AIの発達で仕事なくなる!?

近年の目覚ましい科学の発達に伴い、AI (人工知能)の研究開発も急速に進んでいます。このままいくとやがて人工知能が人間の知性を上回り、人間の日常生活に大きな影響を及ぼすと言われていますね。

そこで今特に懸念されているのが、これまで人間が行っていた仕事や職業をAIやそれを搭載したロボットが行うことで、人間の仕事がなくなってしまうのではないかと言うことです。

つまりAIの登場によって人間の生活が便利になる一方、多くの人は機械に仕事を奪われ、やがて地球上には失業者が溢れてしまうとも恐れられています。

もちろんそうしてなくなってしまう職業がある一方で、これまでなかった職業が生まれる可能性もあるでしょう。あまり悲観的になる必要はありませんが、ひとまず現段階で今後AIにとって変わられるであろうと考えられている職業を、今回はランキングにまとめてみました。

未来を見据えて正しい職業選択をできるように、このランキングをぜひ参考にしてみてください。

 

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキングTOP55!

それでは早速、今後AIの登場によってなくなってしまうと考えられている職業ランキングをご紹介します。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第55位:眼鏡・コンタクトレンズの技術者

 

まずご紹介するのは、メガネ・コンタクトレンズの技術者です。

眼鏡もコンタクトレンズも、基本的には大きく形が異なるものではないでしょう。よってAIが苦手とする臨機応変な対応が求められることも少ないため、AIにとって変わられる可能性が高い職業と言えます。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第54位:映写技師

 

次にご紹介するのは、映写技師です。

フィルム映画全盛の時代には、高い技術を持った映写技師が活躍していましたが、近年はデジタル化が進み、ただでさえ映写技師は希少な存在になっています。

今後さらにデジタル化は進んでいくと言われており、フィルム映画に比べてそれほど高い技術を必要としないデジタル上映は、AIにとって変わられるのではないでしょうか。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第53位:時計修理工

 

次にご紹介する時計修理工も、AIでなくなると言われている職業の1つです。

時計の修理にはとても精密な技術を要するものです。ただでさえ職人的な仕事は世界的に後継者不足がささやかれているため、それも相まってAIにとって変わられる可能性が高いと言われています。

しかし長年の経験から培われた技術や感は、AIには真似することができないので、まだまだ先の話になるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第52位:レジ係

 

レジ係の仕事もAIによってなくなるのではないかとされています。

最近はスーパーやコンビニなどでもセルフレジが導入されていることは皆さんご存知でしょう。さらにそこにAIを導入したスーパーマーケットがアメリカにオープンしました。

このようなお店はいずれ日本にも登場するでしょう。そうなるとレジ係どころか、セルフレジすら必要なくなってしまいます。
 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第51位:スポーツの審判

 

スポーツの審判もAIに取って変わられるのではないかと言われています。

スポーツの審判では、すでにビデオ判定等が導入されるなど機械化が進行中です。さらにそこにAIを活用したレフェリングモデルの開発が進んでいます。

多くのスポーツで、審判による誤診が大きな問題に発展するということが増えています。それを解消する1つの手段として、AIにさらなる期待がかかっていくでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第50位:大工

 

なんと大工の仕事もAIが奪ってしまうかもしれません。

大工と聞くと木材を加工し、柱を立てやがて大きな木造住宅を作り上げる姿を想像するのではないでしょうか。しかし昨今の木造建築の現場では95%以上がプレカット工法と呼ばれる、事前に工場などで木材を加工し、後は現場で組み立てていくだけという手段がとられています。

そして工場も機械化が進んでおり、やがてAIが導入され、それが全てを取り仕切るようになるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第49位:テレフォンアポインター

 

次にご紹介するテレフォンアポインターも、AIでなくなる職業の筆頭に数えられています。

ひたすら電話をかける、もしくは電話を受け取ることを繰り返すテレフォンアポインターという仕事は、AIに置き換わられてしまう可能性が非常に高いのではないでしょうか。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第48位:信用金庫渉外係

 

次にご紹介する信用金庫渉外係も、AIによってなくなるかもしれない職業の1つです。

すでに信用金庫が所持している顧客データなど、各種データをAIが学習することによって、渉外員の顧客訪問の仕事を効率化するという動きが見られます。これが進めば、すべての仕事をAIが行うという時代もやってくるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第47位:臨床検査技師

 

臨床検査技師もAIに取って変わられるかもしれません。

多くの医師が、医療の現場にもAIが今後大きな影響を及ぼすであろうと考えているそうです。中には消極的な考えを持っている方もいるようですが、多くはポジティブな影響をもたらしてくれるであろうと期待しています。

特に高い精度を求められる臨床検査技師は、人間よりもむしろAIの方が向いているのではないかという考えもあるようです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第46位:国際公務員

 

国際公務員もAIでなくなる職業の1つに数えられます。

これまで給料や福利厚生の面で安定している職業として、一定の人気があった公務員という仕事にもAIの導入が進んでいます。これによってやがて役所なども無人化が進んでいくかもしれません。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第45位:司法書士

 

次にご紹介するのは、司法書士です。

与えられた仕事を正確にこなし、さらにそれを学習していくAIは、司法書士という仕事も奪うのではないかと考えられています。

しかし司法書士の仕事の中には、専門知識のない人とコミニュケーションを取る場面が多くあり、その点がAIには難しいのではないかという意見もあります。AIが司法書士に取って変わる時代はまだまだ先と言えるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第44位:OA機器販売員

 

OA機器販売員の仕事もAIに奪われてしまうかもしれません。

販売員は基本的に、その製品の性能を買い手に紹介し、購入していただくという仕事です。その点だけ見れば、AIでも全く問題なくこなせると言えるでしょう。
 

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第43位:社会保険労務士

 

社会保険労務士もAIによってなくなりそうな職業です。

近年、あらゆる手続きが電子申請に移行し、社会保険や労働保険の事務手続きが確実に減っています。それに伴い社会保険労務士という仕事も、AIにとって変わられる可能性が高いでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第42位:鍛造技術者

 

鍛造技術者の仕事もやがてAIが行うようになるかもしれません。

AIの登場によって、鍛造技術者という仕事もなくなるのではないかといわれています。しかし熟練した技術はAIに簡単に真似できるものではなく、疑問の声があがっていることも確かです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第41位:ラーメン調理人

 

ラーメンの調理人までAIがこなしてしまう日がやがて来るかもしれません。

微妙な味を完璧に再現することのできるAIは、食品業界にも大きな影響を及ぼすはずです。特にラーメンの味にはこだわりを持つ人が多く、AIによるラーメン調理にも多くの期待がかかっています。

しかしお店によっては店主の人となりも含めて魅力となっていることも多く、技術面以外での課題も多いでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第40位:稲作農業者

 

稲作農業者の仕事もAIが奪ってしまうのではないでしょうか。

すでに多くの農家で大部分が機械化されているため、AIによってその仕事がなくなることが予想されています。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第39位:家政婦

 

家政婦の仕事もAIが問題なくこなしてくれるのではないかと言われています。

すでに家事をこなしてくれるAI搭載の機械が発売されていることもあり、近い将来には家政婦という仕事がなくなってしまうかもしれません。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第38位:不動産鑑定士

 

不動産鑑定士の仕事もやがてAIがこなせるようになるでしょう。

鑑定士という仕事はデータや知識量がものを言う場面が多いので、その点、人間よりも遥かに高い精度の鑑定結果を導き出してくれるはずです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第37位:公認会計士

 

公認会計士もAIが取って変わると言われている職業の1つです。

公認会計士という仕事には、複雑な数の計算などが付き物ですが、その点、AIであれば間違いのない仕事をしてくれることが見込めるでしょう。あとは実際の顧客との臨機応変なやり取りに課題を残すのみです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第36位:型枠大工

 

なんと型枠大工の仕事もAIが行うようになってしまうかもしれません。

型枠大工とは、建築現場でコンクリートパネルを加工し、コンクリートを流し込む型を製作する大工のことです。精巧な技術が求められるため、狂いのない仕事をしてくれるAIにはうってつけの仕事と言えるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第35位:原子力技術者

 

原子力技術者も数年後にはAIが担当しているかもしれません。

原子力技術に関しては危険と隣り合わせなので、AIが正しくそれをオペレートできるのかどうかには大きな注目が集まっています。多くの課題は存在しますが、可能になれば新たな時代の幕開けとなるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第34位:自動車板金工

 

次にご紹介する自動車板金工も、AIが奪ってしまう日が来るでしょう。

この仕事も他の多くの仕事と同じように、ますます機械化されています。AIに置き換えられるかはまだ未知数ですが、少しずつ導入が進められるはずです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第33位:クリーニング師

 

クリーニング師の仕事もいずれAIに代替されるのではないでしょうか。

クリーニングは基本的にその素材に合った洗濯の仕方や、汚れを残さず発見しそれを落とすという作業なので、AIの方が間違いなく正確にこなすことができるとされています。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第32位:機械修理工

 

機械修理工の仕事も近いうちにAIに取って変わられてしまうかもしれません。

修理はまず症状から故障した箇所を発見しなければならないため、そこは職人の長年の経験の方が勝ることが多いでしょう。しかし、ある程度学習すれば、AIでも問題なくこなすことができると言われています。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第31位:弁理士

 

弁理士はAIに代替される可能性が非常に高いと言われている職業の一つです。一方で高度な対人スキルを要するため、そう簡単にはいかないという見方があるのも確かです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第30位:航空自衛官

 

航空自衛官もAIの導入が進んでいます。

すでに防衛省では幹部自衛官の人事異動などについて、AIの導入を決めていることから、これからますますその動きは進んでいくはずです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第29位:税理士

 

税理士の仕事もいずれAIが行うようになるのではと言われています。

この仕事も膨大な量の計算が付き物であることから、AIの導入によって効率化が見込めます。ただし微妙な判断が要求される事務作業も多いことから、完全にAIに代替されるのはまだまだ先の話でしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第28位:行政書士

 

行政書士も数年後にはそのほとんどの仕事をAIが行っているかもしれません。

法規やマニュアルに沿った事務作業が多いため、AIにもある程度こなせるのではないかと言われている職業の一つです。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第27位:税務職員

 

次にご紹介するのは、税務職員です。

複雑な計算も多く、ある程度マニュアルに沿った仕事が多いため、AIに取って代わられるのも時間の問題でしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第26位:プログラマー

 

プログラマーの仕事までAIに取って変わられてしまう可能性が高いようです。

個性が必要とされるプログラミングは別として、基本的な仕事はAIでもこなすことができるだろうと言われています。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第25位:航空管制官

 

航空管制官も部分的にAIの導入が進んでいる分野の1つです。

もともとほとんが機械によってコントロールされている仕事なので、さらに技術が進めば完全にAIに代替することも夢ではないと言われています。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第24位:秘書

 

秘書がAIという時代もやがてやってくると言われています。

既に身の回りのお手伝いをしてくれる、AI搭載のロボットも登場しているので、それをビジネスに転用したAI秘書もじきに登場することでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第23位:刑務官

 

次にご紹介する刑務官もAIに取って変わられる可能性の高い職業の1つです。

特にトラブルがない場合はAIでも問題のない職業かもしれませんが、近年警備ロボットが暴漢に襲われるという事件も発生しているため、トラブル発生時の臨機応変な対応が課題となるでしょう。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第22位:タクシー運転手

 

最近では自動でブレーキをかけてくれる車が一般向けにも販売されるなど、自動車開発技術も急速に進んでいますね。さらにそこにAIを導入することによって、自動運転タクシーの開発も進んでいます。

これに関しては政府も積極的に取り組んでいるため、近いうちに実現するかもしれません。

 

AIでなくなる(なくなりそうな)職業ランキング第21位:測量士

 

測量士の仕事は基本的にマニュアル通りに測量を行う仕事なので、AIで代替できるのではないかと言われています。