ハワイ、マウイ島生まれの濃厚ヴィーガンココナッツアイスクリーム「ココナッツグレン・COCONUT GLEN’S」が東京に新たに2店舗オープンします。 100%植物性、そして無添加のアイスは、どんな人でもおいしく楽しめるのがポイント。 新店舗では先行で新メニューも登場します。 どうぞお見逃しなく!

ミシュランレストランのシェフが開発した100%植物由来のココナッツアイス

ココナッツグレンは、ハワイ、マウイ島生まれのアイスクリーム店です。 創業者であるグレン・シムキンズは、なんとミシュランのスターシェフでした。

2006年、グレンはそれまでの職を辞め、ハワイ、マウイ島に移住。 キッチンカーにてアイスクリームの研究を始めました。 「アイスクリームで世界中に魔法をかけ、ハッピーにしたい!」というグレンの願いから2008年マウイ島にココナッツグレンの1号店がオープンしました。

本来のアイスクリームに欠かせない、牛乳や白砂糖、卵は一切使用せず、代わりにオーガニックのココナッツミルクや精製されていない茶色い砂糖を使用。 そのため乳製品のアレルギーがある方や、ヴィーガンの方でも安心して食べられます。

また人工的な添加物も使用せず、自然の恵みをそのまま味わえる、人にも地球にも配慮されたアイスクリームなのです。

素材から調理するこだわりのアイスクリーム

浅草と麻布十番に登場!マウイ島が生んだヴィーガンココナッツアイスクリーム店が新店オープン!!
(画像=Coconut Glens、『LaniLani』より引用)

創業者であるグレンは、素材にもとてもこだわっています。 店舗の裏庭を開拓し、リリコイやバナナなどたくさんの農作物を自ら植えて育てていきました。 それらの植物は現在のアイスクリームフレーバーの源となっています。

ココナッツグレンのアイスクリームは、専用のマシンで作る従来のものとは異なり、材料を全てフレッシュなうちに下ごしらえをし、切る、砕く、煮るというアイスの製造ではあまり見られない手間をかけた工程で作られています。

ミシュランのスターシェフだからこそできる、こだわりのアイスクリームと言えるでしょう。

グレンはココナッツグレンのアイスクリームを「誰が何を使って作ったかがわかるヴィーガンアイス」と言っています。 ココナッツグレンのアイスクリームは、食べる人の気持ちを考えた、グレンによるアロハな気持ちも込められているのだと感じます。