即日融資を受けたいなら消費者金融系のカードローンが適しています。しかし消費者金融のカード会社も大手から中小までたくさんあるため、「どこが特に早く融資できるか」は、分かりにくいかもしれません。

そこで今回は 即日融資可のカードローン会社5社をピックアップ し、 「審査スピード」と「融資スピード」でランキング しました。

会社によって最短15秒で審査完了する場合も。即日融資が可能なカードローン会社にも、金利や申し込み手続きに違いもあります。あわせて比較しましょう。

※当社調べ

即日融資可能なカードローン おすすめランキング TOP5

即日借り入れが可能な消費者金融カードローンランキングTOP5を紹介します!

「審査スピード」と「融資までのスピード」を比較して順位を出しましたが、これらが同等の場合は、その他のサービスの利便性なども考慮しランク付けしています。

\おすすめカードローン会社TOP4/

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~
17.8%
最短30分
申込はこちら
5万円以下なら
180日間
4.5~
18.0%
最短60分
申込はこちら
アコム 初回のみ
30日間
3.0~18.0% 即日融資
申込はこちら
初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
最短60分
申込はこちら
モビット 3.0~
18.0%
即日融資可(※)
申込はこちら

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~
17.8%
最短30分
申込はこちら
5万円以下なら
180日間
4.5~
18.0%
最短60分
申込はこちら
アコム 初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
即日融資
申込はこちら
初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
最短60分
申込はこちら
モビット 3.0~
18.0%
即日融資可(※)
申込はこちら

1位:プロミス

プロミスのスピード

  • 審査スピード:最短15秒事前審査
  • 融資スピード:最短30分

プロミスは、審査・融資ともにかなりスピーディー!特に融資までは最短30分も可能なため、1位に選出しました。

✔︎スマホ専用のサービスで最短15秒事前審査!融資最短30分!
スマートフォンからの申し込みに特化した「少ない項目で最短 15 秒回答」 なら、仮審査の結果が最短15秒でわかり、借り入れ可能かの見込みをスピーディーに確認できます。その後本審査に進み、 融資までも最短で30分! スマホを使っているならぜひ試してみてほしいサービスです。

サービス受付時間は9:00~21:00で土日も審査可能。ただし、申し込み時間には注意が必要で、20:30前には申し込みを完了しないと融資は翌日以降になる可能性があります。

なおこのサービスの契約時点の融資上限額は50万円なので、少額を素早く借り入れしたいという人に向いているサービスと言えるでしょう。

✔︎限度額500万円の「フリーキャッシング」、急ぎならWebかアプリで
50万円を超える金額を借り入れしたい場合は、限度額500万円の「フリーキャッシング」に申し込みましょう。

申し込み方法は無人契約機なども含め全部で6種類ありますが、 最短で融資を受けたいなら365日24時間申し込み可能なWeb・アプリ からが最適。

ただし、その日のうちに融資を受けたいのであれば、やはり申し込みの「時間」には注意が必要です。審査にかかる時間は最短30分なので受付終了時間21:00から逆算し、少なくとも20:30までには申し込みを済ませるようにしましょう。

※審査に通ってもお手持ちの口座が休日や夜間の振り込みに対応していない場合は、口座に入金が反映されるまでに時間がかかります。口座の振込可能時間も確認しておきましょう。
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

【プロミス その他のおすすめポイント】
✔︎最短10秒でお振込み可能なサービス「瞬フリ」

すでにプロミスの会員であれば、「瞬フリ」というサービスも利用可能です。「瞬フリ」なら24時間365日借り入れを申し込みでき、最短10秒でお振込み可能です。

✔︎上限金利は他の消費者金融より低め
プロミスは上限金利が17.8%と他の大手消費者金融に比べて低い点も魅力。利息を節約できる点も強みです。

✔︎郵送なし、Webで完結
Web完結で申し込めば、「アプリでかんたん本人確認」を利用し、カードレスにすることで郵送物をなくすことができます。自宅に郵送物が届く心配がありません。

プロミスの詳細はこちら
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
借り入れ限度額 1万円~500万円
WEB完結 可能
無利息期間 30日
利用対象者 年齢20~69歳の安定した収入のある方。
主婦や学生でも安定した収入がある場合は審査のうえ利用可能。

2位:レイクALSA

レイクALSAのスピード

  • 審査スピード:最短15秒
  • 融資スピード:最短60分

審査時間は最短15秒とダントツのレイクALSA。

1位のプロミスも仮審査は15秒でしたが、これはあくまで仮審査の時間です。しかしレイクALSAは時間内であれば最短15秒で実際の審査結果が分かります。また、融資時間も最短60分とかなりスピーディーなため、2位にしました!

✔︎審査は最短15秒!審査結果もその場で確認
レイクALSAは、Webからの申し込みなら 「最短15秒審査」 をうたっているカードローン会社です。

さらに次の時間内であれば、 審査結果をそのまま画面に表示させて確認 できるので、よりスピーディーに融資までのステップを進めることができるでしょう。急いでいる方にとっては嬉しいサービスですね。

審査結果のお知らせ時間
通常 8:10~21:50
毎月第3月曜日 8:10~19:00

※この時間以外では審査結果はメールなどで届きます。

✔︎レイクALSAなら21時までの申し込みで最短即日融資
審査通過後は、 21時(日曜は18時)までに契約手続きを完了させることで、最短60分で融資が可能。 お申し込みは24時間365日いつでもできます。

契約もそのままWebできます。もちろん、店頭でも契約可能。都合に合わせて選んでみてください。借り入れは振り込みか近くのATMで。ご自身の都合に合わせた取引ができる点もレイクALSAの強みでしょう。

【レイクLISA その他のおすすめポイント】
✔180日の無利息期間あり
レイクALSAは無利息期間が長い点も特徴です。インターネットからの申し込みに限りますが、はじめての利用ならば200万円以内の融資なら無利息期間60日、5万円以内ならなんと180日の無利息期間(※1)があり、他社の「30日間」を大きく上回っています。

レイクALSAの詳細はこちら
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
借り入れ限度額 1万円~500万円
WEB完結 可能
無利息期間 60日間、180日間
利用対象者 20歳以上71歳未満
国内に居住する人
ご自分のメールアドレスをお持ちの人
日本の永住権を取得されている人

3位:アコム

アコムのスピード

  • 審査スピード:最短30分
  • 融資スピード:最短即日融資

アコムは最短30分で審査完了をうたっており、レイクALSA、プロミスに次ぐ審査スピードです。

✔︎最短で融資を受けるには、Webか電話で事前申し込みを!
審査結果が出た後は、
・Web
・自動契約機「むじんくん」
・来店
のいずれかで契約を進めます。

自動契約機、もしくは来店で契約を進めたい場合には、事前にWEBか電話で申し込み をしておきましょう。そうすることで融資までの時間を短縮できる可能性があります。

✔︎アコムの自動契約機なら、土日でも即日融資可
Webでの申し込みなら、365日24時間申し込み可能。
ただ、担当者に相談しながら手続きを進めたいという方は、自動契約機や店頭窓口での契約もおすすめ。

アコムの場合、 全国に多く設置されている自動契約機「むじんくん」を利用することで、土日祝でもカードを発行して融資を受ける ことができます。店頭は土日祝は休みのため、アコムの自動契約機が近くにあれば検討してみましょう。

自動契約機(むじんくん)の営業時間
・9:00~21:00
・年中無休(年末年始を除く)

【アコム その他のおすすめポイント】
アコムは24時間、土日も即日振込が可能です。(金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。)

アコムの詳細はこちら
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借り入れ限度額 1万円~800万円
WEB完結 可能※
無利息期間 30日間
利用対象者 20歳から69歳までの安定した収入がある方。

4位:アイフル

アイフルのスピード

  • 審査スピード:最短30分
  • 融資スピード:最短即日

アイフルも審査が最短30分で完了します。

✔︎スピードアップしたいならフリーダイヤルで相談を!
インターネットから申し込み手続きをした後、 フリーダイヤルへ電話をすることで優先して審査を開始 してもらえる可能性が。

フリーダイヤルの受付時間は9:00~21:00のため、即日借り入れを目指すならこの時間内に申し込みを済ませてください。

【アイフル その他のおすすめポイント】
✔スマホアプリがあればコンビニATMから引き出し可能

スマホアプリご利用の方はお近くのローソン銀行ATMやセブン銀行ATMによるお取引が可能です。また提携ATMなど全国のATMからもご利用可能です。

✔︎3.0%~9.5%!低金利の「ファーストプレミアムカードローン」
初めてアイフルを利用する人およびインターネット申込者限定で低金利のローンが利用できる点も見逃せません。「ファーストプレミアムカードローン」は、金利が年3.0~9.5%と銀行ローン並みの低金利です。

通常のキャッシングローンと比較すると対象年齢が満23~59歳と狭い傾向ですが、審査スピードなどその他の条件は変わりません。

そのためこれまでアイフルを利用したことがない人は、低金利の「ファーストプレミアムカードローン」はかなりおすすめです。

アイフルの詳細はこちら
金利(実質年率) 3%~18.0%
借り入れ限度額 1万円~800万円
WEB完結 可能
無利息期間 30日間
利用対象者 20歳以上69歳まで。

5位:SMBCモビット

SMBCモビットのスピード

  • 審査スピード:最短30分
  • 融資スピード:最短即日

✔︎簡易審査なら最短10秒!
SMBCモビットは、 簡易審査最短10秒かつ本審査は最短30分で完了 をうたっています。

特に急ぎで審査を進めたい場合は、 コールセンターへ電話連絡することで本審査のスピードアップが期待 できます。ただしコールセンターの受付時間は9:00~21:00となっているため、この時間内に申し込み手続きを始めることが重要です。

✔︎「WEB完結」なら即日融資、かつ誰にも知られず手続き完了
即日借り入れをしたい場合は、WEB完結で振込キャッシングが向いています。平日14:50までに本審査が完了するように手続きをしましょう。

WEB完結なら電話連絡や郵送物もないため、他人に知られることなく借り入れができる点もメリット です。カード申し込みの場合は、最寄りの三井住友銀行内のローン契約機でモビットカードを受け取れば提携ATMからの即日融資を受けられます。

ローン契約機の営業時間は、基本9:00~18:00(場所により異なる場合あり)のため、ローン契約機が稼働している間に本審査まで終わらせましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【SMBCモビット その他のおすすめポイント】
✔Tポイントが貯まる

ご契約後Tポイントサービスを利用することにより、ご返済でTポイントが貯まります。返済額のうち利息分200円につき1ポイント。ただし、利用の際はTポイント付きのカードの選択が必要です。

SMBC モビットの残念な点は無利息期間がないところです。無利息期間にこだわるのであれば、レイクALSAやプロミス、アコム、アイフル等を検討しましょう。

金利(実質年率) 3%~18.0%
借り入れ限度額 1万円~800万円
WEB完結 可能
無利息期間 なし
利用対象者 20歳以上69歳以下。
SMBCモビットの詳細はこちら
カードローン
会社
審査
スピード
融資までの
スピード
金利 おすすめポイント
1位 プロミス 最短15秒
事前審査※
最短30分 4.5%~
17.8%
会員なら「瞬フリ」で
最短10秒振込
2位 レイクALSA 最短15秒 最短60分 4.5~
18.0%
土日でも即日振込対応
3位 アコム 最短30分 最短即日 3.0~
18.0%
24時間、土日も即日振込が可能※
4位 アイフル 最短30分 最短即日 3.0~
18.0%
電話でも
急な融資に相談
(9~21時)
5位 SMBCモビット 最短30分 最短即日 3.0~
18.0%
10秒で簡易審査も!

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます

即日融資を受ける5つのポイント

スピード融資を謳っている会社で申し込みをする場合でも、実際に即日借り入れを達成するには注意しなければならないポイントがあります。

ここでは、そのポイントを5点にまとめました。

ポイント①:「申込終了時間」の確認

即日融資を受けるには、 特定の時間までに申し込みを完了 させる必要があります。

即日融資をうたっている会社は、公式サイトにその具体的な方法を記載していることが多いので要チェックです。

「平日14時までに申込完了」「自動契約機の稼働時間」「コールセンターの受付時間に電話」など時間的な制約のある条件は必ず確認してください。

即日融資を受けるためには次の時間は知っておく必要があります。必ずチェックしておきましょう。

営業時間 カードローンの申し込みが可能な時間です。
審査受付時間 審査を受け付けている時間です。
審査時間を過ぎてしまうと、即日融資はできなくなります。
振り込み時間 振り込みに間に合う時間です。
申し込み審査をクリアしても振り込み時間を
過ぎていると即日融資にはなりません。

ポイント②:「自動契約機の設置場所」と「稼働時間」

自動契約機を利用して即日借り入れを検討している場合は、 必ず設置場所と稼働時間を確認 しましょう。

全国にたくさん自動契約機を設置している会社であれば問題ありませんが設置台数が限られている会社の場合、自動契約機の利用をあきらめて別の方法で手続きを進めなくてはなりません。

ポイント③:必要書類の事前準備

審査を素早く終わらせた後は、確実に即日借り入れまで手続きを進めていかなくてはなりません。 スムーズな手続きを進めるには、必要書類の事前準備が必要 です。

あらかじめ公式サイトを確認して本人確認書類をそろえておきましょう。書類の写真をスマホなどで撮影してそのデータを送付する場合は、書類の撮影まで済ませた状態にしてください。

ポイント④:すぐ反応できる携帯番号を登録

申込時の入力内容にミスがある場合、消費者金融業者から確認の電話がかかってきます。ただ、電話に出られないとその分審査は遅れることになりかねません。

申込時はすぐに対応できる携帯番号を登録し、申し込みをしてから審査結果が返ってくるまでの間はすぐ電話に出られるよう準備 しておきましょう。

また、在籍確認のための電話がかかってくることもあります。Web完結やスピード融資の場合も在籍確認が不要の場合もありますが、スピーディーな融資のためにも職場などの電話番号の登録も忘れないようにしましょう。

ポイント⑤:申込額は少なめに設定

多くの消費者金融業者では、以下の場合収入を証明する書類を求められない傾向です。

・新規申込者の場合は50万円までの場合
- 他社借入額がある場合は総借入額と今回の申込額合わせて100万円以下の場合
※上記金額未満でも審査結果によっては収入証明が必要な場合もあります。

即日借り入れをより確実かつ迅速に達成するためには、 申込額を50万円以下に設定するなど、収入を証明する書類を提出しなくても済む金額に押さえる こともポイントです。

Web上の手続きだけで即日融資が可能な「Web完結」

「急ぎでお金が必要」、そうした際に便利なのが即日融資可能なWeb完結 です。「Web完結」とは文字通りWeb上の手続きだけで、申し込みから契約、融資まで完結すること。

もちろん本人確認の書類なども必要ですが、本人確認書類の提出もスマホからアップロードするなど手間なく送ることができます。

Web完結なら、郵送でカードを受け取る手間がないので、スピーディーにお金を借りる ことができます。

それではWeb完結の流れを簡単にご紹介しましょう。カード会社各社で細かい違いはありますが、大まかな流れは以下の通りです。

①Webから申し込む

まずはスマホやPCなどからカードローン会社のサイトにアクセスし、申し込みを行います。この際、本人確認の書類が必要です。用意した書類はスマホで撮影し、そのままアップロード。またはアプリからアップロードできます。

▼カードローン審査に必要な本人確認の書類の例
- 免許証やパスポート
- 健康保険証
- 住民票など
- 収入証明書(少額融資の場合は不要なケースが多い)

顔写真ありのものは1点、顔写真無しのものは2点としている会社が多いです。

収入証明書類は借入額が大きい場合や希望借入額と他社との借入額の合計が50万~100万円を超えるなどした場合に必要となります。源泉徴収票や確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書など、指定された書類を用意しましょう。

②審査結果の通知

電話かメールで審査結果の通知が届き、借入上限金額などが決まります。30分ほどで審査結果がわかる会社もありますが、1時間程度のところが多いようです。

③契約手続き

口座振替の登録をします。カードの受け取り方法は「カードレス(カード不要)」を選択しましょう。カードが欲しい場合は後日の発行が可能です。

④借り入れ(登録口座への振り込み)

審査が通ると借り入れが可能となります。申込時間によっては即日融資も可能です。所定時間内に契約を完了させることでその日のうちに借り入れが可能となります。

注意すべき点としては所定時間内に済ませるのは「契約」ということです。所定時間内に申し込みをしただけでは、即日融資とはなりません。その日のうちにお金が欲しい場合はできるだけ時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

ただし、 カード会社によってはWeb完結できる場合とできない場合があります。Web完結で即日融資を希望している場合は事前にしっかりと確認することが大切です。

カードローンの種類は3つ!即日借り入れなら迷わず消費者金融のカードローン

そもそも「カードローン」とは

カードローンの種類を説明する前に、そもそもカードローンとは何なのかを説明します。

カードローンとは、金融機関や貸金業者などが提供する個人向けの融資サービスを指します。急にお金が必要になったときなどに便利なサービスであり、自身の口座への振り込みやコンビニATMなどからの引き出しが可能です。

設定された限度額内であれば何度でも借り入れができ、返済方法の選択もできます。担保や保証人も必要ありません。

カードローンの種類や申し込みの時間帯によっては即日融資も可能な便利なローンです。

カードローンは3種類ある

今回は「消費者金融」のカードローンランキングを紹介しましたが、 カードローン会社は大きく分けると「消費者金融」・「銀行」・「信販会社」の3種類 に分類できます。

即日借り入れをしたいなら消費者金融のカードローン一択です。しかし金利やサービス面など各タイプでメリット・デメリットがあるので、もし時間に余裕があるなら自分の利用シーンにマッチした借り先を検討してもいいでしょう。

カードローン会社のタイプ別に特徴を詳しく説明します。

①即日融資なら消費者金融のカードローン

消費者金融系のカードローンは、 「即日借り入れが可能」「特別な口座を開設する必要がない」「比較的審査を通過しやすい」 といった点がメリットです。

即日借り入れは、他のタイプではほぼ不可能でしょう。そのためすぐに借りたい場合は消費者金融系のカードローン一択となります。

消費者金融系のデメリットは、金利の高さ、総量規制の対象であることです。

【消費者金融系カードローンの特徴】

メリット デメリット
・即日借り入れが可能
・最短1時間で引き出し可能
・口座開設不要
・銀行に比べて審査を通過しやすい
・金利が高い
・総量規制の対象

✔︎保証人や担保は必要なし
消費者金融系のカードローンの場合は基本的に保証人や担保を用意する必要はありません。家族や知人に保証人になってもらう必要はないので、人に迷惑をかけずに借り入れが可能です。

✔︎利用目的は自由
カードローンは原則として利用用途が定められていません。目的別ローンのように制限されることなく、自由な目的で利用可能です。

✔︎Webで手続きが完了できる
融資のために来店するというのはなかなか面倒なものです。しかし、最近のカードローンの場合はほとんどがWebで申し込み可能であり、契約から融資までWebで完結できるケースが多くなっています。

②低金利なら銀行のカードローン ただし即日融資はできない

銀行のカードローンは、 低金利で最大借り入れ可能額が大きい 点が大きなメリットです。また総量規制の対象とならない点もメリットと言えるでしょう。

ただし最近は銀行業界でも自主規制が厳しいため、審査の際総量規制のチェックは入っています。審査は厳しい傾向で申し込みする銀行の預金口座を持っていないと利用できない場合も多い点はデメリットです。

また銀行系のカードローンでは即日融資をうたっているところはありません。 急ぎでお金を借りたいのであればやはり消費者金融のカードローンがおすすめです。

【銀行系カードローンの特徴】

メリット デメリット
・金利が低い
・総量規制の対象外
・最大融資額が大きい
・審査は厳しい
・即日借り入れはできない
・口座開設が必要な場合もある

③銀行に次ぐ低金利の信販会社カードローン ただし即日融資できない

信販会社とは、クレジットカード会社やローン会社などを指します。信販会社系のカードローンは、 銀行系に次いで金利が低い 点がメリット。

ただし銀行系と同じく即日借り入れは難しく総量規制の対象となる点は大きなデメリットと言えます。

【信販系カードローンの特徴】

メリット デメリット
・消費者金融よりは金利が低い
・独自のサービスがある
・口座開設不要
・総量規制の対象
・即日借り入れはできない

時間に余裕があるなら、金利が低い銀行・信販会社も選択肢に

即日借り入れにこだわらない場合は、低金利の銀行・信販会社のカードローンも選択肢 に入ります。ここでは、銀行・信販会社のカードローンの中でもおすすめの会社を3社紹介します。

①上限金利14.5%!「楽天銀行」は口座開設しなくても利用可能

楽天銀行は、口座開設をしなくても利用可能なカードローンを提供しています。 金利は年1.9~14.5%で少額利用でも14.5%が適用 されるため、利息の負担がそれだけ少なくて済む点がおすすめポイントです。

審査スピードについては公式サイトに明記されていませんが、問題がある場合は数日かかるため、時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

②最短翌営業日に審査結果判明!「三井住友銀行」

三井住友銀行のカードローンも 上限金利が14.5%と低金利 で利用できる銀行系のカードローンです。また本人確認書類を提出してから審査結果が分かるまで最短で翌営業日と速い点も大きな特徴。

さらに三井住友銀行の口座を持たなくても利用できる点もおすすめポイントです。

③低金利が魅力!信販系の「JCB」

大手クレジットカード会社のJCBは、カードローン商品として「FAITH」を提供しています。FAITHは、 5万円までならキャッシング1回払いの金利が年5.0%、キャッシングリボ払いの場合は4.40~12.50%と低金利 です。

同じJCBのクレジットカードではキャッシングリボ払いは15.00~18.00%となるため、カードローンのほうが金利面で魅力があります。

スピード融資なら消費者金融のカードローンを選ぼう

スピーディーに融資ができるおすすめのカードローン会社をランキング形式で紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットを十分に確認して自分に向いている会社を選びましょう。また即日借り入れを実現するには、消費者金融系のカードローン会社を選び、なおかつ公式サイトに示された手続きで進めていく必要があります。

さらに審査やコールセンターの受付時間、無人契約機の稼働時間など申し込みを始める時間についても注意が必要です。申し込みの時間や曜日などの状況によっては、最短での融資が実現しないこともあります。スピーディーな借り入れを実現するため、事前に準備できるものは準備してから申し込みを進めてくださいね。

文・藤森みすず
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ