昔から人々に愛されてきた、身近な動物である猫。 実際に、自宅で猫を飼っているという人も多いのではないでしょうか。 実はそんな猫にはスピリチュアルな力があるといわれているのはご存知でしたか? この記事では、幸運を呼ぶ猫の特徴や、猫が持つといわれているスピリチュアルな能力を紹介します。


神秘的なイメージがある猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

猫は、守り神として古代から大切にされてきました。

エジプトでは病気などの邪気から守ってくれる猫の神様「バステト」、イギリスでは黒猫が航海時の守り神とされているなど、世界各地で猫が神格化されていました。

江戸から全国に広まった招き猫

日本では、江戸時代を中心に招き猫にまつわる逸話が伝えられています。

招き猫のルーツには諸説ありますが、ある老婆の夢の中に現れた猫のお告げ通りに土焼きの像を作ったところ、良いことが立て続けに続いたという話がきっかけといわれています。

また、現在までに広く猫が愛され続けている理由として、猫という身近な動物が決して人の意にままならず、どこか神秘的な力を感じさせるからなのではないかといわれています。

幸運を呼ぶ猫の特徴とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

古くから、「幸運のシンボル」、「縁起の良い動物」として人々に愛されてきた猫。 それでは、一体ポジティブな運気を流してくれるといわれる猫にはどんな特徴があるのでしょうか。

日本をはじめ、世界各地で古くから伝わる言い伝えなどをもとに、幸運を呼ぶといわれている猫の特徴について詳しく確認していきましょう。

①三毛猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

猫の種類の中でも、数が少ない三毛猫。 特に、三毛猫のオスが生まれる確率は3万匹に1匹しかいないのだそう。 茶、黒、白の3つの毛色を持ち、白をベースに茶色や黒のまだら模様が入っているのが特徴です。

商売繁盛のために飾る招き猫のモデルになったのも実は三毛猫で、特徴的な3つの毛色の「三」が縁起の良い数字であることから、縁起の良い猫だと考えられるようになったといわれています。

②茶トラの猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「茶トラ」または「トラ」と呼ばれる猫は、オレンジの地色に濃いオレンジのしま模様が特徴的な種類。欧米では、この色合いから「ジンジャー」とも呼ばれています。

気持ちをストレートに表し、ポジティブなエネルギーを与えてくれる明るい性格の茶トラの猫。 茶トラの猫には豊かさを引き寄せる力があり、家庭面では守り神のような存在になってくれるといわれています。

③白猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

昔から「神の使い」として、人々から崇められてきた白猫。

真っ白で神秘的な見た目から「白猫の夢を見ると縁起が良い」、「道で白猫を見ると、良いことが起きる」などといった幸運にまつわるジンクスが多い猫として知られています。

その理由として、白猫の数が比較的少ないことから、出会うと幸運に恵まれるといった噂が広まったことが考えられています。

④黒猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「黒猫が目の前を横切ると不吉なことが起こる」など不吉なイメージを持つ黒猫。

しかし、そんなイメージとは異なり、古くから「神様の化身」として扱われてきたという話も伝えられています。

例えば日本では「福猫」、アメリカやイギリスなどでは「幸運の前兆」ともいわれているのです。 さらに、邪気や悪い気をはらう力があるとされ、ポジティブなエネルギーをチャージしてくれる存在ともとらえられています。

⑤オッドアイの猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

右目と左目の色が異なるオッドアイ。 猫に多く発症するといわれていますが、猫の種類の中でも特に白猫に多いのだとか。

日本では、片方の瞳の色が黄色系(ゴールドアイ)、もう片方の瞳の色が青系(ブルーアイ)、または灰色系のオッドアイのことを「金銀目(きんぎんめ)」と呼んでいます。 神秘的な「金銀目」はオッドアイの中でも貴重で珍しいものとされ、招き猫よりも格上だといわれています。

⑥鍵しっぽの猫

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「鍵しっぽ」とは、猫のしっぽが折れたり曲がったりしていることを言います。 見た目が「鍵(かぎ)」のようなため、鍵しっぽと呼ばれるようになりました。

鍵しっぽになる理由としては、多くが遺伝によるもので、特にミックス猫に多く見られるようです。大きく曲がったしっぽが幸運を引っ掛けるといわれ、世界中で幸運を呼ぶ猫として親しまれています。