SMBCモビットを初めて利用する際、気になるのは審査のことではないでしょうか。インターネット上で調べてみると「モビットは審査が甘い」と書かれていることもあります。そのため簡単に借入ができると感じている人もいるかもしれません。そこで今回は「SMBCモビットの審査が本当に甘いかどうか」を確認した後、SMBCモビットの審査基準や増額申請の審査について解説します。

SMBCモビットの審査が甘いと言われる原因

(写真=PIXTA)

そもそもSMBCモビットの審査が甘いと思われる原因はどこにあるのでしょうか。ここでは、本当に審査が甘いのかについて確認します。

①即日融資だから

SMBCモビットは、「即日融資が可能」と謳っています。即日融資のため、審査スピードも速く審査は最短30分です。そのため「そんなに詳しく審査していないのでは?」と感じる人もいるのかもしれません。しかしSMBCモビットも審査は他の消費者金融業者と同様に実施しており「審査が通過しやすい」という認識は間違っています。

②電話連絡がないと言われているから

WEB完結による新規申込では、職場への電話連絡がないため審査が甘いと考える人もいるかもしれません。では、他の消費者金融業者と比較して新規契約率は甘いか厳しいかを確認してみましょう。

サービス名 新規契約率(※) 金利
SMBCモビット 公表なし 3.0~18.0%
アコム 42.2% 3.0~18.0%
アイフル 40.2% 3.0~18.0%
プロミス 40.06% 4.5~17.8%

※SMBCモビットの新規契約率は公表されていません
※アコムは2020年6月
※アイフルは2020年4~8月の平均
※プロミスは2020年4~8月の平均

大手消費者金融会社と比較しても新規成約率は40%を少し超えたぐらいであまり大きな違いはないことが分かります。このことからもSMBCモビットの審査は、「甘くも厳しくもない」と言い切れるでしょう。

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

SMBCモビットの申込条件と審査ポイント

(写真=PIXTA)

SMBCモビットの新規申込を進める前に申込条件と審査ポイントを確認しましょう。

①申込条件2つ

SMBCモビットの申込条件は「満20~69歳」「安定継続した収入がある」といった2点です。契約社員や派遣社員、パート、アルバイト、自営業の人でも安定した収入があれば申込することができます。また申込にあたって保証人や担保を求められることもありません。ただしインターネットから申込を行う場合は、メールアドレスが必要です。

②審査ポイント

SMBCモビットでは、審査ポイントを開示しているわけではありません。しかしどの貸金業者でも審査の軸となるのは「これから借りようとしている金額を返済する能力があるか」の判断です。支払能力の基準は、「現在の他社からの借入残高」「年収の3分の1以上の借入がないか」などから総合的に判断されます。

SMBCモビットの審査に落ちる原因4つ

(写真=PIXTA)

SMBCモビットの審査に落ちる原因として考えられることは以下の4点です。

・個人信用情報に傷
- 複数の他社から借入
- 総量規制に引っかかる
- 虚偽申告

これらの原因について順番に解説します。

①個人信用情報に傷

個人信用情報に金融事故などの記録が残っていると審査はまず通過できません。個人信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの申込内容や契約内容、支払状況、残高などを記録した情報全体を指す言葉です。日本には個人信用情報を記録・保管する機関が3機関あり、それぞれに以下のような情報を蓄積しています。

信用情報機関 記録される主な情報
CIC CICに加盟するクレジット会社などから登録される情報
JICC JICCに加盟する消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系
クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、
リース会社などから登録される情報
全銀協 主に銀行系の金融機関などから登録される情報

上記3機関はそれぞれに情報を共有しています。貸金業者やクレジットカード会社は、個人信用情報機関より申込者の情報を取り寄せ「過去の支払情報」「現在の他社の借入残高」「長期滞納や金融事故の有無」を確認しているのです。その結果、申込者に支払能力があるかどうかを判断して融資するかを決定します。

②複数の他社から借入

複数の貸金業者から借入がある場合、借入金額だけでなく利用会社の数も審査に影響します。なぜなら複数社から借入がある場合は、多重債務者として借入後の返済が苦しくなることが予想されるからです。

③総量規制に引っかかる

他社からの借入額と融資申込額の合計が年収の3分の1を超える場合、原則として貸金業者は新たな融資ができません。この規制のことを「総量規制」と言いSMBCモビットに限らず、どの貸金業者も同じ基準で審査をしています。例えば年収が200万円の人なら上限は約66万円、年収が400万円の人なら約133万円が総量規制の範囲内です。他社からの借入が多いと審査も厳しくなります。

④虚偽申告

「勤務先に知られたくない」「もっと多く借りたいから年収を多めに申告した」など融資の申込時に虚偽申告をする人がいます。しかし他社の申込状況や本人の情報は、個人信用情報機関に保管されているため、虚偽申告が発覚する可能性は非常に高くなります。虚偽申告をすると信用を失うため、審査通過はかなり厳しくなるでしょう。

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

SMBCモビットの審査通過を目指すため事前にできる5つのこと

SMBCモビットの審査通過を目指すため、事前に準備できることは以下の5つです。

・10秒簡易審査
- 個人信用情報確認
- 多重債務を減らす
- 希望額は総量規制の枠内
- 正直に申告

これらの準備の中から自分にできることを見つけ順番に準備を進めましょう。こうすることでSMBCモビットの審査に通過する確率を上げることができます。

①10秒簡易審査

SMBCモビットでは「カード申込」の手続きを始めると簡単な情報を入力しただけで融資可能かどうかを簡易審査する仕組みを採用しています。まずは簡易審査で審査可能かをチェックしてから、手続きを進めましょう。
※実際には2,3分かかるようです

②個人信用情報確認

審査に使われる個人信用情報は、本人が開示請求することで記録内容の確認が可能です。どの団体も情報開示方法をインターネット上で公開しているため、自分の情報がどうなっているのか確認しましょう。各団体の情報開示については、以下のページを参照してください。1回の開示に約1,000円程度の費用がかかります。

これらの情報を確認して長期延滞や金融事故の情報、支払状況の遅れなどが記録されている場合は、SMBCモビットに新規借入を申込んでも審査落ちする可能性が高くなります。対策方法としては、個人信用情報の記載内容が消えるまで借入を控えて待つしかありません。

③多重債務を減らす

他社からも借入をしている場合は、できる限り多重債務を解消する方向で対策を考えます。新たにお金を借りようとしている状況では多重債務の解消は難しいかもしれません。しかし「借入を1社にまとめられないか」など検討の余地はあります。

④希望額は総量規制の枠内

融資希望額は、総量規制の枠内に留めましょう。例えば年収300万円なら年収の3分の1となる金額の100万円から、他社の借入金額の合計を差し引くと後いくら借入が可能か計算できます。

⑤正直に申告

申込時に入力する情報は、すべて正直に申告しましょう。分からない部分は面倒がらずに確認して間違った情報を入力しないように注意します。虚偽申告をしても結局は個人信用情報の確認時に発覚するので絶対にやめましょう。

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

SMBCモビットの審査結果を確認する方法

SMBCモビットでは、新規申込を行った後、審査結果紹介ページにアクセスすることで審査結果の確認ができます。

>>審査結果照会ページ

審査結果照会ページでは、ユーザーIDとパスワードを求められるため、申込手続きの際に忘れないようメモをしておきましょう。万が一ユーザーIDやパスワードを忘れた場合は、専用のページにアクセスして画面に表示された指示に従って情報を入力することで問題を解決できます。

>>ユーザーID・インターネットパスワードを忘れた場合の情報紹会ページ

SMBCモビットの審査が遅くなる原因と対策方法

(写真=PIXTA)

SMBCモビットは最短30分で審査が完了する一方、審査の時間が遅くなるケースもあります。どのようなケースがあるのかを確認して審査がスムーズに進むよう対策しておきましょう。

①審査が混雑

審査が混雑しているタイミングで新規申込を行うと当然時間がかかります。一般的に考えられる混雑時間帯は、週明けの月曜日午前中やGW・年末年始などの大型連休の明けた日などです。平日の昼休みに当たる時間帯も比較的混みやすい傾向があります。

②在籍確認ができない

勤務先の電話番号は、自分が所属している部署を指定しましょう。支社に勤務しているのに本社の電話番号を記載すると在籍確認がスムーズにいきません。勤務先の在籍確認ができないと確認に時間がかかってしまいます。

③申込内容に不備ありで本人に連絡が取れない

WEB完結からの申込なら本人確認の電話はかかってきません。しかし入力された申込内容に不備がある場合は、本人に連絡をして入力内容の確認をする必要があります。指定された電話番号に何度かけても申込者本人に連絡が取れない場合は、その分審査が遅れてしまうため注意しましょう。

SMBCモビットの審査Q&A

(写真=PIXTA)

SMBCモビットの審査についてよくある質問をまとめました。自分にあてはまる疑問があれば確認しておきましょう。

①学生の場合は審査を通過できる?

満20歳以上でアルバイトによる安定した収入がある場合は、学生でも審査を通過することが期待できます。

②専業主婦の場合は審査を通過できる?

専業主婦の場合も満20歳以上でパートやアルバイトによる安定した収入がある場合は、SMBCモビットの審査に通過できる可能性があります。

③無職の場合は審査を通過できる?

無職の場合は、安定した収入があることを証明できないため、審査通過は厳しいでしょう。何でもいいのでアルバイトを始めて継続して働き続けることで審査を通過する可能性が出てきます。

④自己破産している場合でも審査を通過できる?

自己破産すると官報や個人信用情報機関に名前が掲載されます。CICとJICCは、5年間で記録が消えますが全銀協だけは官報の情報が10年間記録されるため、自己破産からまだ10年経過していない場合には原則審査は通過できません。

SMBCモビットの増額申請の審査基準と審査時間

(写真=PIXTA)

SMBCモビットでは、利用可能枠に対して増額申請をすると再度審査が必要です。新規申込時と増額申請では審査基準や審査時間にどのような違いがあるか解説します。

①審査基準
増額申請の審査基準は、新規申込時にチェックする個人信用情報、総量規制、他社の借入状況に加えて、これまでのSMBCモビット利用状況も加味する点が新規申込との大きな違いです。SMBCモビット利用状況とは「これまで遅滞なく返済しているかどうか」「適度に利用しているか」「利用期間(おおむね半年以上)」などが考えられます。

適度に借入を利用していて半年以上遅滞なく返済している場合は、審査に良い影響を与える可能性が上がるでしょう。

②審査時間
審査時間は最短即日ですが勤務先が変わっている場合は時間がかかることもあります。SMBCモビットを利用している期間中に転職した場合は、審査に時間がかかることを見越して早めに増額申請をしておいたほうが良いでしょう。

事前準備をしてSMBCモビットの審査通過を目指そう

SMBCモビットの審査を通過するには、自分が融資を受けられる状態かどうかを確認し問題があれば解消するなどの事前準備が必要です。特に他社での借入総額が現在いくらあり、年収の3分の1に相当する金額と比較して、さらに借りられる余裕があるかどうかは必ず確認しましょう。事前に個人信用情報も確認して問題なければ、審査落ちの可能性は低くなります。

準備を整えて審査に臨み無事融資を受けられるようにしてくださいね。

文・藤森みすず
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ