クリストファー・ロイドクリストファー・ロイド

世界最大級のポップ・カルチャーイベント「東京コミコン2022」が開催。初日のセレブ・ステージに、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク役や、映画『アダムス・ファミリー』のフェスター役で知られる俳優のクリストファー・ロイドが登壇し、ファンが気になるあの質問に回答したことが話題となっている。

2022年11月25日(金)~11月27日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて、リアルでは3年ぶりとなる「東京コミックコンベンション 2022」(以下、「東京コミコン 2022」)が開催。

今回の東京コミコンでは、映画『X-MEN』シリーズのジェームズ・ワカヴォイ、『スター・ウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカーで知られるヘイデン・クリステンセンや、C-3PO役で有名なアンソニー・ダニエルズ、ネットフリックスの人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」からエディ役のジョセフ・クイン、そしてヴェクナ役のジェイミー・キャンベル・バウアーらが来日を果たした。

初日の11月25日(金)のセレブ・ステージでは、俳優のクリストファー・ロイドが登壇。ファンからの質問にたくさん回答してくれた。

まず、映画コメンテーターで、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の大ファンとして知られる有村昆が、同作のお気に入りのシーンについて質問すると、これにクリストファー「難しいね!」と悩み、「シリーズ3作目で馬に乗るシーンだね」と明かした。

また、日本のファンについて「日本のファンの方々に会えてうれしいよ。日本の方々はとても素直で、受け入れてくれからすごくうれしい」「皆さんが愛し続けてくれているから、この作品が生き続けているんだ」と、日本のファンへの愛を語った。

先日の「ニューヨーク・コミコン」で、マーティ役のマイケル・J・フォックスと再会し、アツいハグをかわしたことについて「今でも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のイベントやプライベートでもよく会うけど、マイケルのことが大好きだよ。彼はすごく勇敢で、ユーモアがあって、ハートが強くて、ポジティブな影響を与えてくれるすばらしい存在なんだ。これからも会い続けたいね」と、マイケルとの友情と彼への深い愛を語った。

さらにクリストファーは、人気SF映画『スター・ウォーズ』のスピンオフ実写ドラマ「マンダロリアン」への出演のウワサについておどろきのコメントをしてくれた。

今年3月、ハリウッドの業界誌「The Hollywood Reporter」が、クリストファーが「マンダロリアン」のシーズン3に出演することが決定したと報道。その後のインタビューでクリストファーは、「我々は秘密を守ると誓っていてね。だから何もいえないよ」と答えるにとどめた。

そんなクリストファーだったが、今回の「東京コミコン2022」のステージで、「マンダロリアン」の役どころをたずねられると、「『マンダロリアン』??」と、とぼけた様子を見せ、これには観客も爆笑。続けてクリストファーは「『マンダロリアン』の撮影はすばらしいものだったよ…。ってのはウソだよ。なんだか混乱しちゃったな」「とても自慢できる作品であることはまちがいないよ」と、遠回しに出演を認める発言をし、これには観客も拍手を送った。