日本とは違う食文化を持つハワイには、ハワイならではの材料や味わいのスナックがあります。

そこで今回はハワイ滞在中のおやつや部屋飲みのお供に、そしてお土産にもぴったりなハワイのスナック菓子をご紹介します。
 

レイズ・ハワイ・ポップコーンキッチン/Leis Hawaii popcorn kitchen

「レイズ・ハワイ・ポップコーンキッチン」は、濃厚でミルキーなキャラメルソースと地元の食材を使った、手作りのキャラメルポップコーン専門店。

「マッシュルームタイプ」と呼ばれる品種のとうもろこしとココナッツオイルを使ったこだわりのポップコーンは、カリッとした歯ごたえと、ふんわりとした食感を兼ね備えています。

豊富なバリエーションの中でも一番人気は、キャラメルポップコーンに塩味のマカダミアナッツが入った「ハワイアン・キャラメルクリスプ(マカダミアナッツ入り)」。

ハマクアナッツカンパニーの100%ハワイ産高級マカダミアナッツを使用。

味付けのソルトも、ハワイ島コナの海洋深層水を天日干しして作られたものが使われています。

カリヒ地区のカリヒストリートとデモクラット・ストリートの角で直営店が営業中。
ローカルの間で人気沸騰中の「ジャパニーズカレー」や、エビとガーリックの旨味がたまらない「ハワイアンガーリックシュリンプ」など、個性的なフレーバーも販売しています。

ガラス製の口広瓶「メイソンジャー」に入ったかわいいポップコーンや、トートバッグなどのオリジナルグッズも扱っているので、一度足を運んでみてはいかがでしよう。
 

レイズ・ハワイ・ポップコーンキッチン/Leis Hawaii popcorn kitchen

住所: 263 Kalihi St., Honolulu
電話番号: 808-376-0410
営業時間: 10:00~15:00、土曜10:00~14:00
定休日: 水・日曜

ハワイアンチップカンパニー/Hawaiian Chip Company

ハワイの神話ではハワイアンの兄弟、そして先祖として語り継がれるなど、特別な意味を持っている植物「タロ(芋)」。
蒸したタロイモを擦り潰して作った「ポイ」は、栄養価も高く、古代から伝わるハワイの伝統食として知られています。

そんなタロイモを薄くスライス、キャノーラ油で揚げて、気軽に楽しめるスナックにしたのが、タロチップス。
ロングスドラッグスやコストコ(Costco)などのお店で、手軽に買えます。

代表的ブランド「ハワイアンチップカンパニー」のタロチップスは、油っこくなく、噛めば噛むほどイモの本来の甘みと旨みがにじみ出てくる美味しさ。
ホノルル、カリヒのノースニミッツ・ハイウェイから一本入ったリパブリカン・ストリート沿いにある工場では、併設のストアも営業中。

ガーリック味やBBQ味など様々なフレーバーのタロチップスに加え、ウベやスイートポテト、珍しいウル(パンの木)から作られたチップスなども購入きます。
また、工場で揚げたてのチップスを、販売するサービスも実施中。
袋詰めは$6、箱詰めは1パウンド$15の注文制、10分ほどでできたて熱々のチップスが手に入ります。

待っている間に試食のチップスが提供されたり、揚げたてのチップスに好みのフレーバーパウダーをミックスして、自分だけのオリジナルチップスを作ったり、楽しさいっぱい!
 

ハワイアンチップカンパニー/Hawaiian Chip Company

住所: 1928 Republican St,, Honolulu
電話番号: 808-845-9868
営業時間: 9:00~17:00 、土曜 10:00~15:00
定休日: 日曜