急に現金が必要になったときに心強いのがカードローンですが、「土日でもすぐに借りられるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、SMBCモビットで土日に即日融資を受ける方法を2つ紹介します。即日融資を受けやすくするポイントも3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

土日にSMBCモビットから即日融資を受ける2つの方法と条件

SMBCモビットの審査は、申込後最短10秒で簡易審査結果が出て、本審査も最短30分で完了します。

SMBCモビットは土日でも新規申込を受け付けていますが、即日融資を希望する場合は以下の2つの申込方法のどちらかを選ぶ必要があります。

(画像=著者作成)

土日に即日融資を受ける方法①:「WEB完結申込」+「スマホATM取引」

「WEB完結申込」で新規申込をし、契約後にスマホアプリでセブン銀行ATMからお金を受け取る方法です。書類やカードのやり取りがないので、審査完了後すぐにお金を受け取れます。

「WEB完結申込」で申し込むと勤務先への「電話連絡」が省略されるため、よりスピーディーに審査が進みます。

なお「WEB完結申込」を利用できるのは、以下のいずれかの銀行口座を持っている方だけです。

「WEB完結申込」に必要な銀行口座 ・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行

また、近くにセブン銀行ATMがない方も避けたほうがいいでしょう。

土日に即日融資を受ける方法②:WEBから「カード申込」+「契約機でカード発行」

「カード申込」で新規申込をし、ローン契約機からカードを発行する方法です。自宅にカードが届くのを待つ必要がないので、審査完了後すぐにお金を借りることができます。

「カード申込」はローン契約機で直接行うこともできますが、モビットは最速で融資を受けるためにWEBからの申込を推奨しています。「カード申込」の場合も、できるだけWEBから申し込み、必要書類の提出まで行いましょう。

どちらの方法も、申込後はコールセンターへの連絡がおすすめ

必須ではありませんが、申込後にコールセンターに連絡し、即日融資を希望する旨を伝えることをおすすめします。優先的に審査を行ってくれるので、即日融資を受けられる可能性が高くなります。

「WEB完結申込」+「スマホATM取引」で土日に即日融資を受ける手順

SMBCモビットで土日に即日融資を受ける方法の一つ、「WEB完結申込」+「スマホATM取引」でお金を借りる手順を確認しましょう。

手順①:SMBCモビットHPで「WEB完結申込」をクリック

まずはSMBCモビットのHPにアクセスし、「WEB完結申込」をクリックしましょう。

手順②:必要な情報を入力&必要書類の提出 審査へ

申込画面に進むので、必要情報を正確に入力し、必要書類を提出しましょう。必要書類は後述します。

・コールセンターに連絡すると優先的に対応してくれる
必要書類を提出した後、コールセンターに連絡して即日融資を受けたい旨を伝えましょう。絶対に必要な手順ではありませんが、優先的に審査をしてくれます。

手順③:本審査に通過したら入会手続きし、「モビットアプリ」をダウンロード

本審査の結果はメールで届きます。審査に通過したら、メールに記載されているリンクから入会手続きをします。

次に「モビットアプリ」をダウンロードし、アプリから会員ページ「Myモビ」にログインしましょう。無事ログインできれば準備は完了です。

手順⑤:セブン銀行ATMでお金を借りる

SMBCモビットの「スマホATM取引」を利用できるのは、セブン銀行ATMだけです。お近くのセブンセブン銀行ATMへ行き、お金を借りましょう。

スマホATM取引の使い方は、以下のとおりです。

SMBCモビットアプリの操作 セブン銀行ATMの操作
①アプリからログインし、
「スマホATM取引」をタップ
②「ご出金(借入)」をタップし、
利用可能額を確認
③「モビットカード番号」「暗証番号」
「生年月日」を入力し、QRコード読み取り
画面を表示させる
④「スマートフォンでの取引」
をタッチし、QRコードを表示させる
⑤アプリでQRコードを読み取り、
「企業番号」を表示させる
⑥アプリに表示された「企業番号」
を入力し、お金を借りる

WEBから「カード申込」+「契約機でカード発行」で土日に即日融資を受ける手順

次は、「カード申込」でSMBCモビットから即日融資を受ける手順を紹介します。

手順①:SMBCモビットHPから「カード申込」を行い、審査を受ける

SMBCモビットのHPで、「カード申込」をクリックします。「WEB完結申込」と同じように、必要情報を正確に入力し、必要書類をアップロードします。

・コールセンターに即日融資を希望する旨を連絡
申込後コールセンターに連絡して、即日融資を希望する旨を伝えましょう。「カード申込」では、カードを受け取る手間がある分「WEB完結申込」よりも時間がかかります。必須ではありませんが、連絡しておいたほうがいいでしょう。

手順②:本審査に通過したら「カード受取方法」に契約機を選択

本審査通過のメールを受け取ったら、メールに記載されているリンクから入会手続きを行います。その際、カードの受け取り方法として「三井住友銀行内ローン契約機」を指定しましょう。

これでカード発行の準備が完了します。ローン契約機の場所はモビットHPから検索できるので、最寄りのローン契約機に向かいましょう。

手順③:契約機の画面で「SMBCモビット」を選択し、本人確認書類を提出

ローン契約機の画面で「SMBCモビット」をタッチします。本人確認書類を提出すれば、カードを受け取れます。カードを受け取ったら、提携ATMでお金を借りましょう。

【SMBCモビットの主な提携ATM】 ・三井住友銀行
- 三菱UFJ銀行
- セブン銀行
- イオン銀行
- ローソン銀行

 
三井住友銀行ATMでカードキャッシングをする方法
①三井住友銀行ATM画面の「その他のお取り引き」をタッチ
②「クレジットカード」をタッチし、カードを挿入
③「お借り入れ」をタッチし、暗証番号を入力
④借り入れ金額を入力

要注意!SMBCモビットで土日に即日融資を受けられない申込方法

SMBCモビットで土日に即日融資を受けたい場合、避けたほうがいい申込方法を確認しましょう。

「郵送」はやり取りに時間がかかる

SMBCモビットは郵送でも申し込むことができますが、書類のやり取りに時間がかかるため即日融資には向いていません。

「振込キャッシング」は土日に対応していない

SMBCモビットでは、現金で借り入れる以外に直接口座に振り込んでもらう「振込キャッシング」も選べますが、土日の振込には対応していません。土日の即日融資を希望する場合は、現金で借り入れましょう。

SMBCモビットで即日融資を受けるために心がけたい3つのポイント

申込方法が正しくても、即日融資を受けにくくなってしまうケースがあります。即日融資を受けやすくするため、心がけたい3つのポイントを確認しましょう。

即日融資のポイント①:申告情報や必要書類は不備がないよう正確に

SMBCモビットでは最短30分で審査が完了しますが、申込情報や提出書類に不備があると、確認のため審査に時間がかかってしまうことがあります。

必要情報は正確に申告し、提出書類も不備がないよう事前にしっかり準備しておきましょう。

提出書類 本人確認書類 運転免許証、パスポートのいずれか
収入を証明する書類 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、
確定申告書、直近2ヵ月分の給与明細書の
写しのいずれか
勤務先を証明する書類 健康保険証、給与明細書のいずれか

即日融資のポイント②:審査に通りやすくなるよう、申込金額は必要最低額で

SMBCモビットに限らず、一般的にカードローン各社は審査基準を公開していません。しかし、審査では申し込んだ人がきちんと返済できるかを判断します。よって申込金額が少ないほど完済する可能性が高いため、審査に通りやすいと考えられます。

即日融資を受けたい場合、審査に通りやすくなるよう必要最低額を申し込みましょう。あらためて審査を受けることになりますが、後日増額を申し込むこともできます。

即日融資のポイント③:できるだけ早い時間に申し込む

SMBCモビットでは24時間申込を受け付けていますが、申し込む時間によっては審査が翌日以降になるため、即日融資を受けられない場合があります。即日融資を受けたい場合は、できるだけ早い時間に申し込むようにしましょう。

営業時間や店舗など SMBCモビットの特徴をおさらい

最後に、SMBCモビットの概要をまとめておきます。

営業時間 インターネット:24時間
コールセンター:9:00~21:00
自動音声案内:24時間
ローン契約機:場所によって異なる
提携ATM:場所によって異なる
店舗 なし
実質年率 3.0~18.0%
限度額 1万~800万円
申込条件 20歳以上69歳以下で、安定した定期収入がある方
※アルバイト、派遣社員、パート、自営業者もOK

SMBCモビットで土日に即日融資を受けるなら手順と方法に気を付けて

SMBCモビットで土日に即日融資を受ける方法は以下の2つです。

  • 「WEB完結申込」で「スマホATM取引」を利用する
  • WEBから「カード申込」をし、ローン契約機でカードを受け取る

これ以外の方法だと即日融資を受けられない可能性があり、特に「郵送申し込み」と「振込キャッシング」は土日の即日融資に向きません。

即日融資を受けやすくする3つのポイントも守りながら、正しい方法で申し込みましょう。

若山卓也
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有

【こちらの記事もおすすめ】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ