2016年にオープンしたカフェダイニング「きせきの食卓」は、横浜市内の「元町・中華街駅」より徒歩約3分。お店は、多くの人で賑わう元町ショッピングストリートの一角、ビルの3階にあります。

きせきの食卓では、仕入れる素材にとことんこだわり、子どもから大人まで、安心・安全でおいしい料理を提供しています。メニュー作りまで妥協せず、お客様へ食への感謝を伝えるカフェダイニングです。

「一人ひとりのお客様のいのちにさわっている」

今回は、お店のメニュー開発・コンセプトづくりまで全てプロデュースをする岩田真理子(いわたまりこ)さんに、お話を伺いました。

「毎日食べたい!」をモットーにした食事づくり

3階までの階段をのぼると、まるで隠れ家を見つけたような気分になります。

賑やかな元町のショッピングモールとは違い、店内は落ち着いた、リラックスできる雰囲気です。ホッとするような柔らかい照明に包まれ、元町の街並みを見渡すこともできます。

写真は、3種類あるランチメニューのうちの「畑のごはん」(税抜1,250円~)。

今回のメイン野菜料理は、「ポテトとひよこ豆のスコップコロッケ」。

「畑のごはん」は、動物性のものを使用していないヴィーガンメニューです。使用しているお野菜は全て無農薬!

ランチは3セットの中からお好きなものをチョイスできます。

基本のAセットは、

  • メイン1品
  • 本日のデリ2品
  • 無農薬無肥料玄米ごはん
  • 北海道大地の味噌汁(「きせきのスープ」に変更する場合+100円)
  • 小鉢

Bセット(1,450円)は、

  • Aのセットの加えオーガニックサラダまたは、きせきのスープ付

Cセット(2,250円)は、

  • Aのセットの加えオーガニックサラダ・きせきのスープ・本日のスイーツ・食後の飲み物付

となっています。その他、お子様用のキッズプレートもあります。

ランチのメニューは、「畑のごはん」の他に「海のごはん」・「山のごはん」と異なるメイン料理を選ぶことができます。

きせきの食卓の一押しは、なんと言っても自慢のお味噌汁とモチモチ玄米!

「ここのご飯とお味噌汁で生きていけるって思えるぐらい、食べたら力が湧いてきます!」

と岩田さん。

味噌は、岩田さんのお父さんの北海道の実家から、直接届きます。店頭で味噌の購入も可能ですよ!

お味噌汁の出汁は、料理家の船越康弘さんの「重ね煮レシピ」を基に作られています。

なんと、出汁の素はしいたけ・玉ねぎ・人参の甘みだけ。ヴィーガンの方も安心して食べることができます。味わい深くて優しく甘い出汁に、口に広がるお味噌の味が最高のコンビネーション。

筆者も、ここのお味噌汁の大ファンです!ぜひ一度は食べて欲しい味です。

もともと農業にも興味があった岩田さん。とってもおいしいモチモチ玄米は、農家から直接仕入れています。長野県安曇野の無農薬無肥料栽培(自然栽培)米は、安心安全のお米です。

写真は、店頭販売のお弁当(税抜1,000円)。

店内にはヨガスタジオが併設されており、ヨガレッスンの前に予約しておけば、出来たてを持ち帰ることができます。

体験レッスンも大募集中!インターネットから予約できます。

心からも体からも元気をチャージできる場所です。

スイーツも、無農薬無肥料の古代小麦を使ったブラウニーやマフィンなどがあり、単品での販売もしています(メニューは変更する場合があります)。白砂糖は一切使用していません。