表参道駅のB1出口から歩いて30秒ほどのところに、オーガニックカフェ「THE_B(ザ・ビー)」があります。

THE_Bは、食を楽しむだけでなくヨガも行え、トータルで心身を整えることができるお店。

今回は、THE_Bのおすすめメニューやコンセプトなどを、スーパーバイザーの岡 清華(おか さやか)さんにお話を伺いました。

 

2019年6月にリニューアルオープンしたTHE_B

THE_Bは、昨年オープンした「THE BOWL」が、2019年6月25日にリニューアルしたお店。

アーユルヴェーダと栄養学の2方面から、コンディションづくりをサポートするお店に生まれ変わりました。

このリニューアルでメソッドを落とし込んだのは、アーユルヴェーダ専門家・管理栄養士・ヨガインストラクターとして活躍している岡 清華さん。(プロフィールは文末をご参照ください。)

そして、アーユルヴェーダメニューを監修しているのは、岡さんの師匠でアーユルヴェーダの第一人者であるマイラ・リューインさん。

THE_Bでは、本格的なアーユルヴェーダのデリやベジボウル・スーパーフードスムージーボウルなどが味わえます。

 

その日の気分・体調に合わせて選べるアーユルヴェーダのデリスタイル「My Bowl」

THE_Bのオススメメニューは、「My Bowl」。写真はヴィーガン仕様です。

  • Sサイズ 1,380円(税抜)
  • Mサイズ 1,580円(税抜)
  • Lサイズ 1,780円(税抜)
  • テイクアアウト 1,000円(税抜)
    ※ランチのみ(12:00~15:00)。なくなり次第終了。

取材時は、ケールとソイチーズ、キャベツのココナッツ炒め、ブラックペッパーとディルで和えた人参、クミンとマスタードシードで和えたズッキーニ、ひよこ豆のトマト煮、インド最高級米とされるバスマティライスをいただきました。

それぞれの野菜や豆の甘み・旨味がうまく引き出されており、とてもカラダが満たされるお味でした。

このBowlに入っているバスマティライスは、白米と比べて細長い形をしており、でんぷん質が低く消化にいいこと、そして香りが高いのが特徴。

バスマティライスは、量り売りとしてお店で販売もされているので、食べてみて気に入ったら購入することも可能です。

また、バスマティライスの他に、キヌアを選択いただくことも可能です。

さらに、このBowlには、スープまたはスープカレーも付いてきます(両方ともヴィーガン仕様)。

取材時のスープは、ブロッコリーのポタージュでした。ミルクの代わりに、カシューナッツを使っているそう。

Bowlは、サーモンなど動物性食品も選べるので、動物性タンパク質を食べたい方も楽しめます。

このMy Bowlは、伝統医学「アーユルヴェーダ」の考えに基づいて作られているデリスタイル。

いろんなお惣菜がたくさんあるので、その日の気分・体調に合わせて、お好きなお惣菜を選ぶことができます。

旬の食材を使用することを重視して、1ヶ月ごとにスープやお惣菜のメニューが変わるので、季節によっていろんな食を楽しめるのが嬉しいですね。

また、デリのメニューは、滋養を高める食べ物・排出を促す食べ物など、カテゴリーに分かれており、自分に合った、「カラダに良いものを与え、いらないものを排出する」バランスを作れるようになっています。

上記の写真のように、メニューの組み合わせ方や食べ方などを指南した説明書きがあるのはもちろん、説明するスタッフも常駐しているので、是非質問してみて、自分の心身に良いものを選んであげてください。

また、バランスだけでなく、量も選択できます。

BowlのサイズはS・M・Lの3種類。これは、ご自身の消化力に合わせたサイズを選べるようにしているためだそう。

自分の消化力ってどれくらいだろう?と思う方も多いはず。

実は、ご自身の手のひらのサイズで分かるのだそう。

アーユルヴェーダでは、両手のひらをお椀型にしたサイズが、自身で消化できる量だと言われています。

THE_Bを訪れた際は、是非自分の手のひらサイズの大きさを選んでみてください。

体質・体調・気分によって、食べる量や食べたいものも変わると思うので、このように選択できるのは、助かりますね。「食べる分だけ自分で選べる」というのは、フードロスの削減にもつながるというエシカル事業とのリンク性も考えられているそうです。