楽天銀行スーパーローンの申込を検討している人の中には、「一刻も早くお金が必要」という人もいるでしょう。しかし楽天銀行スーパーローンでは、即日融資を受けられません。ここでは、即日融資ができない理由と融資を早めるポイント、詳しい申込方法などについて解説します。

楽天銀行スーパーローンは即日融資ができない

楽天銀行スーパーローンでは、即日融資を受けられません。なぜなら、融資可否を決める審査手順が1つ増えたからです。全国銀行協会(以下、全銀協)の取り決めによって、2018年からカードローンの申込者が反社会勢力の関係者でないか、警察庁のデータベースで照会することになったのです。

その審査手続きに時間を要するため、楽天銀行スーパーローンで即日融資を受けることが難しくなりました。

楽天銀行スーパーローンの融資は最短で翌日

審査手順が増えたことで、楽天銀行スーパーローンの融資実行は最短でも翌日になります。とはいえ、必ず翌日に融資が実行されるとは限りません。審査がいつ完了するかは楽天銀行にもわからないので、融資実行までの期間を明らかにしていないのです。

他銀行系カードローンも即日融資ができない

実は楽天銀行スーパーローンに限らず、他の銀行系カードローンも即日融資はできません。理由は楽天銀行スーパーローンと同じで、審査手順が増えたからです。全銀協が即日融資をできなくしたのには、銀行融資が反社会勢力に流れてしまった事件が関係しているといわれています。

楽天銀行スーパーローンの融資を早くする4つの工夫

(写真=PIXTA)

楽天銀行スーパーローンは、審査手順が増えたため即日融資ができません。とはいえ、融資実行までが遅いというわけではありませんし、融資実行を早める工夫ならできます。ここでは、楽天銀行スーパーローンの融資を早めるための工夫は以下4つです。

・楽天銀行口座を開設しておく
- 必要書類をそろえておく
- 在籍確認を早くする
- 平日の昼間に申し込む

工夫①:楽天銀行口座を開設しておく

楽天銀行口座を持っていると、融資金の受け取りが早くなります。なぜなら、楽天銀行が同行口座への即日融資に対応しているからです。楽天銀行口座を持っていれば、他行の口座と比べて数日早く融資を受け取れる可能性があります

融資金の振込先に他行の口座を指定した場合は、楽天銀行から送られてくるローンカードを受け取らないと融資金を受け取れません。

楽天銀行口座の開設にも時間がかかるので、楽天銀行スーパーローンを利用する前に準備しておいたほうがよいでしょう。

工夫②:必要書類をそろえておく

必要書類をそろえるために役所に行く必要があるため、予想以上に時間がかかってしまうことがあります。必要書類は、早めにそろえておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの申込に必要な書類は、以下とおりです。

1.

楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネットでの申込なら不要)
② 本人確認書類:以下の⑴、⑵のいずれか

⑴以下のうち1点

・住民票の原本またはコピー
- 印鑑登録証明書の原本

⑵以下のうち2点

・運転免許証のコピー
- 健康保険証のコピー
- パスポートのコピー
- その他本人が特定できる本人確認書類

(参照元:楽天銀行カードローン商品概要

工夫③:在籍確認を早くする

在籍確認とは、本人が申込時に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうか、銀行側が会社に電話をかけて確認することです。

楽天銀行スーパーローンでは、在籍確認ができないと融資が実行されません。そのため、なるべく早く在籍確認を終えられるように、あらかじめ都合の良い日時を伝えておきましょう。

工夫④:平日の昼間に申し込む

楽天銀行スーパーローンの融資は、平日の昼間に申し込むと早く実行される可能性があります。なぜなら平日の昼間は基本的に営業時間内であり、審査対応をしているからです。例えば深夜に楽天銀行スーパーローンの申込をしても、審査は翌日以降に行われます。なるべく早く融資を受けたいなら、平日の昼間に申し込むのがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンの審査基準

楽天銀行スーパーローンの審査基準を、確認しておきましょう。まず確認しておきたいのが、そもそも楽天銀行スーパーローンに申し込む資格があるかどうかです。楽天銀行スーパーローンに申し込めるのは、以下の人です。

・満年齢20歳以上62歳以下の方
- 日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
- お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
- 楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方

(参照元:楽天銀行カードローン商品概要

肝心の楽天銀行スーパーローンの審査基準は、残念ながら明示されていませんでした。一般的なカードローンでは、以下のような項目を重点的に確認するので参考にしてください。

・年収
- 職業
- 勤続年数
- 扶養家族
- 他社での借入状況
- 過去の金融事故歴

楽天銀行スーパーローンの貸付条件

楽天銀行スーパーローンの貸付条件をまとめると、以下のようになります。

金利 1.9~14.5%
利用限度額 800万円
審査期間 不明
(最短翌営業日の可能性あり)
担保・保証人の有無 不要

楽天銀行スーパーローンと他の銀行系カードローンの貸付条件比較

次に他の銀行系カードローンとの貸付条件を比較にしてみましょう。

カードローン 楽天銀行
スーパーローン
三井住友銀行
カードローン
三菱UFJ銀行
カードローン
みずほ銀行
カードローン
金利 1.9~14.5% 4.0~14.5% 1.8~14.5% 2.0~14.0%
利用限度額 800万円 800万円 500万円 800万円
審査期間 不明
(最短翌営業日
の可能性あり)
最短翌営業日 不明
(最短翌営業日
の可能性あり)
不明
(数営業日以内)
担保・保証人
の有無
不要 不要 不要 不要

楽天銀行スーパーローンを利用する6つのメリット

楽天銀行は、日本最大規模のECサイトを運営する楽天グループの金融機関です。そのため、楽天銀行スーパーローンには楽天ならではのメリットがたくさんあります。具体的なメリットは、以下の6つです。

・楽天ポイントがもらえる
- 24時間振込による借入ができる
- 返済日を決められる
- コンビニATM利用料が0円
- スマホから24時間申し込める
- 口座を開設していなくてもOK

メリット①:楽天ポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンでは、入会特典として1,000ポイントがもらえます。その他にも、たびたび楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

また入会月の翌月末時点の利用残高によって、もらえるポイントが変わります。詳細は以下のとおりです。

利用残高 ポイント
20万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 1万ポイント
200万円以上300万円未満 1万2,000ポイント
300万円以上400万円未満 1万5,000ポイント
400万円以上800万円以下 3万ポイント

なお楽天ポイントは1ポイント=1円で、楽天ECサイトでのショッピングに使うことができます。

メリット②:24時間振込による借入ができる

24時間、いつでもスマホやパソコンから登録口座への振込による借入ができます。また、コンビニのATMからの借入も24時間対応です。深夜に急にお金が必要になったり、翌日の資金を準備したりするときに活用できます。

メリット③:返済日を決められる

ほとんどの銀行系カードローンの引落日は、銀行によって決められています。

しかし楽天銀行スーパーローンでは、以下の4つから引落日を選べます。

・1日
- 12日
- 20日
- 27日

ただし27日を選べるのは、楽天銀行口座を引落口座として登録している場合に限ります。

メリット④:コンビニATM利用料が0円

ローソンやファミリーマート、セブンイレブンなど、コンビニでの借入が手数料0円で利用できます。イオン銀行や三井住友銀行、みずほ銀行のATM手数料も無料です。またネットから利用する場合も、手数料がかかりません。

メリット⑤:スマホから24時間申し込める

スマホやタブレット、パソコンのWebページやアプリから24時間いつでも申し込めます。申込書類への記入や郵送は、必要ありません。

メリット⑥:口座を開設していなくてもOK

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行口座がなくても利用できます。そのため楽天銀行スーパーローンを利用するにあたって、新たに口座を開設する必要はありません。もともと使っている銀行口座を振込口座として登録すれば、融資金を受け取れます。

楽天銀行スーパーローンの申込から融資までの流れ

ここでは、楽天銀行スーパーローンの申込から融資までの流れを解説します。手順は以下のとおりです。

1. インターネット申込
2. 審査開始
3. 在籍確認
4. 必要書類の提出
5. ローンカードの到着

STEP①:インターネット申込

まずは、インターネットから申し込みます。以下の画像は、楽天銀行カードローンのWebページです。

楽天会員または楽天銀行口座を持っている方は、記入が少なくなります。どちらでもない方は、以下の画面で必要事項を記入しましょう。

STEP②:審査開始

申込が完了したら、審査が始まります。審査期間は不明ですが、数日で完了することが多いです。

審査結果は、申込時に記入したメールアドレスに届きます。

STEP③:在籍確認

審査に通過したら、電話による在籍確認が行われます。電話は、勤務先の方ならどなたが出ても問題ありません。目的は申込者が在籍していることを確認することだからです。

在籍確認が終了したら、申込者本人に契約内容確認の電話がきます。

STEP④:必要書類の提出

その後、前述した必要書類を提出します。必要書類はスマホアプリから簡単に送れるので、郵送する手間がかかりません。

STEP⑤:ローンカードの到着

STEP④までが完了したら、以下のようなローンカードが届きます。

これで、いつでも借入ができるようになります。

楽天銀行スーパーローンのキャッシング方法

楽天銀行スーパーローンのキャッシング方法は、以下の3つです。

・ネットキャッシング
- 電話キャッシング
- 提携ATMキャッシング

方法①:ネットキャッシング

いつでもどこでもスマホからの簡単な手続きで、登録口座へ振込をしてくれます。手数料はかかりません。楽天銀行口座を持っているなら、24時間対応です。他の金融機関の口座を利用する場合は、以下のように時間的な制限があるので注意してください。

(引用元:楽天銀行カードローンの借入方法

方法②:電話キャッシング

楽天銀行カードセンターへ電話をして、登録した銀行口座への振込を依頼できます。カードセンターの受付時間も振込も24時間対応。ただし、登録口座によっては入金が反映されるまでに時間がかかることがあります。

方法③:提携ATMキャッシング

提携ATMから、融資金を引き出せます。手数料が無料のATMと有料のATMがあるので、事前に確認しておきましょう。手数料無料のATMは、以下の金融機関のものです。

(引用元:楽天銀行カードローンの借入方法

即日融資なら消費者金融の活用を検討しよう!

即日融資にこだわるなら、消費者金融の活用を検討しましょう。特に審査期間が短いおすすめの消費者金融会社を、5つ紹介します。

・プロミス
- アコム
- アイフル
- レイクALSA
- SMBCモビット

おすすめ①:プロミス

プロミスは、スマホから融資を申し込める上に、初回無利息サービスを実施しているなど使いやすさに優れています。主な貸付条件は、以下のとおりです。

金利 4.5~17.8%
利用限度額 500万円
審査期間 最短1時間
担保・保証人の有無 不要

おすすめ②:アコム

アコムは借入の可否を3項目の記入で診断するサービスを提供しているため、すぐに借入の可能性を知ることができます。

金利 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
審査期間 最短30分
担保・保証人の有無 不要

おすすめ③:アイフル

スマホで申込が完結し、その後コンビニや大手銀行のATMから引き出せます。また、自分の銀行口座への振込にも対応しているのが特徴です。

金利 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
審査期間 最短30分
担保・保証人の有無 不要

おすすめ④:レイクALSA

「初めてでWeb申込なら60日間無利息」というサービスは、他の消費者金融にはありません。カードがなくても、セブン銀行ならアプリから借入ができます。

金利 4.5~18.0.%
利用限度額 500万円
審査期間 最短15秒(融資実行最短1時間)
担保・保証人の有無 不要

おすすめ⑤:SMBCモビット

申込がスマホで完結するだけでなく、申込後コールセンターに電話すると最短30分で審査結果がわかります。また、返済するたびにTポイントが貯まるサービスも実施しています。

金利 3.0~18.0%
利用限度額 800万円
審査期間 最短30分
担保・保証人の有無 不要

楽天銀行スーパーローンは即日融資不可!メリットを他ローンと比較しよう

楽天銀行スーパーローンでは、残念ながら即日融資を受けられません。しかし融資までスマホで完結し、楽天ポイントがもらえるといったメリットがあります。また、融資を早める工夫もできます。

それでも即日融資にこだわるなら、消費者金融の利用を検討しましょう。

文・魚住 剛司
大学卒業後、大手生命保険会社に入社。個人への保険営業と資産運用コンサルティング業務に従事し金融・資産運用の基礎を学ぶ。1年間でお金や投資についての本を100冊以上読破し、資産を10倍以上に増やす。その経験を活かして初心者向けの資産運用方法など、お金についての情報発信を開始。現在は、金融専門のライターとして活動している。FP2級を保有。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ