みなさんこんにちは!Lioです。

今回は、東京で最高のヴィーガンハンバーガーとブッタボウルを提供するために「wholefoods Marugoto Foodtruck」と「Terra Foods」がタッグを組んで8月27日にオープンしたばかりの「TERRA BURGER & BOWL」さんをご紹介します!

ここのお店は取材するのを心から楽しみにしていたお店です。

というのも、この店では植物性で作られたハンバーガーが食べられるからなんです!

食生活をプラントベースにシフトして2カ月弱。それまでは、毎日のようにお肉を食べていた僕達です。

その中でも大好物だったハンバーガーを食べられるとは思っていなかったので、テンションMaxで取材してきました!

 

代官山にオープンした「TERRA BURGER & BOWL」

おしゃれタウンとして有名な代官山。東京近辺だけではなく、全国各地から観光として多くの人が訪れます。

そんな代官山に、なんとプラントベースのハンバーガーが食べられるお店ができました。

そのお店が今回僕達がご紹介させていただく「TERRA BURGER & BOWL」さんです!

お店の前の道路にはインパクト大の看板が!!

写真からでもハンバーガーの大きさが伝わってきますね。これは好奇心をそそられてしまいます。

「TERRA BURGER & BOWL」は商業施設「SARUGAKU」の中に入っています。

お店があるのはCブロックの地下1階です。(Cブロックはこの写真の奥です)

一番奥に行くと「TERRA BURGER & BOWL」の看板と階段があります。

この下にお店がありますよ!

「TERRA BURGER & BOWL」のマークはこちらです。

このマークには、お店の看板商品のハンバーガーとブッタボールが描かれています。このかわいいマークが皆さんのお越しをお待ちしています!

 

TERRA BURGER & BOWLはこうして生まれた

マネジャーの小野さんから「TERRA BURGER & BOWL」のコンセプトやハンバーガーについてお話を聞きました。

–「TERRA BURGER & BOWL」はどんなお店ですか?

「『TERRA BURGER & BOWL』は『Wholefoods Marugoto Foodtruck』と『Terra Foods』がタッグを組んでできたお店です。『Wholefoods Marugoto Foodtruck』は、2007年にブッタボウルのコンセプトを日本に初導入し、東京のオフィス街や大学のキャンパス内で100%植物ベースでボリューミーなオリジナルのブッタボウルを提供していました。初めて青山のファーマーズマーケットやイベントで人気のヴィーガンハンバーガーを提供し、さらなる改良を重ねて今のパティになりました」(小野さん)

TERRA FOODSオーナーのアイクさんは、タイでのファスティングを経験し、帰国後に健康面からプラントベースに移行。

しかし、当時はヴィーガンレストランが充実していなかったため、外食や友人と食事する機会が極端に減ったと感じ、「外食するお店がないなら自分で作ろう」と考え、自身で試行錯誤を繰り返します。

そしてさまざまなヴィーガン料理を作るようになり、友人を自宅に招いたり、今のマネージャーである小野さんと料理の開発をしたり、イベントをやったりするなど、みんなでヴィーガン料理を楽しむようになっていったそうです。

でも、それだけで終わらなかったのがアイクさんです。

みんなに慣れ親しまれているハンバーガーやピザといったメニューほどヴィーガン対応が厳しいという現実を感じたアイクさん。やがて仕事を辞め、ヴィーガン食品事業を立ち上げる決意をしました。

アイクさんの行動力には驚かされますよね。ないなら諦めずに、自分でなんとかしてみる。

難しいことがあっても決して諦めずに挑戦し続ける。僕達もアイクさんから見習うことがたくさんあります。