三菱UFJ銀行には専用のおまとめローンはありません。しかし、三菱UFJのカードローンである「バンクイック」を、おまとめローンとして使えないかと考えている人もいるではないでしょうか。

複数の借入を1つにまとめると、さまざまなメリットがあります。今回はバンクイックの申込手続きや、おまとめローンとして利用するメリットなどを解説します。

おまとめローンとは

まず、おまとめローンはどのようなローンなのか、整理しておきましょう。

借入を1つにまとめるローン

おまとめローンとは、借入先を1つの金融機関にまとめるローンのことです。おまとめローンを契約し、そこで借りたお金で他の金融機関の借入を一括で返済し、その後おまとめローンの金融機関に返済していきます。

カードローンやキャッシングをいくつも契約していると、返済日や返済額が違うため管理が大変になります。おまとめローン1本のみにすれば、返済が毎月1回になるので手間が省けます。

毎月の返済負担を軽くできるのがメリット

複数社と契約していると、1つずつの返済額は少額でも、合計すると大きな金額になることも。これまでよりも低い金利のおまとめローンに借り換えれば、毎月の返済額を減らすことができます。

三菱UFJ銀行の「バンクイック」をおまとめローンとして利用できる

三菱UFJ銀行には、専用のおまとめローンはありません。しかし、カードローンのバンクイックをおまとめローンとして活用できます。

「バンクイック」の商品概要

金利 年率1.8~14.6%
利用限度額 10万~500万円
申込資格 ・年齢が20歳以上65歳未満で国内に居住する方
・保証会社(アコム)の保証を受けられ方
・原則安定した収入がある方
返済方法 ・口座引き落とし
・ATM
・振込(オンラインバンキング)
返済期日 ・毎月指定日
・35日ごとの返済

バンクイックを申し込めるのは、20~65歳未満の方です。職業・職種などに関する制限はありませんが、安定収入があることが前提です。

バンクイックは保証会社としてアコムを利用しているため、三菱UFJ銀行の審査に加えてアコムの審査も受けることになります。

資金の利用使途は特に制限されていない

バンクイックの資金の利用使途に関しては、「さまざまな用途にお使いいただけます(事業性資金を除く)」となっています。よって、基本的に融資されたお金の利用目的を制限されることはなく、おまとめローンとして利用することもできるのです。

審査に通過すればおまとめローンとして利用できる

バンクイックに申し込むと、審査が行われます。年収や他社の借入状況などから、返済能力に問題がないかチェックされます。

バンクイックの審査結果は、最短で申込日の翌営業日の9:00~21:00です(土日・祝日は9:00~17:00)。審査結果が早く出れば、融資までの時間も短くなります。

三菱UFJ銀行の「バンクイック」でおまとめローンを利用する7つのメリット

(写真=PIXTA)

バンクイックをおまとめローンとして利用すると、以下のようなメリットがあります。

窓口に行かず迅速に手続きできる

バンクイックの申込み方法は、インターネット・電話・専用のテレビ窓口の3種類です。いずれも申込みから契約まで、通常の銀行窓口に出向く必要はありません。

インターネットなら24時間申込みを受け付けているので、深夜や休日でも手続きができます。

銀行口座を持っていなくても利用できる

バンクイックを申込む際、三菱UFJ銀行の口座を持っている必要はありません。返済も、ATMや振込を利用できます。ただし、口座引き落としを利用できるのは三菱UFJ銀行の口座のみです。

三菱UFJ銀行のオンラインバンキングである「三菱UFJダイレクト」を使うと、手数料無料で振込による返済ができます。

返済をサポートするサービスもある

バンクイックには、メールによるお知らせサービスがあります。返済期日の3営業日前になると、期日が近づいたことをメールで通知してくれるサービスです。

また、返済期日に返済していない場合は翌営業日に「入金のお願い」メールが届くので、返済していなかったことにすぐ気づけます。

返済日を自分で指定できる

返済期日を指定日制にすれば、自分の都合の良い日に設定できます。給与の振込日などお金に余裕がある日や、管理しやすい日などを選ぶとよいでしょう。

返済方法を3つから選べる

バンクイックの返済方法は3種類から選べますが、自動で手間なく返済したい人は口座引き落としがおすすめです。ATMでの返済は三菱UFJ銀行に加え、セブン銀行・ローソン銀行・イーネットも手数料無料で利用できます。

お金に余裕ができて臨時の返済をしたいときは、ATMや振込で追加の返済をすることもできます。

限度額によって金利が下がる

バンクイックでは、利用限度額が高くなるにつれて適用される金利が下がります。よって、まとまった利用限度額で契約できれば、以前より金利が下がる可能性があります。

金利が下がると利息の負担を減らせるので、返済が楽になります。総返済額も少なくなるので、トータルで見てもお得です。

最短で翌営業日に融資を受けられる

ローンカードの受け取りをテレビ窓口にすれば、最短で申込みの翌営業日に受け取れます。カードを受け取ればすぐに借入ができるので、急いでいる人におすすめです。

郵送での受け取りにすると、審査・契約から1週間ほどかかります。

三菱UFJ銀行の「バンクイック」の審査でチェックされるポイント

(写真=PIXTA)

ここからは、審査で重視されるポイントについて解説します。

他社からの借入状況

ローンやクレジットカードなどの利用状況は、信用情報機関に登録・共有されているので、金融機関は審査の際に申込者の情報を参照できます。

よって他社からの借入件数・金額や返済状況は、調べればすぐにわかります。申請時に嘘をついてもごまかせません。

借入があること自体が問題ではなく、件数や金額が多すぎないかをチェックされます。また過去に延滞の記録がある場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。

返済能力

ローンの審査では、申込者の返済能力も問われます。基準は金融機関によって異なりますが、年収・勤続年数・未既婚・同居人数など、さまざまな要素から判断されます。

例えば年収を超える金額を借りようとしても、審査に通過することはまずありません。また、他社からの借入額を足すと年収を超えるような場合も難しいでしょう。

三菱UFJ銀行のおまとめローンの申込み手順

バンクイックの申込み手順と、申込みに必要な書類について解説します。

ネット申込み

24時間自分の都合の良いときに申込めるので、大変便利です。日中は忙しい人も、夜間に落ち着いて申込むことができます。

公式ホームページにパソコンやスマートフォンでアクセスし、申込みフォームに、氏名・住所・生年月日などを記入して送信します。その後、本人確認書類や収入証明書類を提出することになります。

書類提出方法はWEBでのアップロード、郵送、FAXから選べます。最短で提出できるのは、WEBでのアップロードです。これを選ぶ場合は、事前に画像ファイルを用意しておきましょう。

電話

担当者にいろいろ相談したい人や、直接質問をしたい人は電話で申込むとよいでしょう。以下のフリーダイヤルにかけてください。

電話番号:0120-959-555
受付時間:平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00

なお、1/1~1/3は受け付けていません。電話で申込む場合も、その後本人確認書類や収入証明書を提出することになります。

テレビ窓口

三菱UFJ銀行のATMコーナーなどにあるテレビ窓口を利用する方法です。担当者と話をしながら申込むことができ、本人確認書類などもその場で提出できるのがメリットです。

事前に、運転免許証など必要な書類を用意してから出向きましょう。

申込みに必要な書類

申込みの際は本人確認書類、また50万円以上の借入を希望する場合は収入証明書も必要です。本人確認書類として利用できるものは、以下のとおりです。

・運転免許証
- 健康保険証
- パスポート
- 個人番号カード
- 在留カード
- 特別永住者証明書

収入証明書は、以下のいずれか1点を提出しましょう。

・源泉徴収票
- 住民税決定通知書
- 納税証明書その1・その2
- 確定申告書第1表・第2表

電話またはテレビ窓口で申し込む場合は、「ご利用申込書」も提出することになります。

三菱UFJ銀行の「バンクイック」の審査に落ちたら?

バンクイックの審査に落ちてしまった場合は、他社のおまとめローンに申込みましょう。

他社のおまとめローン

銀行や消費者金融では、おまとめローン専用の商品を取り扱っているところがあります。バンクイックより金利が低いかどうかは金融機関や利用限度額によって異なるので、公式ホームページの情報をチェックしてみましょう。

例えば、消費者金融のアイフルには「おまとめMAX」「かりかえMAX」というサービスがあります。アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」、利用中の人は「おまとめMAX」を利用することになります。

消費者金融ならアコム以外がおすすめ

アコムは、バンクイックの保証会社の役割も担っています。よって、アコムによる所定の審査も受けることになります。

バンクイックの審査に落ちた情報はアコムにも共有されているので、アコムに申込んでも審査で落ちる可能性が高いです。消費者金融なら、アコム以外を選びましょう。

三菱UFJ銀行のおまとめローンに申し込む前に「お試し診断」を受けてみよう

「申込みたいけど、審査に通るかどうか不安……」という人もいるでしょう。そんなときにおすすめなのが、公式ホームページにある「お試し診断」です。

年齢・性別・未既婚・他社の借入状況を入力するだけで、バンクイックを利用できる可能性を診断してもらえるサービスで、誰でも無料で利用できます。氏名・住所など個人情報を入力しなくて済み、信用情報機関に申込み情報として登録されることもありません。

30代、女性独身、借入状況を1件・50万円と入力して診断すると、「バンクイックをお申込み可能と考えられます」と出ました。ただし、これはあくまで簡易審査なので、本審査では違う結果になる可能性もあります。

なお「他社の借入件数」が4件以上の場合、年齢や金額などをどのように入力しても「ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした。」というメッセージが表示されます。

よって他社の借入件数が4件以上あると、審査に通過するのは難しいと考えられます。

三菱UFJ銀行「バンクイック」をおまとめローンとして使うのがおすすめの人

(写真=PIXTA)

ここまで解説してきたバンクイックの特徴から、利用をおすすめする人は以下のとおりです。

審査結果を早く知りたい人

バンクイックの審査結果は、最短で申込日の翌営業日に知ることができます。またカードの受け取り方法をテレビ窓口にすれば、最短で申込日の翌営業日にすぐ借入ができるのもメリットです。

審査結果を少しでも早く知りたい人、早く借入をしたい人におすすめです。

銀行口座を増やしたくない人

バンクイックは、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても申込めるので、カードローンのためだけ銀行口座を増やしたくない人にも向いています。

低めの金利を希望する人

銀行カードローンは、消費者金融より金利を低めに設定しているところが多いです。高い金利を避けたい人は、バンクイックなどの銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

他社の借入件数が少ない人

前述の「お試し診断」での解説のとおり、他社の借入件数が4件以上あると審査通過は難しくなります。借入件数が3件以下のなら、審査に通る可能性があります。

三菱UFJ銀行の「バンクイック」でのおまとめローンを検討してみよう

三菱UFJ銀行のカードローンにはおまとめ専用のローンはありませんが、バンクイックをおまとめローンとして利用することができます。

バンクイックには、申込み方法が3種類から選べる、最短で翌営業日に融資してもらえるといったメリットがあります。気になる人は、まず「お試し診断」を受けてみてはいかがでしょうか。

文・安藤真一郎(ライター・ファイナンシャルプランナー)
主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説することを心掛けています。関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ