クレジットカードのキャッシングやカードローンを使って新規にお金を借りる場合、基本的には審査があります。しかし10万円の調達方法は、クレジットカードのキャッシングやカードローンからの借り入ればかりとは限りません。そこで今回は、審査なしでも10万円を借りる方法について解説します。

いずれの方法も特定の条件が付きますので、自分でも利用できる方法があるかぜひチェックしてみてください。

カードローンは審査なしで10万円を借りることはできない

結論からお伝えすると、カードローンやクレジットカードのキャッシングは、審査なしでお金を借りることはできません。たとえ5万円や10万円などの少額であっても同様です。

そのため、審査なしで10万円の調達を検討する場合、クレジットカードのキャッシングやカードローンの新規申し込みは調達方法の候補から外れます。

審査が必須なワケ

審査が必要となる理由は、「貸金業法」という法律で審査が義務づけられているからです。消費者金融をはじめとする貸金業者は、貸金業法を遵守しなければなりません。

貸金業法とは、多重債務者問題の解決を目的として、貸金業者に対する規制などを規定している法律です。借り手の返済能力を超える貸付けを防止するため、信用情報機関へ個人の信用情報を蓄積し、貸付審査を行うことを定めています。

審査は、お金を貸す側だけでなく、借りる側を保護する仕組みでもあります。借りる側が自分の返済能力以上に借りてしまうと、あとあと困るためです。

もちろんお金を貸す側からしても「借り手に返済能力があるかどうか」について審査するのは当然のことです。審査なしでの借金は、たとえ少額でも厳しいことを認識しておきましょう。

個人情報に不安がある場合は、信用情報機関に確認を

会社によって審査基準は異なります。1社へ申し込んで審査が通らなかった場合でも、信用情報に傷がついていると早合点しないようにしましょう。

もし1社申し込んで審査に落ちた場合は、まず信用情報を確認してみることをおすすめします。信用情報機関は3社ありますが、いずれも手数料1,000円程度で信用情報の開示の請求が可能です。

なおカードローンの申し込み情報は通常6ヵ月間信用情報に記録されるため注意が必要です。同時期に次々とカードローンに申し込むと、それだけで「お金に困っている」と見なされ審査通過が厳しくなってしまいます。

奥の手!審査なしで10万円を借りる方法を6つ紹介

クレジットカードのキャッシングやカードローンに頼らず、審査なしで10万円を調達する方法はいくつかあります。

いずれも一定の条件が必要ですが、当てはまればすぐにでも10万円の調達は可能です。ここでは、審査なしで10万円を借りる方法を6つ紹介します。

①クレジットカードのキャッシング枠を利用する

すでにクレジットカードを持っている人は、「キャッシング枠がついているかどうか」を確認してください。

キャッシング枠がついていれば、今すぐ審査なしで利用可能枠内でのキャッシングをすることが可能です。

キャッシング枠を0にしている場合は、キャッシング枠を申請する際に所得を証明する書類の提出を求められ審査が必要になります。

②質屋を利用する

ブランド品やアクセサリーなど高価な品物を持っている場合は、質屋を利用してみては。すぐにお金を手に入れることができる可能性があります。

「質屋を使ったことがない」と戸惑う人もいるかもしれませんが、担保として高価な品物を渡すため、審査なしでお金を借りることができます。

手元に残しておきたい品物なら、後からお金を返せば質に入れた品物を手元に戻すことも可能です。反対に、特に思い入れのない品物なら質屋にそのまま買い取ってもらうのもいいでしょう。

③銀行の「自動融資」を利用

総合口座の「自動融資(当座貸越)機能」なら、審査なしでお金を借りることができます。ただし、利用には条件があります。

・銀行の「総合口座」を持っていること
・同口座に定期預金や積立定期預金などの担保預金があること

「自動融資機能」とは、定期預金・積立定期預金を担保に預金高の90%までを自動的に融資する機能です(ただし金融機関によって上限額あり)。総合口座の自動融資機能なら担保定期預金の残高が12万円以上あれば審査なしで今すぐ10万円を調達できます。

④勤務先の従業員貸付制度を利用する

勤めている会社に「従業員貸付制度」というものがあれば、審査なしで10万円を借りられる可能性があります。

「従業員貸付制度」とは、福利厚生の一環として従業員に少額のお金を貸し付ける制度のことです。会社側に借金を申し込むことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、審査なしですぐに10万円を調達したいならぜひ検討しましょう。

給料の前借りではないため、毎月の給料は通常通り支払われます。

⑤生命保険の契約者貸付制度を利用する

生命保険の「契約者貸付制度」でも、審査なしで10万円を借りられる可能性があります。

契約者貸付制度が利用できる生命保険は、解約返戻金のあるタイプです。一般的には、解約返戻金を担保に約7~8割を借りられます。

残念ながら掛け捨てタイプの生命保険にはこの制度がないため、自分の加入している生命保険の中で解約返戻金のあるタイプがないかどうかを確認しましょう。

⑥国の制度を利用する

国の制度の中で、個人信用情報機関による審査なしでお金を借りることができる制度は、「緊急小口資金」「総合支援資金」です。

2021年現在、新型コロナウイルス感染症拡大で仕事に影響が出ている人のために国からさまざまな支援策が発表されています。中でも新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少している場合に利用しやすいのが上記の制度です。

新型コロナウイルス特別融資の申込受付は2021年6月末日まで(2021年3月29日時点)。ただし、総合支援資金の延長貸付については、2021年3月末日までに総合支援資金の初回貸付を申請した世帯をもって終了します。

「緊急小口資金」や「総合支援資金」なら無利子無担保でお金を借りることができます。例えば「総合支援資金」なら単身世帯で月15万円以内、2人以上の世帯で月20万円以内の調達が可能です。

ただし国の制度を利用すると、どうしても書類作成の手間や書類確認の時間がかかります。また自治体によって対応の早い遅いにかなり差があるため、ある程度時間的な余裕が必要な資金調達方法です。

カードローンを利用したい人必見!「審査を通りやすくするポイント」

ここまで、10万円を審査なしで借りる奥の手を紹介しましたが、即日融資を希望する場合など、どうしてもカードローンを利用したいという人もいるでしょう。

そこでここでは、審査を通過しやすくするためのポイントを5つ紹介します。じっくりと腰を据えて取り組みましょう。

①収入が安定していることを証明する

「収入が安定していることを証明する」ために、事前に必要な書類を揃えておきましょう。

例えば次のような書類が該当します。

・所得証明書
・源泉徴収票
・支払調書
・給与の支払明細書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・納税通知書
・納税証明書
・年金証書
・年金通知書

申し込みするカード会社によって求める書類は違うため、ホームページなどで必要書類をしっかりと確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングやカードローンの審査では、申込者の返済能力を確認します。そのため「自分自身に安定した収入がある」ということが証明できれば、審査を通過しやすくなるでしょう。
安定した収入がない場合はどうしても審査が厳しくなるため、今からでも収入を得るよう行動しましょう。

➁クレジットカードやローンの返済期日は守る

すでに別の会社で借り入れがある場合は、返済期日をしっかりと守ることが重要です。

クレジットカードやローンの返済状況は、過去24ヵ月(2年間)にわたって個人信用情報機関に記録されています。数日の遅れが何回か続くと金融事故として記録され審査通過ができなくなるでしょう。

そうならないよう24ヵ月、きちんと返済を続けることで利用履歴は良好な状態となり審査は通過しやすくなります。

③金融事故に気を付ける

次のような「金融事故」に気をつけましょう。

・2~3ヵ月の長期延滞
・債務整理
・自己破産など

これらのような金融事故が個人信用情報機関に一つでも記録されていると、貸金業者からの借り入れや銀行ローンがほとんど利用できなくなります。

特に気を付けたいのは、携帯料金を延滞した場合や奨学金を延滞した場合です。「借り入れしている」と忘れがちなものですがいずれも個人信用情報に記録が残ります。

できれば3つある個人信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に開示請求を行い「自分の個人信用情報がどのように記録されているか」を確認しておくと安心です。金融事故が掲載されていた場合は、その記録が消えるまでの期間はクレジットカードやローンの利用を待ちましょう。

④他社の借り入れも抑える

他社の借り入れが多い、いわゆる多重債務者は審査のハードルが上がる傾向です。できれば抑える努力が必要です。

⑤総量規制に注意する

他社の借り入れで「総量規制」の上限まで借りていた場合、新しい貸金業者からは借り入れができません。自分がこの「上限」に達しているかどうかを注意するようにしましょう。

クラウド家計簿ソフトの中には、クレジットカードやカードローンとデータ連携して総借入額がひと目で分かるようになっているものもあります。こういったツールも活用して常に総量規制枠を確認できるようにしましょう。

「総量規制」とは、支払い能力を超える借金をしないように消費者を守るための規制です。貸金業者は、年収の3分の1以上となる貸し付けが原則禁止されています。例えば年収300万円の場合、総量規制の枠は100万円です。
総量規制は、貸金業者全体で借りている合計額で確認されます。総量規制枠を意識するには、自分の年収と借入総額を把握しなければなりません。

\おすすめのカードローン会社はこちら/

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
5万円以下なら
180日間
4.5~
18.0%
最短60分
申込はこちら
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~
17.8%
最短30分
申込はこちら
初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
最短60分
申込はこちら
モビット 3.0~
18.0%
即日融資可(※)
申込はこちら

カードローン
会社
無利息
サービス
金利
(%)
融資
スピード
5万円以下なら
180日間
4.5~
18.0%
最短60分
申込はこちら
プロミス 初回のみ
30日間
4.5~
17.8%
最短30分
申込はこちら
初回のみ
30日間
3.0~
18.0%
最短60分
申込はこちら
モビット 3.0~
18.0%
即日融資可(※)
申込はこちら

(※)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

カードローンの利用ができない場合の解決方法

キャッシングやカードローンが使えない場合の解決方法として2つの方法を紹介します。

①おまとめローンを検討

ある程度安定した収入があり毎月返済できるなら銀行や消費者金融などが展開している「おまとめローン」を検討しましょう。

おまとめローンは、比較的低金利かつ総量規制の対象外となっているため、借金を確実に減らすには利用しやすいローンです。

おまとめローンで複数の借金を一つにまとめて「毎月の返済が楽になるか」を確認してから利用を検討しましょう。

②債務整理で根本的な解決も

根本的な解決方法としては、法律の専門家に相談して債務整理をする方法があります。債務整理の手段は、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3通りです。

・任意整理 将来利息をカットするよう交渉し元金を分割払いで支払う方法です。 ・個人再生 裁判を起こして元金の大幅減額(最大で9割)を求め、残った元金を分割で支払います ・自己破産 「すべての借金をゼロにする」という大きなメリットがある一方で自分の財産を手放すなどのマイナス面も大きくなる方法です。

債務整理を始めると個人信用情報に金融事故として記載されるため、少なくとも5年間、長い場合10年間新しい借金はできません。

しかし現状が返済のために借り入れしているような自転車操業になっている場合は、根本的な解決を進めることで生活自体はかなり楽になることが期待できます。

手出し危険!こんな借り方はNG

お金を借りる手段の中でも手出ししてしまうと危険な借り方もあります。ここでは、関わるべきではないお金の借り方についてまとめました。

ヤミ金およびソフト闇金の利用

貸金業者として登録していない、いわゆる「ヤミ金」「ソフト闇金」は、法律の規制を受けていないため、法外な金利でお金を貸し、取り立ても厳しい危険な業者です。

たとえ10万円を借りるとしてもいわゆる「トイチ」(10日に1割)の利息だと10日ごとに1万円の利息を支払わなければなりません。すぐに返済が滞ることは目に見えているため、利用しないように注意しましょう。

インターネット上から貸金業者を利用する場合、少なくとも貸金業の登録業者かどうかは確認してください。またヤミ金業者は、偽りの登録番号を記載しているケースも多いため、金融庁の登録貸金業者情報検索で本当に登録してある貸金業者なのかを確認することが必要です。

クレジットカードのショッピング枠現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化には、買取式とキャッシュバック式の2通りあります。買取式は、「クレジットカードで高額なブランド品などを購入して買取業者に売却する」という手法です。この方法は、実際に手にできる金額がかなり少なくおすすめできるお金の借り方ではありません。

また、キャッシュバック式とは、非常に安い商品を利用者がクレジットカードで購入し、購入金額の一部をキャッシュバックするという方法です。

いずれの方法も翌月には多額の支払いとなるため、手にできる金額に対して割が合わない資金の調達方法と言えます。

クレジットカード会社の規約では、通常ショッピング枠の現金化について禁止しているため、カード会社に現金化の事実を把握されてしまうとカードが使えなくなる危険性もあります。

インターネットで見かける個人間融資

SNSやWebサイトなどインターネット上で個人間融資を呼び掛けている場合があります。個人間融資は、そのほとんどがヤミ金だと考えていいでしょう。

個人間融資を利用すると高利な貸し付けが行われるだけでなく個人情報を悪用されるなどのトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性もあります。個人間融資は、どんなに経済状況が苦しくても利用しないようにしましょう。

家族や知人に借金を申し込む

最も手軽に審査なしで10万円を借りる方法として家族や知人に借金を申し込むことを考える人もいるでしょう。しかし親しい間柄でもお金がらみになるとトラブルに発展する可能性があり、人間関係が壊れることもあります。

できれば知人からの借金は考えないようにしましょう。

審査なしでお金を借りる方法はいくつかある

クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用してお金を借りるには、どうしても審査が必要です。すぐにお金を必要とする状態では、焦る気持ちもあって「借金」以外の方法が思いつかないかもしれません。しかし少し視点を変えてみると、10万円程度の金額を調達する方法は、貸金業者からの借金以外にもいろいろあります。

審査なしで10万円のお金を調達するなら不用品の売却や会社の従業員貸付制度などの手段もあるため、自分でもできそうな方法がないか検討してみてください。

藤森みすず
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
 

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ