こんがり風味がアクセント、ローソンの「バスク風チーズケーキ」

(写真=筆者撮影)

次に食べたのが、ローソンの“バスチー”こと「バスク風チーズケーキ」(税抜199円)。「レアでもベイクドでもない、チーズケーキ」で愛される人気商品です。
 

(写真=筆者撮影)

こちらで一番印象的だったのが、風味のバラエティです。チーズはとことんチーズらしさにこだわり、濃厚な味わいと酸味も感じられる仕上がりに。とくに印象的なのが、表面のこんがり焼かれたカラメルの香ばしさ。ほろ苦くもかぐわしい風味とチーズの甘さが溶け合い、絶妙な味わいをかなえています。

素材ごとの風味と、その融合を楽しみたい方におすすめのこだわりスイーツです。

お好みに合わせたバスクチーズケーキを試してみて

実際に食べくらべてみることで、同じバスクチーズケーキでも印象が異なることがわかりました。それぞれの特徴を比較して、お好みに合いそうなほうを試してみてはいかがでしょうか?

文・古賀令奈(京都美容ライター・古賀令奈の『まいにちがコスメ日和』

【こちらの記事もおすすめ】
富裕層は絶対にやらないNG習慣4選
セブンイレブンで人気のパンランキングTOP23!アレンジレシピも
ラーメンの原価率はいくら?ラーメン店オーナーに聞いてみた!
年金未納を続けた人の悲惨な末路 当てはまる人は要注意
お金持ちが多い都道府県ランキング!3位東京都、2位三重県、1位は?