モデル・ネイボールが20日に自身のアメブロを更新。医師から説明を受けた白血病の治療法について明かした。

19日のブログで、ネイボールは「血液検査の結果は、、、結論から言いますと僕は慢性白血病でした」と告白。「慢性骨髄性白血病なのか それ以外の慢性白血病なのかどちらかによって治療方法が変わってきます」と述べ、医師からは「もう少し日が経てば、骨髄検査の結果で分かり、どのような治療をしていくか決めていきたい」と言われたことを報告していた。

この日は、慢性骨髄性白血病の場合の治療法について「内服抗がん剤(チロシンキナーゼ阻害薬)」と明かし、それ以外の慢性白血病については「点滴抗がん剤+骨髄移植」と説明。「まだやるか分からないですが、骨髄移植について先生に説明して頂きました」と報告し「血が繋がっている家族のなかでも、兄弟が1番型がマッチしやすいそうです」とつづった。

続けて「僕は姉がいるので、骨髄ドナーはまず姉にお願いする」といい「骨髄ドナーの登録は2mlの採血でできるそうです」と説明。「2mlってすごく少ないですよね?何回も確認しちゃいました」と述べ「色々落ち着いたら、妻も登録すると言っていました」と明かし「僕はすでに白血病なので、登録はできません」とつづった。

また「骨髄移植で助かる命があります」とコメント。「僕はこうして発信することしかできませんが、骨髄バンクに興味を持つ人が1人でも増えて、病気から救われる人が増えてほしいです」と願いをつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「頑張ってください」「長い道のりになると思いますが負けないで下さいね」「今後登録しようと思います」などのコメントが寄せられている。