カードローンと、クレジットカードの機能であるキャッシングの違いをご存じでしょうか?同じようなものと思っている人が多いですが、実はサービス内容にいくつかの違いがあります。カードローンとキャッシングの具体的な違いと、それぞれがどのような人に合うかについて、詳しく解説します。どちらを利用しようか迷っている人は、参考にしてください。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

キャッシングとは、一般的にクレジットカードについているキャッシング機能を指します。カードローンとの共通点と相違点を見ていきましょう。

どちらも現金を借りるためのサービス

カードローンもキャッシングも、現金を借りるサービスという点は同じです。借りる場所もコンビニや銀行などのATMであり、特に大きな違いはありません。

ただし返済方法には違いがあり、キャッシングは一括払いあるいはリボ払いが選べるのに対し、カードローンはリボ払いが主流です。

クレジットカードは買い物に利用できる

キャッシング機能は、クレジットカードに付帯しています。キャッシングでお金を借りると、カード利用代金の支払日に銀行口座から引き落とされます。

JCB・VISA・Mastercardなどのブランドマークが掲示されている店舗やコンビニやスーパーといった身近な店舗での買い物で、クレジットカードを使えます。

クレジットカード払いの支払い方法には一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いなどがありますが、原則として一括払い以外の支払方法を選ぶと利息が発生します。

一方、カードローンは現金をATMで借りるためのカードなので、商品の代金を支払うことはできません。

審査は別々に受ける必要がある

三井住友フィナンシャルグループや三菱UFJフィナンシャルグループのように、同じ金融機関がクレジットカードとカードローンの両方を提供している場合もあります。しかし、両者はあくまで別のサービスなので、利用するためにはそれぞれで審査を受けなくてはなりません。

例えば三井住友VISAカードを利用している人でも、三井住友銀行カードローンを利用するためには、あらためて審査を受けなくてはならないのです。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

(写真=PIXTA)

カードローンには、アコム・プロミスなどの消費者金融カードローンと、みずほ銀行・三井住友銀行などの銀行カードローンがあります。

消費者金融は比較的審査に通りやすい分金利が高めで、銀行カードローンは金利は低いですが審査は比較的厳しいと言われています。

消費者金融では初めて契約した人のための無利息期間など、独自のサービスを展開しているところがあり、銀行カードローンでは、自社口座の開設やインターネットからの申し込みによる特典などを設けているところがあります。

キャッシングをするならカードローンとクレジットカードのどっち?

(写真=PIXTA)

お金を借りる必要があるとき、どちらを利用するのがいいのでしょうか?パターン別に紹介します。

金利の低さを重視するならカードローン

カードローンは、クレジットカードのキャッシングよりも金利が低く設定されているものが多いです。金利は各社で異なりますが、目安は以下のとおりです。

  • キャッシング:年率15.0~18.0%

    ・銀行カードローン:年率2.0~14.5%

    ・消費者金融のカードローン:年率3.0~18.0%

銀行カードローンは特に金利が低い傾向があるため、金利の低さを最も重視する人におすすめです。

高い利用限度額を求めるならカードローン

カードローンのほうが、利用限度額が高い傾向があります。利用限度額が高くなるほど金利は低くなるので、まとまった金額を借り入れたい人に向いています。

ただし初めて契約するときは、利用限度額が上限額に設定される可能性は低いです。期日どおりに返済することで、徐々に信頼度を上げていきましょう。

すると、カード会社が利用限度額を引き上げてくれることがあります。また自分から増額を申請することで、利用限度額が上がることもあります。

手軽さならクレジットカードのキャッシング

持っているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、新たに申し込むことなくお金を借りられます。カードローンのように審査を受ける必要はありません。

キャッシングの限度額は1万~100万円程度と、カードローンよりも小さい場合がほとんどですが、必要とする金額が少額であれば問題ないでしょう。

キャッシング枠が0円になっている場合は、カード会社に連絡してキャッシング枠を新たに設定してもらう必要があります。その際は、あらためて審査を受けることになります。

無利息で利用したいならカードローン

以下の消費者金融のカードローンでは、初めて契約する人を対象に無利息期間の特典を用意しています。

・アコム(30日間)
- プロミス(30日間)
- レイクALSA(60日間、180日間)

無利息期間内に返済すれば利息を支払う必要がないので、無料でお金を借りられることになります。今回だけ緊急で借りたい人や、無利息期間内に確実に返済できる人は利用するのも手です。

お金を借りる以外のサービスも必要ならクレジットカード

クレジットカードには、キャッシング以外にもさまざまな機能や特典があります。すべてのカードで利用できるわけではありませんが、代表的なものは以下のとおりです。

・海外・国内旅行傷害保険
- 空港ラウンジ無料利用
- ネットモールでのポイントアップ
- アミューズメント施設での割引
- 飲食店の優待

ショッピングだけでなく、旅行・グルメ・エンターテインメントなどで多彩なサービスを利用できます。これらを利用したい場合は、クレジットカードを選ぶといいでしょう。

クレジットカードの中でも、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カードは付帯サービスが特に充実しています。ただし年会費は一般カードよりも高いので、年会費を上回るメリットを得られるような使い方ができるかどうかを考えた上で選びましょう。

カードローン・クレジットカードのキャッシングの審査について

(写真=PIXTA)

カードローンやクレジットカードの審査が気になる人は多いでしょう。両者の審査における共通点と相違点について解説します。

審査の基本は同じ

両者の審査内容はほぼ同じで、主にチェックされるポイントは以下のとおりです。

・申込み内容に虚偽がないか
- 返済能力があるか(十分な収入があるか)
- 他社の借入で問題を起こしていないか

十分な信頼性があると認められれば、審査に通過する可能性が高くなります。虚偽なく申し込むこと、収入に見合う借入希望額にすること、他社からの借入で延滞・滞納をしないことが大切です。

申込み条件に違いが見られることも

申込み条件・資格をよくチェックしましょう。例えばカードローンでは、「学生の申込みは不可」といった条件が設定されていることがあります。

職業による制限についても各社さまざまで、派遣社員やアルバイト、主婦・主夫でも申込めるケースもあります。

キャッシングはカード発行後に審査を受けることもできる

クレジットカードを申込む際、キャッシング枠が不要であれば0円に設定できます。自分のクレジットカードのキャッシング枠が0円であっても、カード発行後にキャッシング枠を設定するための審査を受けることができます。カード会社の公式ホームページで手続き方法をチェックしてみましょう。

カードローンやキャッシングで増額を希望する場合はあらためて審査がある

両者とも、自分から増額を希望するときは審査を受けることになりますが、必ずしも増額が認められるわけではありません。

カードローン・クレジットカードのキャッシングを併用する場合の注意点

(写真=PIXTA)

カードローンとクレジットカードを両方持っている人もいます。両者のメリットを活かして、うまく使い分けられれば便利でしょう。

しかし、お金を借りる手段が増えることで借金が多額になるリスクもあります。安易に借入を重ねると徐々に返済するのが難しくなり、返済するために別のところで借りるという多重債務に陥ることも。借り過ぎになるのが不安なら、どちらかに絞るのが無難です。

借り過ぎて多重債務になると、毎月の返済額を下げるためにすべてリボ払いにする人もいるようです。リボ払いは、「毎月2万円」というように返済額を一定にできるのでメリットがあります。

しかし借入金が減るわけではなく、返済を先延ばしにしているだけです。先延ばしにすれば、返済期間が長くなるので利息が増え、総返済額も増えてしまいます。

リボ払いは毎月返済できていること安心してしまい、自分がいくら借りているのかわかりにくくなるので注意してください。このようにリボ払いを多用するのは、おすすめできません。

カードローンとキャッシングの違いを知って上手に利用しよう

カードローンとクレジットカードのキャッシングには、利用限度額や金利、サービス内容などに違いがあります。自分がどの点を重視するかを考えた上で、どちらを利用するか選びましょう。

主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。 マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説することを心掛けています。 関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。
主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。 マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説することを心掛けています。 関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。

【こちらの記事もおすすめ】
カードローンの審査に通りやすくするには?審査で見られる5つのポイントを確認
カードローンの金利はどう計算するの?金利の仕組みと利息の計算方法
カードローンの返済で損してるかも。返済総額が少なくなる返済方式をご紹介
カードローンの返済期間は完済期限なの?総返済額を減らすポイントとは
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
なぜカードローンを借り換えるの?3つのメリットと借り換えを検討すべき人
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
カードローンの審査に落ちたら?確認したい5つの原因と対処法の解説
銀行員に聞く!おすすめのカードローンランキング