モデルで株式会社ARiNaの代表取締役社長・鈴木亜子氏が19日に自身のアメブロを更新。事故に遭い全身を打って救急搬送されたことを告白した。

この日、鈴木氏は「事故に遭いました」と告白し「ドバイでも乗っていたタクシーが事故に遭ったのに まさか帰国してすぐまた乗っていたタクシーが事故に遭うとは…」と驚いた様子でコメント。「顔面と全身を打ち、唇から」「出血し」と明かし「救急車で運ばれてしまいました」と救急搬送されたことを報告した。

続けて「真夜中にMRIなどの検査を経て、帰宅したら明け方でした」と述べ「今日の仕事は申し訳ないけどキャンセル」と説明。「唇が切れ、顔が腫れているのでしばらく人に会えない感じです」と自身の写真とともに明かし「とりあえず、腰と首と顔、それに左右の腕と肩、足も痛いです」とつづった。

また「ドバイと日本、1週間に2回も交通事故に遭うなんて、本当にびっくり」と述べ「何か悪いことをこれで落とした、これ以上は何もないと思ってポジティブに受け取ります」と前向きにコメント。最後に「皆さまもタクシーに乗るときはくれぐれもご注意下さいね」と呼びかけ、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「びっくりしました」「早く良くなりますように」「お大事になさってください」などのコメントが寄せられている。