海をこよなく愛する元スイマーの2人が海洋問題をプラント・ベースの食から解決しようと立ち上げた、「まさと」と「かつき」のコンビ「Lio」です!

人生はいい時もあるし、悪い時もある=人生は波のように進んでいるということで、「Lio」とは「Life Is Ocean(人生は海だ)」の略です。

今回は大塚にある「slow- bed n chair」さんをご紹介します。

 

東京・大塚の人気カフェ「slow- bed n chair」

東京都豊島区にある大塚。大塚駅は山手線沿いなので乗り換えなしに主要駅に行けるアクセスのいいエリアです。

この街にはおしゃれで人&環境に優しいカフェが多くあって、ここが今回ご紹介する「slow- bed n chair」です。

店頭のカッコいいロゴが目印です!

お店の入口には名物メニューの「おばんざいプレート」の看板があります。この看板を見るだけで食欲をそそられますね!

入口は開放的で、初めての方でも気軽に入りやすいですよ。

同店で使用する野菜は、現地直送の有機野菜や地域の八百屋さんのをはじめ、「繋がり」を大切にして取り入れているそうです。どんな農家さんで、どのような場所で育てられているかを確認する事ができるので、安心して食べられますよね!!

外では規格外の野菜販売やお花のマルシェも開催。「slow- bed n chair」が地域のハブとなり、地域の人達と一緒になって大塚を盛り上げているんです。

 

みんなが落ち着ける空間

店の母体はリノベーション企業で、カフェの店舗もリノベーションして作ったそうです。

店は木と光が融合し、とても安らげます。店内に置かれた家具や雑貨はリユース&リサイクルされた古材が使用され、地球にも優しい空間になっています。

よく見ると、店内に面白いテーブルがありました。なんとドアで作られたテーブルです!

使用されているテーブルは、リサイクルショップ「ReBuilding Center JAPAN」の古材を使用しているそうです。

「ReBuilding Center JAPAN」は、長野県諏訪市にある古材と古道具のショップで、“ただ古材を再利用するのではなく、人の思いまで含めて再生する”というビジョンを掲げ、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の構築を目指しています。

「slow- bed n chair」に訪れたら、リユースされたアイテムを見つけるのも面白いと思いますよ。

木で作られたテーブルはおしゃれでぬくもりがあって、気持ちが落ち着きます。また、壁にかけられているアートが程よいアクセントになっていて、空間と調和しているのもポイントです!