洋服のセールといえば、以前は「開店前からお店の前に並び、先を争ってお気に入りを購入するもの」というイメージでした。特に人気のブランドでセールが行われると、我先にと使えるアイテムを安価で買おうとする人たちで、し烈な争奪戦が繰り広げられていた印象があります。

しかし、最近はインターネットでブランド品をセール価格で販売するサイトが人気を集めています。各ブランドサイトでのセールはもちろん、さまざまなブランドの商品をセール価格で販売するサイトも人気を集めているようです。どのようなサイトがあるのでしょうか。お得な使い方はあるのでしょうか。

ネットで衣料品を買う人が増えているって本当?

(写真Stanisic Vladimir/Shutterstock.com)

皆さんは毎月、お洋服や靴にいくらくらいかけているでしょうか。

三井住友銀行の調査では、2人以上の世帯の衣料関連費は2016年時点で1万1,000円ほどです。2000年には1万6,000円ほどでしたから、わずか16年で3割も減っています。

近年、百貨店やスーパーの衣料品販売額は減少傾向にありますが、インターネットで洋服を販売するアパレルEC市場は成長し続けています。2013年の販売額は1.2兆円ほどでしたが、16年には1.5兆円ほどになっています。

皆さんの中にも「洋服を買うのはネットばかり」という人は少なくないと思います。送料も安く、また返品もしやすくなっていて、特に忙しくてお店に行けないという人でも気軽に使えるようになっています。たしかにこれほど便利であれば利用者が増えていても不思議ではありませんね。

人気のアパレルEC市場、どんなサイトが人気を集めているの?

(写真=Casimiro PT/Shutterstock.com)

洋服のネット通販で人気のサイトには、どんな種類があるのでしょうか。

アパレルメーカー・ブランドのサイト――店舗でためたポイントが使える

実店舗も構えているアパレルメーカーがオンラインショップを設けているケースです。ポイントサービスが店舗と連動している点も人気の理由です。セールも店舗同様に行われています。シーズンごとのセールはもちろんのこと、百貨店などでは通常行われないアウトレット品の販売が行われている場合もあります。

ブランドごとのオンラインショップもありますが、複数のブランドを展開している企業の中には、ブランドを横断してアイテムを販売するサイトを運営しているところもあります。たとえばベイクルーズのストアではイエナやジャーナルスタンダードなどのアイテムが買えます。

ベイクルーズ