分散投資をしながら高いパフォーマンスを狙えることです。eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の投資対象の地域構成は以下のとおりです。

(引用元:eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)目論見書

先進国に投資してリターンを安定させつつ、新興国からの高いリターンを狙う構成になっています。分散投資を実現できているのでリスクに強い上に、新興国が成長したときの爆発的なリターンも見込める商品といえます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、米国株式市場の動きに連動することを目指しており、「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主に「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資しています。

アメリカの株式市場全体に投資したい方におすすめです。

\つみたてNISAにおすすめのネット証券/
♦積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の詳細はこちら(公式サイト)

♦米国株式3000銘柄以上、中国株式ほぼ全銘柄、IPO、IOなど充実のラインナップ
>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

まずは少額でおすすめ商品を購入してみよう!

投資信託は手数料が安く、運用パフォーマンスが高いものを選びましょう。少額からでも構わないので、投資信託に興味を持った方はまず始めることをおすすめします。

文・魚住剛司
大学卒業後、大手生命保険会社に入社。個人への保険営業と資産運用コンサルティング業務に従事し金融・資産運用の基礎を学ぶ。1年間でお金や投資についての本を100冊以上読破し、資産を10倍以上に増やす。その経験を活かして初心者向けの資産運用方法など、お金についての情報発信を開始。現在は、金融専門のライターとして活動している。FP2級を保有。

【こちらの記事もおすすめ】
貯金専用口座はここがおすすめ!専門家が解説
今からでも遅くない!老後資金をお得につくる「iDeCo」
貯金額の目安はいくら?月10万円は少なすぎ?
「つみたてNISA」の5つのメリット iDeCoとの違いは?
ボーナスの手取り金額はこうやって計算しよう!