夏のボーナスにウキウキしている人やがっかりしている人と、会社や業種によってボーナス事情はそれぞれ違いますよね。働く40代女性の夏のボーナス事情は、どうなっているのでしょうか。平均額や使い道について、詳しくご紹介していきます。

働く40代女性の夏のボーナス、平均額はどのくらい?

(写真=PIXTA)

 

日本生命保険相互会社が2019年に行ったアンケートによると、40代女性の夏のボーナス平均額は、45.4万円であることがわかりました。40代男性の夏のボーナスの平均額は69.2万円となっており、男女間で大きな差があることがわかります。

ボーナスの支給額は昨年よりも減ったという回答が男女ともに上回っており、女性の方が予想額よりも実際に支給された金額が少なかったと回答しました。コロナ禍における2020年のボーナス額は、更に下回ることが予測されます。

ボーナスを貯蓄するという人が大半!

(写真=PIXTA)

 

ボーナスの使い道に関しては、貯蓄や財産形成に回すと回答した40代は55.6%と、およそ半数以上という結果でした。貯蓄や財産形成に回すボーナスの割合としては

1~2割:25.2%
2~4割:21.9%
4~6割:19.6%
6~8割:13.5%
8~10割:6.5%
全額:13.3%

と、それぞれ差はあるものの、4割以上貯金する人が半数以上と、堅実な結果となっています。貯蓄や財産形成の方法としては、

1位:預貯金
2位:株式
3位:投資信託
4位:貯蓄型生命保険
5位:外貨預金

となっており、そのうち預貯金という回答は71.4%でした。2020年はコロナ渦による生活の不安が後押しし、貯蓄や財産形成に回そうと考える人の割合はさらに増加するでしょう。

貯金以外は何に使っている?

(写真=PIXTA)

 

貯蓄や財産形成以外のボーナスの使い道をチェックしていきましょう。上記のアンケート結果を見ると、1位が国内旅行、4位が海外旅行と、夏の旅行の費用に充てる人も少なくありませんが、2020年はコロナウイルスの影響で旅行を控えようと考える人もいるでしょう。

日用品の買い物、生活費の補てんやローンの返済などにボーナスを充てる人も多くなるのではないでしょうか。

ボーナスをしっかり貯めて心のゆとりに

 

(写真=PIXTA)

 

40代は将来を見据えた貯蓄を考え始めるタイミングです。コロナ渦の現在、ボーナスで財布の紐が緩みすぎるのは避けたいところ。ボーナスが支給されたことに感謝しつつ、しっかりと貯蓄しておくようにしましょう。

 

文・佐々木佐奈

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ