三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」でもっと借りるために、利用限度額を増額したいと考える人もいるでしょう。増額するには審査に通過する必要があります。

今回は、増額審査のポイントや手続き方法、注意点について解説します。増額手続きをする際の参考にしてください。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の増額審査でチェックされるポイント

借入をするためには、以下の条件を満たす必要があります。

・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で、保証会社(アコム)の保証を受けられる
- 原則安定した収入がある

審査に通過するための具体的な基準は公開されていませんが、上記の条件およびアイフルなどが審査に関して一部公開している情報をもとに、一般的に重要とされるポイントについて解説します。

ポイント1:利用実績

カードローンの増額で重視されるポイントの一つに、利用実績・期間があります。一定期間利用し、遅れなく返済した実績があると、契約者に信用があるため増額審査で有利になる可能性があります。

利用開始から半年以内だと、増額は難しいと言われています。

ポイント2:年収

当然ながら、年収は高いほうが審査でプラスになります。契約時より年収が増えていることが望ましいです。

ポイント3:勤続年数

勤続年数が長いほど、職場に定着していることになります。継続的に給与を得ているため、返済能力も高いと判断されるので、審査でプラスに働きます。

逆に転職したばかりの人は、要注意です。前職の勤続年数が長くても、転職にて間もないと審査で不利になることがあります。

ポイント4:他社の借入・返済状況

他社のカードローンやキャッシングの利用状況も重要です。すでに多額の借入があったり、返済が滞っていたりすると、増額が認められない可能性が高くなります。

ローンやキャッシングなどの借入・返済状況は、すべて信用情報機関に記録されています。

金融機関は必要なときに信用情報を参照できるので、他社からの借入状況もわかります。滞納や遅延があると、すぐにバレます。

三菱UFJカードローン「バンクイック」で増額する2つのメリット

(写真=PIXTA)

利用限度額の増額には、以下のようなメリットがあります。

金利が低くなる

バンクイックを含め、カードローンは利用限度額が高いほど金利が低くなる傾向があります。例えば200万円のカードローンを1枚持つほうが、50万円のカードローンを4枚持つよりも金利が低くなることがあるのです。

ただし新たに借りれば、返済額が増えることになります。借入が増やしすぎると返済負担が大きくなり、延滞するリスクが高まります。

複数のローンを利用するより管理しやすい

複数のローンを利用すると、返済期日や返済額が異なるため管理が大変になることも。返済日を間違えたり、滞納につながったりする恐れもあります。

増額をして1社のみを利用するほうが、管理は簡単です。返済する手間が減り、返済が遅れる危険も少なくなります。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の3つの増額方法

増額を申請する方法は、3つあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

増額方法1:インターネットでの手続き

24時間受け付けており、自分の都合の良い時に申し込めるのがインターネットのメリットです。仕事が終わった後や家事が片付いた後、ゆっくり自宅で申し込めます。

具体的な申込方法は、以下のとおりです。

1.会員ページにログイン

2.「利用限度額増額申し込み」をクリック

画像参照元:https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp/kyokuzou/

ログイン後のトップページの上部に「利用限度額増額申し込み」のボタンがあるので、クリックしましょう。

3.登録内容の確認

画像参照元:https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp/kyokuzou/

住所・勤務先・勤務先住所・所属部署名が表示されます。問題なければ「次へ」をクリック、修正する場合は「ご登録情報の変更」をクリックして修正しましょう。

4.お客様情報の入力

画像参照元:https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp/kyokuzou/

現在の年収、他社借入の件数・金額を入力します。他社借入は、銀行ローン、カード会社・信販会社、消費者金融で別々に記入しましょう。

すべて入力したら、「次へ」をクリックします。

5.内容確認

画像参照元:https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp/kyokuzou/

画面の表示内容を確認し、「完了」をクリックします。

6.書類提出

画像参照元:https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp/kyokuzou/

「書類提出はこちら」をクリックし、本人確認書類や収入証明書類のファイルをアップロードします。なお提出できる書類の例は以下のとおりです。

本人確認書類 ・運転免許証
・個人番号カード
・パスポート(日本国発行のもの)
・各種健康保険証
・在留カード
・住民基本台帳カード
収入証明書 ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1・その2
・確定申告書第1表・第2表

増額方法2:フリーダイヤルでの手続き

会員ページを利用できない場合、以下のフリーダイヤルに電話して手続きをしましょう。

電話番号:0120-76-5919
受付時間:平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3は対象外)

増額方法3:増額を打診する案内メールが来ることも

バンクイックのほうから、増額を打診する連絡が届くこともあります。公式ホームページにも、利用状況に応じて利用限度額増額をメールで案内するという記載があります。

増額に関する案内が来る人は、バンクイックからの信頼度が上がった人である可能性が高く、借入実績があり、返済も毎月遅れずに行っている人が対象と考えられます。

案内を受け取ったときにちょうど増額したいと考えていたのであれば、申し込んでみるのもよいでしょう。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の増額では収入証明書が必要なことがある

(写真=PIXTA)

増額で50万円超の利用限度額を希望する場合は、収入証明書の提出を求められます。申込と同時に提出すると審査が早く終了するので、事前に画像ファイルを用意しておきましょう。

収入証明書として利用できるのは、以下の書類です。

・源泉徴収票
- 住民税決定通知書
- 納税証明書その1・その2
- 確定申告書第1表・第2表

画像を撮影するときは、文字が鮮明に見えることを確認しましょう。審査担当者が読み取れない場合、再提出を求められる可能性があります。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の増額審査、4つの注意点

(写真=PIXTA)

ここからは、増額審査を受けるときに注意しておくべきポイントについて解説します。

注意点1:審査に落ちれば増額できない

増額を申し込むと必ず審査が実施され、審査に通過した人だけ増額が認められます。誰でも通るわけではなく、残念ながら審査に落ちてしまうケースもあります。

注意点2:逆に減額されてしまうこともある

増額審査の結果、逆に利用限度額を下げられてしまうことも。返済能力が以前より落ちたと見なされると、利用限度額が減らされてしまうのです。

特に年収が大幅に下がったり、他社からの借入が大きく増えたりした人は、増額を申し込むことで逆に減額されるリスクがあることを覚えておきましょう。

注意点3:在籍確認が行われることもある

増額の審査では、在籍確認が行われることもあります。特にローン契約時とは職場が違う場合は、改めて在籍確認が実施される可能性が高いです。

勤務地や所属部署が変わったり、出向や派遣先変更があったりした人は気をつけましょう。会社や所属部署が契約時と変わらない場合は、在籍確認は行われないケースもあります。

注意点4:無計画の借入や借りすぎに注意

増額が認められたとしても、無計画にズルズル借入を続けることはやめましょう。毎月の返済額が増え、返済できなくなる恐れがあるからです。

利息は借入期間によって変動するので、返済が長引けば利息の負担も大きくなります。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の増額審査に落ちやすい人、4つの特徴

(写真=PIXTA)

増額審査で落ちてしまうのはどのような人なのか、4つのパターンを解説します。

特徴1:他社で遅延・滞納をした

他社の借入・返済状況がチェックされるので、信用情報でローンやクレジットカードで返済が遅れた記録が残っていると返済能力が疑われて、審査に落ちる可能性が高いです。

普段から返済期日に遅れることなく、確実に返済することが大切です。

特徴2:他社での借入額が多い

他社で多額の借入があると、これ以上の増額は貸し過ぎになると判断されてしまうことも。増額を希望するなら、なるべく他社の借入は増やさないようにしましょう。

特徴3:利用期間・実績が不十分

カードローンを契約してから間もないと、実績が十分でないため審査に落ちる可能性があります。目安としては、契約してから半年以上経ってから申し込むようにしましょう。

特徴4:新規申込の時よりも年収が下がった

年収が下がると、返済能力が不十分と判断される可能性が高くなります。前述のとおり、限度額の引き下げにつながることもあるので要注意です。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の審査に落ちてしまったら

残念ながら増額審査に落ちてしまった人は、再度申し込んでも同じ結果になる可能性が高いです。よって、別のカードローンに申し込みましょう。

消費者金融のカードローンに申し込んでみる

バンクイックなどの銀行系カードローンは、消費者金融のカードローンよりも審査が厳しいと言われています。消費者金融よりも金利が低いので、より信頼できる人にしか貸さない傾向があるからです。

よってバンクイックに落ちた人でも、消費者金融のカードローンの審査に通過する可能性はあります。

アコム以外を検討するのがおすすめ

消費者金融では、アコム以外に申し込むのがおすすめです。具体的にはアイフル・レイクALSA・プロミスなど。

その理由は、バンクイックの保証会社はアコムであり、増額のときにはアコムの所定の審査も実施しているからです。バンクイックの審査情報はアコムでも共有されているため、アコムに申し込んでも審査に通らない可能性が高いと考えられます。

注意点を踏まえて三菱UFJカードローン「バンクイック」の増額を申し込もう

バンクイックの増額は、インターネットや電話で簡単に申し込むことができます。増額には、複数社の契約より利息が下がる、管理がしやすいといったメリットがあります。

ただし借入が多くなると、返済の負担も増します。くれぐれも借入は計画的に行いましょう。

文・安藤真一郎(ライター・ファイナンシャルプランナー)
主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説することを心掛けています。関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ