三菱UFJのカードローン「バンクイック」は最小返済額が1,000円と少額で、返済計画が立てやすいカードローンといえます。ただしカードローンを利用する際は、前もって返済方法を確認しておくことが大切です。遅れずに支払うためにも、返済方法・期日などをしっかり把握しておきましょう。今回は、三菱UFJカードローン「バンクイック」の返済方法や期日、返済額などについて解説します。

三菱UFJカードローン「バンクイック」で選べる3つの返済方法

具体的な返済方法は、口座引落・ATMでの支払い、振込(オンラインバンキング)の3種類です。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

口座引き落とし(自動支払い)

契約者本人の口座から引き落とす支払い方法で、バンクイックでは「自動支払い」と呼ばれています。一度設定しておけば、次回からは自動で返済できるのがメリットです。

返済方法を自動支払いにするには、以下の流れで手続きをします。

1.公式ホームページにて自動支払依頼書のPDFファイルをダウンロード・印刷
2.氏名・生年月日・口座情報などを記入して捺印
3.「三菱UFJ銀行 第二リテールアカウント支店」宛てに郵送
4.郵送後1週間ほどで登録完了
5.毎月指定日に自動引落がスタート

返済用口座への入金は、引落当日の19:00までに行いましょう。これに遅れると口座引落ができず、ATMや振込で返済しなければなりません。

ATMでの支払い

銀行のATMで返済する方法で、以下のATMを手数料無料で利用できます。

・三菱UFJ銀行
- セブン銀行
- ローソン銀行
- イーネット(ファミリーマートなど)

身近なコンビニのATMでも返済できるのがメリットです。時間外手数料もないので、休日や深夜に返済しても、余計な手数料はかかりません。

ATMでの返済を利用できる時間帯は、0:10~23:50です。なお毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00は利用できないので注意しましょう。

各銀行のATMの利用手順は、以下のとおりです。いずれも簡単なので、迷うことはないでしょう。

・三菱UFJ銀行
1. トップ画面で「お預け入れ」のボタンを押す
2. バンクイックのカードを挿入
3. 現金を投入

・セブン銀行
1. 初期画面にてバンクイックのカードを挿入
2. 「お預入れ」のボタンを押す
3. 現金を投入(紙幣のみ)

・ローソン銀行・イーネット
1. 「取引開始」のボタンを押してバンクイックのカードを挿入
2. 「ご返済」のボタンを押す
3. 現金を投入(紙幣のみ)

振込(オンラインバンキング)

オンラインバンキングの「三菱UFJダイレクト」を利用し、振込で返済する方法です。ATMへ出向かなくても自宅で返済でき、手数料無料で振込ができます。

利用手順は以下のとおりです。

1. 会員ページにログイン
2. 「振込返済先口座照会」ボタンを押して振込先の口座情報を確認
3. 三菱UFJダイレクトにログインして振込先口座に振り込む

振込先口座は利用者ごとに異なるので、公式ホームページに記載されていません。したがって、会員ページで確認する必要があります。

ただし毎月変わるわけではないので、一度確認して記録しておけば済みます。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の返済期日

(写真=PIXTA)

カードローンの利用において、返済期日を守るのが鉄則です。バンクイックの期日がどうなっているのか、確認しておきましょう。

返済期日は指定できる

バンクイックに申し込むとき、好きな日を返済日として指定できます。給与が振り込まれる日、売上金が入金される日、その他の入金がある日など、自分の都合に合う日を選べるのがメリットです。

バンクイックでは、35日ごとに返済する方法もあります。直近の返済の翌日から35日以内に支払う方式です。

返済期日についての注意点

指定日での支払いでは、指定日の14日前から指定日までの間の支払いが、当月の返済分として扱われます。それ以外のタイミングでは、当月分になりません。

例えば指定日が9/30の場合、9月の返済となるのは9/16~9/30に支払った分です。9/15以前の支払いに関しては、9月分として扱われないので注意しましょう。

35日ごとに返済する場合は、返済方法で口座引落(自動支払い)を選択できません。ATMまたは振込による返済をすることになります。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の返済額はどう決まる?

バンクイックの毎月の返済額は誰でも同じわけではなく、借入利率によって変わります。

返済額は借入利率によって変動する

バンクイックの利用限度額・借入利率は以下のとおりです。

利用限度額 借入利率(年率)
10万円以上100万円以下 13.6~14.6%
100万円超200万円以下 10.6~13.6%
200万円超300万円以下 7.6~10.6%
300万円超400万円以下 6.1~7.6%
400万円超500万円以下 1.8~6.1%

※公式ホームページを参照に筆者作成

利用限度額に応じて利率が変動するため、それに応じて返済額も変動する仕組みになっています。

返済額を知りたいときは「返済シミュレーション」を使おう

具体的な返済額を知るには、公式ホームページにある「返済シミュレーション」を利用しましょう。バンクイックの契約者でなくても利用できるので、事前に返済額を知りたい人にもおすすめです。

借入金額・返済期間・借入利率を入力すれば、毎月の返済額が表示されます。例えば200万円の借入、返済期間60ヵ月(5年)、借入利率10.6%の場合、毎月の返済額は4万3,086円になります。

毎月の収入と支出を確認し、無理なく返済できるか検討しましょう。その返済額が厳しい場合は、借入金額を減らして再度シミュレーションしてください。

返済が遅れそうなとき・遅れたときの対処方法

(写真=PIXTA)

バンクイックの返済に遅れてしまいそうなとき、または遅れてしまったときの対処方法について解説します。

まずはすぐに電話をする

期日までに返済できないことがわかったら、まずは以下のフリーダイヤルに電話しましょう。

電話番号:0120-76-5919
受付時間:平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3は対象外)

平日は21:00まで受け付けているため、仕事の後でも連絡できます。その時間が難しい場合は、ランチタイムに電話しましょう。

最悪なのは、連絡をせずに返済が遅れてしまうこと。バンクイック側からの信用度が落ち、延滞が長引くと信用情報に傷がつく恐れもあります。

返済予定日を明確に伝える

電話に出たオペレーターに、氏名・口座番号などを伝えて本人確認を行います。今回の返済が厳しいことを正直に伝えましょう。

またいつなら返済できるのか、予定日も併せて伝えましょう。返済期日から数日後など、できるだけ早めに返済することをおすすめします。

支払いが遅れると遅延損害金が発生してしまう

返済期日を過ぎると、ペナルティとして遅延損害金も支払わなくてはなりません。遅延損害金の額は、会員ページにログインすると確認できます。

例えば借入残高を50万円、遅延損害金の利率を14.6%として、返済が3日遅れた場合の遅延損害金は以下のとおりです。(出資法における遅延損害金の上限利率は20%)

⇒50万円×14.6%÷365日×5日間=1,000円

遅延損害金は、返済が遅れるほど増えてしまいます。負担を最小限に抑えるためにも、できるだけ早めに返済するようにしましょう。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の返済でよくあるQ&A

(写真=PIXTA)

バンクイックの返済に関して、よくある質問・回答を紹介します。

返済期日を忘れてしまったときは?

返済期日を思い出せなくなったときは、以下の方法で確認できます。

・会員ページにログイン
- ATMで残高照会をする
- 電話

電話の場合は、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル「0120-76-5919」にかけましょう。返済日の変更についても、このフリーダイヤルで手続きができます。

返済期日が近づいたときに教えてくれるサービスは?

返済期日の3営業日前になると、メールで通知してくれるサービスがあります。返済期日を忘れやすい人は、ぜひ活用してください。

返済期日までに支払いがないと、その翌日に「ご入金のお願い」メールが届きます。うっかり返済を忘れていた場合は、すぐに支払いましょう。

一括返済はできる?

借入残高・利息を一度に返済することもできます。ATMでの支払いやオンラインバンキングの振込を利用しましょう。

一括返済だけでなく、臨時の追加返済も同じ方法でできます。お金に余裕ができたら追加返済をして、利息を減らしましょう。

遅れてしまった場合の最小支払額は?

返済期日を過ぎた場合の最小支払額は、「借入残高に応じた毎回の返済額+遅延損害金」です。つまり毎回の返済額だけではなく、遅延損害金を加えた金額でないと、支払いができない仕組みになっているのです。

三菱UFJカードローン「バンクイック」の返済方法を把握して遅れないように支払おう

バンクイックの返済方法は、口座引落・ATM・オンラインバンキングの振込の3種類です。毎回手続きする手間を省きたい人は、口座引落を選びましょう。

ATMは三菱UFJ銀行のほか、コンビニATMも手数料無料で利用できます。オンラインバンキングでの振込は、自宅で返済できるのがメリットです。

自分に合った返済方法を選び、期日に遅れないように支払いましょう。

文・安藤真一郎(ライター・ファイナンシャルプランナー)
主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説することを心掛けています。関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ