小金井市中町の一軒家ベジごはんカフェ「にしまきごはん」。シェアカフェでごはんを提供していた頃からのファンも多い、評判のお店です。

ほんわか温かい空気の中で出されるごはんは、昔、お母さんやおばあちゃんが、「たくさん食べなさい。」と、出してくれたごはんのよう。野菜たっぷりで、体に優しく、心も満たしてくれるベジごはんです。

それぞれのおなかの減り具合に合わせて、量を加減できるようになっているメニューの気配りはうれしい限り。今回は皆さんに、にしまきごはんワールドをご紹介します!

 

誰もがどこかで見たような、なつかしい一軒家。

小金井中町の住宅街の中に「にしまきごはん」はあります。

この辺りだなと見渡すと、看板が出ていている、ノスタルジックなお家を発見!

店内に入るとすぐにレジカウンターがあり、調理場へと繋がっています。

奥は、畳と板の間の食事スペースとなっています。障子・ちゃぶ台・押し入れ・裸電球、まるで映画のセットに入り込んだかのような感じ。

調理場からお客様が見渡せる作りで、アットホームな空間です。こんなお家に住んでいたわけではないのに、なぜか懐かしく、とても落ち着きます。

 

お子様連れのお客様にも大人気。安心安全な食材と、落ち着ける場所。

お店の入り口前の駐輪スペースには、ずらりと並んだバギーが。微笑ましい光景で、心も和みます。

畳の席の横は、押し入れを改造した遊びスペースとなっています。

ライターがお邪魔した時も、可愛いお客様がママと一緒にランチに来ていました。ママ達は、遊びスペース横の席でゆったりランチ。お子さんも食事が終わるとお家にいるように落ち着いて遊んでいましたよ。ごろんと寝転んでも大丈夫。

ランチも安心安全の食材を使用していますし、ママにとってもお子さんにとっても安心できる場所のようです。

可愛いぬいぐるみや、おもちゃなどは、お客様が持ち寄ってくれたもの。皆さん、にしまきごはんを愛しているのですね。この日は、幅広い年齢層のお客様で満席でした。お弁当を買って帰るお客様もいらして、すごい人気です。